ニュース
» 2020年04月14日 11時23分 公開

楽天モバイルがAPN情報を公開 他社端末は動作保証外

楽天モバイルが、他社製品で同社回線を利用するユーザー向けにAPN情報を公開している。iPhoneや、楽天モバイルが販売していないAndroidスマートフォンを利用する場合、手動でAPN設定をする必要がある。ただし楽天モバイルが取り扱わない端末は動作保証対象外となる。

[田中聡,ITmedia]

 楽天モバイルが、他社製品で同社回線を利用するユーザー向けにAPN情報を公開している。楽天モバイルが販売しているAndroidスマートフォンの場合、自動でインターネットの接続設定が完了するため、ユーザーがAPN設定をする必要はない。

楽天モバイル 楽天モバイルの案内

 iPhoneや、楽天モバイルが販売していないAndroidスマートフォンを利用する場合、手動でAPN設定をする必要がある。ただし楽天モバイルが取り扱わない端末は動作保証対象外となる。またiPhoneの場合、iOS13.3.1.以降では音声通話の設定を「VoLTEオン」にする必要がある他、iPhone X以前のモデルでは動作しないことが確認されている。

 当然ながら、他社の製品に楽天モバイルのSIMを挿して使う場合、SIMロックを解除する必要がある。

 シャープ、OPPO、Huaweiの一部SIMロックフリー端末は、ソフトウェアアップデートをすることで楽天回線に対応してAPN設定不要で利用できるが、こちらも動作保証対象外となる。

 楽天モバイルのAPN情報は以下の通り。

  • APN名……楽天(rakuten.jp)
  • APN……rakuten.jp
  • MCC……440
  • MNC……11
  • APNタイプ……default,supl,dun
  • APNプロトコル……IPv4/IPv6
  • APNローミングプロトコル……IPv4/IPv6
  • PDPタイプ……IPv4/IPv6

 試しにauの「Xperia 1 SOV40」(SIMロック解除済み)で上記のAPN情報をセットしたところ、データ通信と通話が問題なく行えた。Google Playから楽天モバイルのメッセージアプリ「Rakuten Link」もインストールして利用できた。

楽天モバイル 「Xperia 1 SOV40」で楽天モバイルを利用できた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう