世界を変える5G
ニュース
» 2020年11月30日 12時30分 公開

3キャリア対応:mineoが「5G」対応 月額料金プラス200円で利用可能

オプテージが提供するMVNOサービス「mineo(マイネオ)」において、個人ユーザー向けに5G通信オプションの提供が始まる。通常の月額料金に200円をプラスするオプションサービスとして提供され、一部の例外を除き、既存ユーザーはSIMカードを交換せずに利用できる。

[井上翔,ITmedia]

 オプテージは12月1日から、MVNOサービス「mineo(マイネオ)」の5G(第5世代移動体通信システム)ネットワーク対応を開始する。Aプラン(au回線)、Dプラン(NTTドコモ回線)、Sプラン(ソフトバンク回線)のいずれにも対応し、月額200円(税別)の有料オプションという形で提供する。

バナー

「5G通信オプション」の概要

 5G通信を利用する場合、「5G通信オプション」の契約が必要となる。月額料金は先述の通り200円で、新規契約時に同時申し込みできる他、既存ユーザーも手数料無料でオプションを追加できる。

 5Gエリアは、各プランの回線キャリアのものに準ずる。対応する端末は、サービス開始日である12月1日に公表される。

 同日には、各プランの5G通信オプションに対応する端末としてASUS製スマートフォン「ZenFone 7」の販売も開始する。価格は7万9920円だ。

ZenFone 7 5G通信オプション対応端末として発売するZenFone 7。3キャリアいずれにも対応する

 ただし、現時点においてこのオプションは個人名義のユーザーのみが対象となる。また、利用中のプランによって、以下の制約が発生する。

Dプラン

 SMS(ショートメッセージ)対応のシングル(データ通信)タイプでは、5G通信オプションを申し込めない。既存ユーザーの場合、SMS非対応のシングルタイプ、またはデュアルタイプ(音声通話対応)に変更すればオプションを申し込めるようになる。

 SMS非対応のシングルタイプ、またはデュアルタイプを利用中のユーザーがオプションを申し込んだ場合、SIMカードを交換せずにそのまま利用できるが(※1)、手続きが完了するとFOMA(3G)エリアでの通信ができなくなる

(※1)シングルタイプからデュアルタイプへの変更、またはSMS対応のシングルタイプからSMS非対応のシングルタイプへの変更を行う場合は、SIMカードの交換が必要(要手数料)

Aプラン

 VoLTE対応のSIMカード(灰色のもの)であれば、オプションの申し込み後、SIMカードを交換せずにそのまま利用できる。

 一方、VoLTE非対応のSIMカード(黒色のもの)を利用中の場合は、オプションの申し込みに当たってSIMカードの交換が必要となる(要手数料)。

5G提供開始に伴うキャンペーン

 5G通信オプションの提供開始に伴い、オプテージでは3つのキャンペーンを実施する。

「5G通信オプション最大6カ月無料キャンペーン

 2021年3月31日までに5G通信オプションを申し込んだ場合、利用開始月から最大6カ月間のオプション料金を無料とする。ただし、キャンペーンの適用は1回線当たり1回のみとなる。

5G販機(ふぁいぶじーはんき)

 オプテージの直営店「mineo 渋谷」(東京都渋谷区)と「mineo 大阪」(大阪市北区)に設置した自動販売機「5G販機(ふぁいぶじーはんき)」において、mineoの通信オプションを試せるSIMカード(シングルタイプ 3GBコース)を12月1日から先着順で無料配布する。

 SIMカードはAプラン、Dプラン、Sプランで100枚ずつ(2店舗合計)用意され、2021年2月1日までの3カ月間利用できる。無料ではあるが、店頭でのアンケートへの回答と、自動販売機に投入する現金200円が必要となる(200円は専用パッケージ「5G缶」に含む形で返金される)。

5G販機 2つの直営店に設置される「5G販機」

Twitterキャンペーン

 11月30日から12月7日までの期間中に、mineo公式Twitterアカウントをフォローした上で、アンケートツイートに返答すると、抽選で5人に5G販機でもらえる5G缶を20人、5G缶とZenFone 7のセットを5人にプレゼントする。

 なお、プレゼントの5G缶には、200円は含まれないので注意しよう。

もらえる 5G缶やZenFone 7をもらえるキャンペーンも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう