5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2021年02月09日 18時19分 公開

NEC、全国初となる4.7GHz帯のSA構成ローカル5G無線局免許を取得

NECは、2月9日に全国初となる4.7GHz帯(4.6〜4.9GHz)でスタンドアロン構成のローカル5G無線局免許を取得。対象は本社ビル内「NEC Future Creation Hub」と玉川事業場内「ローカル5Gラボ」の無線局。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NECは、2月9日に全国初となる4.7GHz帯(4.6〜4.9GHz)でスタンドアロン(SA)構成のローカル5G無線局免許を取得した。

 総務省は、2020年12月18日にローカル5Gの周波数帯を拡張する制度を整備。従来の28.2〜28.3GHzに加えて4.6〜4.9GHzと28.3〜29.1GHz無線局の免許申請を受け付けている。

 これに伴い、同社は東京都港区の本社ビル内「NEC Future Creation Hub」と、神奈川県川崎市の玉川事業場内「ローカル5Gラボ」の無線局で免許を取得。取得した免許を活用して自社設備内にスタンドアロン構成のローカル5Gネットワークを構築し、関連サービスのさらなる高度化や体感デモを行う。加えて、パートナー企業との共創活動も加速させていく。

NEC ニュースリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう