ニュース
» 2020年11月10日 17時24分 公開

プラススタイルが「SIMフリースマホコーナー」を新設 7機種を販売、格安SIMとのセットも

プラススタイルが、SIMロックフリースマートフォンを販売する「+Stye SIMフリースマホコーナー」をオープンした。ラインアップは「TCL 10 5G」「HUAWEI P40 Pro 5G」「ROG Phone 3」など7機種。LINEモバイルのエントリーパッケージも販売する。

[田中聡,ITmedia]

 プラススタイルが、SIMロックフリースマートフォンを販売する「+Stye SIMフリースマホコーナー」を自社サイトにオープンした。

プラススタイル プラススタイルが「SIMフリースマホコーナー」を新設

 2016年3月にオープンした+Styleでは「IoTが集う場所」をコンセプトに、多数のIoT製品を販売してきた。スマートLED電球やスマートマルチリモコンが売れ筋の一方で、2016年から2020年までの販売ランキングを見ると、最も売れたのは、自動バックアップ機能付きスマートフォン「Robin」だった。他に、小型スマホの「Palm Phone」や薄型ケータイ「Punkt. MP02」なども上位にランクインしており、プラススタイルの近藤正充社長は「スマートフォンの分野も無視できない」と話す。

プラススタイル これまでの販売ランキングではスマートフォン3機種がトップ10入り

 SIMロックフリースマホの市場環境は、ここ数年で変わりつつある。海外の端末メーカーが続々と日本に参入し、ミッドレンジ価格帯を中心にラインアップが充実。MVNOは統廃合が進みつつあるが、市場シェアは約20%まで伸びている。政策面では「通信と端末の分離」「値下げ」などの要請で大手キャリアが料金プランを改定し、Y!mobileやUQ mobileなどサブブランドの動きも活発になっている。

プラススタイル SIMロックフリースマートフォンを取り巻く市場環境

 こうした市場環境の変化を捉えつつ、5G時代に即した戦略として、SIMフリースマホコーナーの新設を決めた。現時点でのラインアップは「TCL 10 5G」「HUAWEI P40 Pro 5G」「ROG Phone 3」「OPPO Reno3 A」「Redmi Note 9S」「Palm Phone」「Punkt. MP02」の7機種。「選択できる自由を」とのコンセプト通り、5G、ハイエンド、ゲーミング、ミッドレンジ、小型など、多様なラインアップをそろえた。

 価格は以下の通り(全て税込み)。

  • TCL 10 5G……3万9800円
  • ROG Phone 3……メモリ12GBモデル:13万1780円、メモリ16GBモデル:14万2780円
  • HUAWEI P40 Pro 5G……11万9680円
  • OPPO Reno3 A……3万9800円
  • Redmi Note 9S……ストレージ64GBモデル:2万4800円、ストレージ128GBモデル:2万9800円
  • Palm Phone……4万5630円
  • Punkt.MP02……4万4880円

 さらに格安SIMとして、LINEモバイルのエントリーパッケージも990円(税込み)で販売する。エントリーパッケージにはエントリーコードが記載されており、このコードを入力してオンラインで申し込むと、事務手数料の3000円(税別)が無料になる。なお、SIMとセットで購入する際の割引などは現時点では行っていない。

プラススタイル 7機種のスマートフォンとLINEモバイルを取り扱う

 TCL 10 5Gについては、11月10日から23日までプラススタイルが独占先行販売する。TCL 10 5Gは、4眼カメラを搭載して5Gに対応しながら3万9800円(税込み)という安さを実現し、コストパフォーマンスの高さから採用を決めたようだ。

プラススタイル 「TCL 10 5G」を独占先行販売する

 セットで購入できるSIMは現時点ではLINEモバイルのみだが、1種類に限定しているわけではなく、「要望があれば増やすことも考えていきたい」(近藤氏)とのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10