IoT電球のオン/オフで家族を見守る「goo of thingsでんきゅう」発売

» 2020年03月23日 19時00分 公開

 NTTレゾナントは、3月23日に「goo of thingsでんきゅう」の一般販売を開始した。gooのIoTサービス「goo of things」のIoT電球対応アビリティとして提供する。価格は、電球本体や内蔵通信SIM価格などを含んだ初期費用が9800円(税別)、月額利用料が580円(税別)。

goo of thingsでんきゅう 「goo of thingsでんきゅう」の仕組み

 本サービスではgoo of thingsでんきゅう専用のIoT電球を介し、受信した電灯のオン/オフ情報をもとに、異常があった場合は「goo of things」アプリへアラートを通知。専用のIoT電球とアプリをペアリングすれば導入でき、IoT電球には通信SIMを内蔵しているためネットワーク設定も不要。IoT電球はLEDを使用しているため交換の手間が少なく、必要なデータは電灯のオン/オフ情報のみというシンプルな構成となっている。

 電灯の情報をもとに「24時間以上電灯のオン/オフ情報がない」「長時間つけっぱなし」「24時間以内に点灯あり」など、任意のタイミングで家族のスマートフォンにアラートを通知可能。「ホーム」画面に設定されている通知をタップすると、点灯状況の通知履歴を確認できる。

goo of thingsでんきゅう 通知のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月14日 更新
  1. 「iOS 18」ではホーム画面の好きな場所にアプリを配置OK 「神アプデ」の一方で「Androidの何周遅れだよ」との声も (2024年06月13日)
  2. KDDIの「Google メッセージ」採用で「+メッセージ」はどうなる? iOS 18のRCS対応も追い風に (2024年06月12日)
  3. 小池百合子都知事、生成AIを使った“AIゆりこ”動画を公開 再びニュースキャスターに (2024年06月13日)
  4. 総務省が“スマホ不適切販売”の覆面調査 ドコモが最多、ソフトバンクが前回最下位から2位に好転 (2024年06月13日)
  5. 「iOS 18」の対応機種はiOS 17と同じ、iPhone XS/XRは今年も対応 (2024年06月11日)
  6. 2023年に特殊詐欺に悪用された携帯電話回線数は? 河野大臣、契約時に「マイナンバーカードICチップの読み取り」を強く推奨 (2024年06月12日)
  7. 「Xperia 1 VI」が1位、「Galaxy S24/24 Ultra」も人気 読者アンケートで選ばれた、夏のハイエンドスマホ (2024年06月12日)
  8. ドラレコの熱対策にも ルームミラーに固定する折りたたみ傘式サンシェード「CarUB V3(2024)」発売 (2024年06月12日)
  9. ZTEのエントリースマホ「Blade A75 5G」は“カメラフォン”風デザインがクール (2024年06月13日)
  10. 「LINE Pay」が国内でサービス終了に、2025年4月まで順次 残高はPayPayに移行可能 (2024年06月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー