ニュース
» 2020年12月22日 11時43分 公開

LINEモバイルは新規受付停止へ 今後は「SoftBank on LINE」に一本化

ソフトバンクは、「SoftBank on LINE」の提供に合わせて「LINEモバイル」の新規受付を停止する。具体的な停止時期は未定だが、今後、LINEを軸にした通信サービスは「SoftBank on LINE」に一本化していく。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクが2021年3月からオンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE(仮称)」を提供することに伴い、現在提供しているMVNOサービス「LINEモバイル」は新規受付を終了する。具体的な停止時期は未定だが、今後、LINEを軸にした通信サービスは「SoftBank on LINE」に一本化していく。

SoftBank on LINE 2021年3月に提供予定の「SoftBank on LINE」

 ソフトバンクの榛葉淳副社長は「今までLINEモバイルを使っているお客さまがいらっしゃるので、そういったお客さまの移行や引き継ぎの利用はしっかりご説明する」と話し、LINEモバイルのユーザーをSoftBank on LINEに移行させる考えを示した。

 SoftBank on LINEは、月額2980円(税別、以下同)で20GBまでのデータ通信ができ、LINEはデータ容量を消費せずに使い放題となるプラン。対するLINEモバイルは、音声SIMについては月額1100円で500MB、月額1480円で3GB、月額2200円で6GB、月額3200円で12GBというプランを提供している。いずれもLINEは使い放題で、月額280円でSNS使い放題、月額480円でSNSと音楽サービスが使い放題のオプションを利用できる。

 SoftBank on LINEはY!mobileと同様にソフトバンク回線をそのまま使っていること、LINEモバイルはMVNOとして通信キャリアから回線を借りている(ため時間帯によって混雑する場合がある)ことも違いとなる。

SoftBank on LINE SoftBank on LINEの特徴

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう