世界を変える5G
ニュース
» 2020年03月18日 13時00分 公開

ドコモの「5G」商用サービスは3月25日から 月額7650円で当面は無制限

NTTドコモの「5G」が3月25日にスタート。料金プランは現行プランをベースとした専用プランとなっており、「5Gギガホ」ではキャンペーンで当面「国内容量無制限」とする。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは3月25日、5G(第5世代移動通信システム)通信サービスを開始する。合わせて、同サービスに対応する料金プラン「5Gギガホ」「5Gギガライト」「5Gデータプラス」を提供する。(料金は全て税別)

【更新:19時20分】画像を追加しました。合わせて、文章の一部を見直しています

プレゼン映像

5G向け料金プランの概要

 5G通信サービスの料金プランは、「5Gギガホ」「5Gギガライト」「5Gデータプラス」の3種類を用意する。それぞれ、現行(Xi契約)の「ギガホ」「ギガライト」「データプラス」に相当するもので、「音声」「データ通信」「ISPサービス(spモード)」を一体で提供する(5Gデータプラスは音声通話非対応)。

 なお、すでにXi(クロッシィ:LTE通信サービス)やFOMA(フォーマ:3G通信サービス)の契約者が5G通信サービスに移行する場合は、契約変更の手続きと同時に5G用の料金プランに変更する必要がある。ただし、利用中のSIMカードが「ドコモnanoUIMカード」の「バージョン4」以降(赤色、ピンク色、または水色のカード)である場合は、契約変更後も同じSIMカードを利用できる。

5Gギガホ:月間100GBで月額7650円から(当面は国内容量無制限)

 5Gギガホは、月間通信容量が100GB(※)となっており、容量が超過した場合は上下最大3Mbpsで通信を継続できる。ただし、「データ量無制限キャンペーン」を適用することで、当面の間は、国内におけるデータ通信を無制限に利用できる。月額料金は7650円で、定期契約はない。「5Gギガホ割」を適用することで、初回契約から最大6カ月間は月額料金が1000円引きとなる(「ドコモの学割」が適用できる場合は、そちらを優先適用)。

 国内通話料金は30秒あたり20円で、ファミリー割引グループ内の通話は無料となる。音声オプション(後述)を契約することで、国内通話を(準)定額利用できる。

(※)「パケットパック海外オプション」における通信容量が月間30GBを超過した場合は、残り容量を問わず、月内の同オプション利用時の通信速度が制限される(5Gギガライトも同様)

料金設定 5Gギガホの料金設定

5Gギガライト:月額3150円から

 5Gギガライトは、月間の通信容量に応じて月額料金が変動する。定期契約はない。 国内通話料金は30秒あたり20円で、ファミリー割引グループ内の通話は無料となる。音声オプション(後述)を契約することで、国内通話を(準)定額利用できる。

料金設定 5Gギガライトの料金設定

 月額料金は4段階に分かれており、「ステップ4」に達すると月内の通信速度が上下128kbpsに制限される。

  • ステップ1(1GBまで):3150円
  • ステップ2(3GBまで):4150円
  • ステップ3(5GBまで):5150円
  • ステップ4(7GBまで):6150円
ステップのイメージ 料金ステップのイメージ図(割り引きをフル適用した場合)

5Gデータプラス:月額1000円で親回線の通信容量をシェア

 5Gデータプラスは、親回線とデータ通信容量を共有するデータ通信プラン。月額料金は1000円で、定期契約はない。通信容量は親回線と共用となる。

 親回線として指定できるのは、以下のプラン。

  • 5Gギガホ
  • ギガホ(2019年9月30日までの契約分も対象)
  • 5Gギガライト
  • ギガライト(2019年9月30日までの契約分も対象)

 ただし、5Gギガホを親回線とする場合、子回線(5Gデータプラス回線)側に月間30GBの容量制限が設定される。これを超過すると、親回線の残り容量を問わず、子回線における月内の通信速度が上下最大3Mbpsに制限される(親回線は制限されない)。

 また、5Gギガホ/5Gギガライトを親回線として5Gデータプラス/データプラスを契約した場合、パケットパック海外オプションでの月間通信容量が親子合計で30GBを超過したすると、親子ともども、同オプション利用時の通信速度に制限がかかる。

イメージ 親回線に「5Gギガホ」、子回線に「5Gデータプラス」を利用した場合のイメージ図

音声オプション(5Gギガホ/5Gギガライト)

 5Gギガホ/5Gギガライトでは、既存のギガホ/ギガライトと同様に、5分以内の国内通話が定額利用できる「5分通話無料オプション」(月額700円)と、時間と回数に制限なく国内通話を定額利用できる「かけ放題オプション」(月額1700円)を契約できる。

 なお、5Gギガホの契約者がかけ放題オプションを契約した場合、最大で12カ月間に渡り同オプションの月額料金が700円引きとなる「5Gギガホ音声割」を適用できる。

1GB追加オプション/スピードモード(ギガライトのみ)

 ギガライトにおいてステップ4の通信容量を超過した場合は、「1GB追加オプション」(1GB当たり1000円)を購入することで通信速度を回復できる。容量超過時に同オプションを自動購入する「スピードモード」も申し込み可能だ。

適用できる割り引き

 5Gギガホ/5Gギガライトで共通して適用できる割り引きは以下の通り。割り引き額などの条件は、従来と同様だ。

  • dカードお支払割
  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割(5Gギガライトの「ステップ1」)を除く
適用した最大限 5Gギガホで割り引きを最大限適用すると、最初の6カ月間は4480円から利用できる

サービスエリア

 5G通信サービスは、初期段階ではスポット展開となる。3月末の時点では全国の150箇所で利用できる予定で、6月末までに全都道府県、2021年3月末までに全ての政令指定都市を含む500都市以上に展開する予定だ。

 通信速度は、サービス開始時点では下り最大3.4Gbps/上り最大182Mbpsだが、6月以降はミリ波(28GHz帯)対応エリアにおいて下り最大4.1Gbps/上り最大480Mbpsのサービスも提供する。

エリア展開予定 エリア展開は前倒しする予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう