ニュース
» 2020年04月16日 11時58分 公開

Appleが「iPhone 8/8 Plus」の販売を終了

Appleは、「iPhone SE」(第2世代)の発表に伴い、「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」の販売を終了した。AppleのWebサイトから販売ページも削除されている。iPhone SE(第2世代)がiPhone 8の代わりを担う形となる。

[金子麟太郎,ITmedia]

 Appleは、「iPhone SE」(第2世代)の発表に伴い、これまで「iPhone 11」などと併売していた「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」の販売を終了した。これに合わせて販売ページのサイトも削除した。

 Apple Storeでは、これまで「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」を販売していたが、iPhone SE(第2世代)の登場によって姿を消した。

iPhone SE iPhone 8の販売ページは削除され、「お探しのページは見つかりません。」と表示される

 iPhone 8は、64GBが5万2800円(税別、以下同)、128GBが5万7800円でそれぞれ販売していたが、iPhone SE(第2世代)は64GBが4万4800円、128GBが4万9800円、256GBが6万800円と、発売時の価格としては歴代のiPhoneで最も安い水準となる。

 また、デザインや性能面でもiPhone SE(第2世代)はiPhone 8と、ほぼ同等のボディーを採用しながら、頭脳にあたるプロセッサはiPhone 11シリーズと同じ「A13 Bionicチップ」を搭載。このため、型落ちしたiPhone 8とiPhone SE(第2世代)を併売する必要はないと判断したのだろう。

iPhone SE iPhone SE(第2世代)の販売ページ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう