今日から始めるモバイル決済
まとめ
» 2020年09月10日 06時00分 公開

マイナポイントでどの決済サービスを選べばいい? 9月時点の追加特典まとめ(2/4 ページ)

[小山安博,ITmedia]

各サービスのキャンペーンをまとめる

 こうした多くのマイナポイント事業参加サービスの中で、どれを選ぶべきか。選択できるのは1つだけで、変更もできないため、慎重に選ぶ必要がある。選択基準としては何を求めるかによるが、今回は各サービスのマイナポイントに関連したキャンペーンを紹介してみたい。その中に、普段使うサービスがあれば、それを選択するといいだろう。

マイナポイント マイナポイント関連の特典一覧

ゆうちょPay

 「ゆうちょPay」は、決済時に口座からの直接引き落とすためチャージ機能はなく、購入金額の25%がマイナポイント(ゆうちょPayポイント)として還元される。もともと利用金額に対するポイント付与もなく、マイナポイント事業で新設された形だ。取得したゆうちょPayポイントは1ポイント1円として買い物などで利用できる。

 キャンペーン期間中(7月1日〜2021年3月31日)にマイナポイントにゆうちょPayを選択して申し込みが完了すれば1500ポイントを提供する。マイナポイントと合わせると合計では最大6500ポイントが取得できる。

 獲得したポイントの有効期限は、ポイントが付与された日から1年間。

LINE Pay

 「LINE Pay」は、過去のポイント獲得履歴に応じた「マイランク」によって還元率が変わり、最大3%の還元となる。マイナポイントで選択すると、この通常の還元に加えて利用金額の25%(最大28%)が還元される。

 マイナポイントにLINE Payを登録すれば、支払いごとに25%分のLINEポイントが還元される。あるいは、「Visa LINE Payカード」の発行を受けて、LINE Payにクレジットカードとして登録し、「チャージ&ペイ」で支払う設定にしてもよい。

 マイランクは過去6カ月で100ポイント獲得すればシルバー(1.5%還元)、500ポイントでゴールド(2%)、5000ポイントでプラチナ(3%還元)となる。プラチナになるにはVisa LINE Payカードの設定が必要だ。

 既にこの設定をしていれば、2万円を使った場合、25%での還元額は5000ポイントになるため、一発でプラチナまでマイランクを上げられる。チャージ&ペイの設定をしていれば利用金額に応じてポイントが付与され、マイナポイントの25%に追加で加算されるため、例えばプラチナだと28%の還元となる。2万円の買い物をすると、マイナポイント分の5000ポイントにプラチナランクの600ポイント(3%)を加算した5600ポイントが付与されることになる。

 これはもちろん、マイナポイントの前にマイランクがプラチナになっていた場合だ。ランクがプラチナになっていれば、9月以降、最大28%のポイント還元になる、というわけだ。

マイナポイント LINE Payでは、チャージ&ペイで最大28%のポイントを還元する

 マイナポイントに登録キャンペーンではさらにクーポンも追加配布される。特典クーポンに参加している実店舗であればどこでも使える「スペシャル特典クーポン」が2枚提供され、それぞれ10%、最大2500円が割り引かれる。1回の決済で使えるクーポンは1枚で、割引後の決済額がマイナポイントの対象となるため、2万円の商品購入時にクーポン1枚を使うと2500円引きの1万7500円の支払いとなり、この決済だけではマイナポイントは満額にならないので注意が必要。

【訂正:2020年9月16日10時50分 初出時に「実店舗の加盟店であればどこでも使える『スペシャル特典クーポン』」としていましたが、全ての店舗で使えるわけでないため、正しくは「特典クーポンに参加している実店舗」です。おわびして訂正致します。】

 LINEポイントの有効期限は180日間だが、新たにポイントを追加すると自動的に有効期限が延長されるため、LINE Payを使い続ければ無制限に期限が延びる。

マイナポイント 最大5000円分のクーポンももらえる

メルペイ

 「メルペイ」では、チャージしてのメルカリ残高払いや、後払いのメルペイスマート払いが特徴のコード決済サービス。マイナポイント事業では、購入金額に対して25%のポイントでの還元が行われる。

 キャンペーンとしては、マイナポイントでメルペイを選択した上でメルペイの本人確認を完了したら、メルカリの購入に対して5%(最大1000ポイント)を付与する。メルカリ内で2万円分購入したら、マイナポイントと合わせて30%(6000ポイント)が付与される形だ。

マイナポイント メルペイでは最大6000ポイントを還元する

 抽選キャンペーンとしては、マイナポイントへの申し込みだけで抽選に参加でき、1等は1000万相当のポイント(1人)、2等は100万ポイント(10人)、3等は5万ポイント(150人)、4等は5000ポイント(1500人)、5等は500ポイント(13万人)と、13万1661人に総額1億ポイントをプレゼントする山分けキャンペーンも同時開催する。キャンペーン期間は9月30日まで。

 ポイントの有効期限は付与日から120日間。

FamiPay

 ファミリーマートのコード決済「FamiPay」は、先着制のキャンペーンを実施。FamiPay残高に対し、店頭での現金、クレジットカードのファミマTカード、銀行口座でのチャージをした先着10万人に対してFamiPayボーナス500ポイントをプレゼントする。

 キャンペーン期間は7月1日から9月30日までで、7月中に申し込めば8月中旬に、8月なら9月中旬に、9月なら10月中旬に、それぞれ付与される。

 マイナポイントは、9月1日以降の残高チャージに対して付与されるので、前記の手段でチャージすると、それに対して25%分のFamiPay残高が付与される。2万円をチャージすれば、2万5000円分がチャージされることになる。ただし、マイナポイントの付与は「3日以内に付与」となっており、リアルタイムではないようだ。

 なお、キャンペーンで付与された500ポイントをはじめ、FamiPayボーナスからのチャージは付与対象外。付与されたFamiPay残高の有効期限は設けられていないが、FamiPayボーナスの有効期限は付与された月を含めた6カ月後の月末だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー