ニュース
» 2020年10月07日 14時33分 公開

Googleのアート鑑賞アプリ、有名絵画との合成画像が作成可能に

Googleは、10月7日に世界中のアートを鑑賞できるアプリ「Google Arts & Culture」で「Art Filter」機能を公開。ARを活用し、有名絵画と自分自身の合成画像を作ることができる。対象はフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、ゴッホの「自画像」など。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Googleは、10月7日に世界中のアートを鑑賞できるアプリ「Google Arts & Culture」で「Art Filter」機能を公開した。

Google Arts & CultureGoogle Arts & Culture 「Art Filter」機能

 Google Arts & Cultureは世界80カ国2000以上の美術館・博物館の作品、それにまつわるストーリーや知識などを提供するサービス。高解像度での閲覧や展示説明の翻訳、VRの見学ツアーなどを楽しめる。

 Art FilterではARを活用し、有名絵画と自分自身の合成画像を作ることが可能。対象作品はヨハネス・フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、フィンセント・ファン・ゴッホやフリーダ・カーロの自画像、「天狗が施された変わり兜(メトロポリタン美術館所蔵)」「ファイアンス焼きのカラーネックレス(ロイヤルオンタリオ博物館所蔵)」の5つ。アプリを起動してホーム画面中央下のカメラのマークをタップし、カメラメニューからArt Filterを選択すれば利用できる。

Google Arts & Culture 利用イメージ
photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう