店舗を変えるモバイル決済
調査リポート
» 2020年06月12日 18時40分 公開

キャッシュレス決済が現金を上回った加盟店、1年で10ポイント上昇 Squareの調査

Squareは、Square POSレジを使う全国3000強の中小事業者の決済データを分析。2019年6月〜2020年5月の過去1年間で、店頭でのキャッシュレス決済が現金決済を上回った事業者が10ポイント上昇している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Squareが、6月11日に同サービスを利用する全国3000強の中小事業者を対象とした決済データの分析結果を発表した。

Square

 対象はアプリのレジ機能を使い、クレジットカード決済や現金などの支払方法を「Square POSレジ」上で管理をしている加盟店の中から、過去に一定の決済金額/件数がある事業者。過去1年間の決済トレンドを分析しところ、キャッシュレス決済が現金決済を上回ったSquare加盟店は、2019年6月1日時点の17%から2020年5月中旬までに27%と、10ポイント上昇した。

 キャッシュレス・消費者還元事業が始まった2019年10月にキャッシュレス決済が現金決済を上回ったSquare加盟店は20%を超え、2020年3月下旬までは20%台前半で推移。さらに、新型コロナウイルスの感染予防に伴う緊急事態宣言発令後も上昇している。

 業種別ではヘアサロンやネイルサロンを含む美容業のキャッシュレス比率が最も高く、4月以降にキャッシュレス決済が現金決済を上回った美容業のSquare加盟店は40%前後で推移。次いでキャッシュレス比率が高いのは小売業で、4月以降はおおむね30%超で推移した。一方、飲食業ではほぼ変動がみられず、キャッシュレス決済が現金決済を上回る小規模事業者は10%前後となっている。

 これに加え、キャッシュレス先進国の米国、カナダ、豪州、英国でもSquareのPOSレジを利用する加盟店の決済データを分析。決済件数の95%以上をキャッシュレス決済が占める中小事業者が、新型コロナウイルスの感染拡大後はいずれの国でも3割以上に達したという。

Square

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう