調査リポート
» 2021年02月02日 17時00分 公開

2020年第4四半期のスマホシェアはAppleが1位、Xiaomiが前年比31%増の出荷

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、スマートフォングローバル市場動向についての調査結果を発表。2020年第4四半期は前年同期比で1%の減少だが、前四半期比8%増加と回復傾向にあるという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、2月2日にスマートフォンのグローバル市場動向についての調査結果を発表した。

カウンターポイント 2019年/2020年のスマートフォン市場
カウンターポイント 2020年第4四半期のスマートフォン市場

 2020年第4四半期は前年同期比で1%減少したが、前四半期と比較すると8%増加の3.959億台に。2020年通年は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で前年より10%縮小しているが、下半期は市場が回復傾向にあるとしている。

 Samsungは2020年に2.557億台を出荷し首位を守ったが前年から14%の落ち込みで、要因は中位機種では中国メーカー、高級機ではiPhone 12シリーズと競争が激化していると分析している。

 第4四半期はAppleが世界のスマートフォン市場の首位を獲得し、iPhone 12への需要、米国でのキャリア各社の強力なプロモーション、長期間好調だったiPhone 11などが理由と推測している。

 Xiaomiは2020年第4四半期に4300万台を出荷し、前年同期比31%の伸びを記録。中国国内では前年同期比46%増の1200万台となった一方、競合するHuaweiとHONORは伸び悩んでいる。貿易禁止令や米国の規制を受けたHuaweiは中国国内での業績好調を受けて2020年の第3位となり、5G機種のMate 40 ProやNova 7が貢献している。

 OPPOは前年同期比8%、前四半期比10%の伸びとなり、2020年第4四半期のシェア9%(3400万台)を確保。vivoがHuaweiを抜き、それぞれ4位と5位となっている。出荷が前年比65%のrealmeは、通年で最も速く成長した企業となった。

 Technoはケニア、ウガンダ、ナイジェリアなどでの販売が好調で、vivoはEAや東南アジアなどの展開で四半期は前年同期比6%成長。GoogleはPixel 4AとPixel 5で業績改善し、Motorolaは2020年第4四半期に16%減少、LGは新機種の投入で上向きとなった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう