ニュース
» 2020年01月24日 19時44分 公開

ソフトバンク、「AQUOS zero2」を1月31日発売

ソフトバンクは、1月31日にシャープ製スマートフォン「AQUOS zero2」を発売する。6.4型の有機ELディスプレイを搭載し、前モデルと比べて4倍の高速表示に対応。画面内に指紋認証センサーも備え、高強度なマグネシウム合金フレームを採用したことで軽量ボディーを実現した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクは、1月31日にシャープ製スマートフォン「AQUOS zero2」を発売する。

シャープ製スマートフォン「AQUOS zero2」 シャープ製スマートフォン「AQUOS zero2」

 本製品は6.4型の有機ELディスプレイを搭載し、前モデル「AQUOS zero」と比べて4倍となる毎秒240回の高速表示に対応。動きの速いゲームも残像を抑えて滑らかに表示でき、「AQUOS」として初めて指紋認証センサーを内蔵している。

 素材には高強度なマグネシウム合金フレームを採用し、約141gの軽量ボディーを実現。標準と広角のデュアルカメラを備え、IPX5・IPX8等級の防水、IP6X等級の防塵(じん)などもサポートする。また、放熱設計と2つの充電ICを併用して充電時の発熱を抑えるシャープ独自の「パラレル充電」で本体が熱を持ちにくい仕様となっている。

 発売に合わせて、SoftBank SELECTION 取扱店(一部店舗を除く)、SoftBank SELECTION オンラインショップ、PayPayモールでは保護ガラス「3Dフルカバー保護ガラス」を発売。ディスプレイの曲面にもフィットする設計で、表面硬度9H、透過率90%の「Dragontrail」で画面を守る。SoftBank SELECTION オンラインショップの販売価格は4320円(税込み)。

「AQUOS zero2 SH-01M」の主な仕様
機種名 AQUOS zero2 SH-01M
メーカー シャープ
OS Android 10
プロセッサ Snapdragon 855
メインメモリ 8GB
内蔵ストレージ 256GB
ディスプレイ 6.4型フルHD+有機EL
解像度 1080×2340ピクセル
バッテリー容量 3130mAh
連続通話時間 FDD-LTE:約2170分、W-CDMA:約1900分、GSM:約870分
連続待受時間 FDD-LTE:約550時間、AXGP:約550時間、W-CDMA:約615時間、GSM:約530時間
アウトカメラ 有効約1220万画素CMOS(広角)+有効約2010万画素CMOS(超広角)
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー アストロブラック
サイズ 約74(幅)×158(高さ)×8.8(奥行き)mm
重量 約141g

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう