5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2020年06月18日 18時08分 公開

ソフトバンクら、Beyond 5G/6Gに向けたテラヘルツ無線通信用の超小型アンテナを開発

ソフトバンクらは、6月18日にBeyond 5G/6G時代を見据えた300GHz帯テラヘルツ無線で動作する超小型アンテナの開発に成功したと発表。利得を約15dBi(シミュレーション値)に保ちつつ、サイズは1.36×1.36×1.72(開口面積:1.8平方ミリメートル)を実現している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンク、東海国立大学機構 岐阜大学、情報通信研究機構、National Research Tomsk State University/Tomsk Polytechnic Universityの研究グループは、6月18日にBeyond 5G/6G時代を見据えた300GHz帯テラヘルツ無線で動作する超小型アンテナ開発成功を発表した。

ソフトバンク 300GHz帯テラヘルツ無線で動作する超小型アンテナの開発に成功

 テラヘルツ無線は、5Gのミリ波帯と比べてより広い周波数帯域が利用可能。超高速無線システムの候補として期待されている一方、伝搬損失が大きいため利得の高いアンテナの開発が必須であり、かつスマートフォンなどへの実装を前提とした小型で利得の高いアンテナの開発が必要となっていた。

 本研究グループは、約1mmの無線信号波長と同程度の直方体型誘電材料を使用すると発生するフォトニックジェット効果に着目。小型アンテナの開発に応用し、利得を約15dBi(シミュレーション値)と大きく保ったまま、無線信号波長と同程度の1.36×1.36×1.72mm(開口面積:1.8平方ミリメートル)というサイズを実現した。

 今後はテラヘルツ無線伝送システムに超小型アンテナを適用し、無線送受信機の実現可能性を調査する。今回の成功によりテラヘルツ無線で動作する集積回路への実装を可能にし、Beyond 5G/6G時代の超高速無線通信などへの実用化が期待されるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう