ニュース
» 2021年02月03日 12時15分 公開

ドコモ、約49gの「軽量ディスプレイグラス」試作機を公開

NTTドコモは、開発中のグラス型ウエアラブルデバイス「軽量ディスプレイグラス」試作機を公開。USB Type-C端子を搭載し、デバイスに付属のケーブルを接続すればスマートフォンなどのコンテンツを大画面で楽しめる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、2月3日に開発中のグラス型ウエアラブルデバイス「軽量ディスプレイグラス」試作機を公開した。

NTTドコモ 「軽量ディスプレイグラス」試作機

 本試作機はUSB Type-C端子を搭載し、DisplayPort Alternate Mode対応のAndroidスマートフォンなどとデバイス付属のケーブルを利用すれば、コンテンツを大画面で楽しめる。解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)で、ステレオスピーカーとマイクも備える。

 約49gと軽いので持ち運びしやすく、シースルー構造のため装着時も周囲を確認しやすい。デザインと透過度の異なる3種類のフロントアタッチメントをワンタッチで交換でき、シチュエーションに応じて使い分けもできる。

 本試作機は、同社の最新技術を紹介するオンラインイベント「docomo Open House 2021」で紹介する。開催期間は2月4日〜2月7日。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう