レビュー
» 2020年04月27日 18時00分 公開

望遠カメラが独特の「Galaxy S20 5G」 AIで撮り放題の「シングルテイク」も面白い荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(2/3 ページ)

[荻窪圭,ITmedia]

 あれこれ撮っていると、時々こんなことを言われる。

Galaxy S20 5G 撮ろうとしたら、64MPにするといいよ、とアドバイスされた!

 で、「4:3」と書いてあるところをタップすると「4:3 64M」を選べるのだ。そこで高画素感を味わえそうな場所で試してみた。

Galaxy S20 5G 64Mモードにしてオオシマザクラを狙ってみた
Galaxy S20 5G 64M(6400万画素)で撮ったオオシマザクラ

 等倍で見るとさすがにディテール描写は厳しいかなと思うけど、同じ大きさで見ると、64Mの方が描写が柔らかくて自然。12Mの方はシャープネスがキツくてカリっとしすぎに見える。

Galaxy S20 5G 左が広角カメラで撮った12M(1200万画素)の写真。右が64M(6400万画素)モードで撮った写真を3分の1サイズにしたもの。そうすると12M時とほぼ同じ大きさになる。なるほどーである

新機能の「シングルテイク」はカメラ任せで撮り放題

 続いて新機能の「シングルテイク」を試してみたい。

 短い動画(3〜10秒)を撮る感じでカメラを向けると、自動的にビデオクリップやAIが判定したいい瞬間のカット、さらにエフェクトをかけた画像の生成をしてくれるもの。

 要するに、「あとはAIさんよろしく」機能だ。

Galaxy S20 5G シングルテイクモードに挑戦
Galaxy S20 5G 「花を撮影しましょう…」「お、おう」って感じ

 そして結果を「ギャラリー」で見たのがこちら。

 「シングルテイク」で撮ったカットをタップすると、このように、最初に「AIが決定した決めカット」が大きく出る。めっちゃ派手にしてくれた。

 そしてその後撮影した中から、短い動画や他のアングルのカットもセカンドチョイス的に表示してくれるというわけだ。

 これ、便利かも。

Galaxy S20 5G シングルテイクで撮ったものは1つにまとめられ、さまざまなカットや動画として記録される。これは楽しいかも

 これがAIが選んだ一番のカット。横長の構図なのでちゃんとワイドにトリミングし、チューリップの色がすごい強調されているのが面白い。

Galaxy S20 5G めちゃくっきりしたワイド写真になった。派手なチューリップ写真の誕生だ

 他にはこんなカットも。

Galaxy S20 5G 正方形でちょっと浅めに仕上げたチューリップのカット。カメラを動かしながら撮っているので、いろんな構図が収められるのだ

 もちろんちゃんと1200万画素相当のサイズで生成してくれるので、クオリティーは普段の撮影と同じだ。

Galaxy S20 5G 猫もちゃんと認識。被写体を認識したメッセージを出してくれるのもいい
Galaxy S20 5G じっとしていると、こんなメッセージも。いろんな構図で撮りましょうってことだ

 保護猫シェルターの店長さんが猫をなでている姿をシングルテイクで撮ったら、「猫がカメラ目線した瞬間」を決めカットにしてくれた。なかなかのセンス、というかよくチェックしているわ。

Galaxy S20 5G 猫が目線をくれた(こっちをにらんだ)瞬間がベストだそうです。うん、分かる

 動画は1440×1080ピクセル。フルHDの長辺を詰めたサイズだ。シングルテイクではBGM付きの動画の生成もしてくれる。

動画も作ってくれる。しかもBGM付き

 これ、思ったより賢くて楽しいかも。

 この手の「自動的にいろいろ撮って上げるよ」的な機能って昔からあって、どれも成功したとは言いがたいのだけど、このシングルテイク機能は最長10秒の動画を撮る感覚でイケるし、シーンのセレクトもなかなかよいので実用性あり。試してみてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー