レビュー
» 2021年02月17日 12時00分 公開

ディスプレイ内蔵インカメラが面白い 「Rakuten BIG」のカメラ機能を試す荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(1/3 ページ)

楽天モバイルから発売されたミドルクラスのスマートフォン「Rakuten BIG」。カメラは超広角、広角など4つあり、インカメラはディスプレイに内蔵されている。このフロントカメラと、4つのカメラの具合について試してみた。

[荻窪圭,ITmedia]
Rakuten BIG Rakuten BIG。カメラが4つ並んだミドルクラスのスマートフォン

 楽天モバイルから登場した「Rakuten BIG」……シンプルというかなんというかすごい名前なんだけど、何しろいきなり「ビッグ」だからね。

 iPhone X世代のデザインにちょっと似ているけど、カメラが大2つ小2つついているミドルクラスの端末。開発元はZTEだ。

 ミドルクラスらしい機能豊富な端末なのだけど、カメラ的に一番の注目はやっぱインカメラ。

Rakuten BIG 自撮りしているの図。こっちからだとインカメラは見えません。すまん

 ちょっとその話から行きたい。

インカメラはどこに隠れている?

 まずはこの写真。

Rakuten BIG ノッチのないディスプレイ。インカメラはどこに隠れている?

 撮った写真をフォトアプリで表示しているだけなんだけど、ディスプレイが上部ギリギリまで広がっているのにインカメラのノッチがない。

 インカメラ内蔵ディスプレイなのだ。これ、撮る瞬間にどこを見ればいいか悩むよね。

Rakuten BIG 自撮り時の画面。カメラはどこ?

 一体どこに隠れているのか見てみよう。

 画面が暗いと肉眼だとまず分からない。明るいものを表示するとなんとなく分かる。カメラでちょっと斜めから撮るとしっかりと記録される。

 ここである。

Rakuten BIG 色のあるところを重ねて斜めから見ると、四角く不自然な箇所がある

 背景を真っ白にしてググッと寄って撮ったのがこちら。

 カメラの部分だけ「ドットの目が粗い」。その隙間から撮っているのかと思う。画面の上の端ってあまり目立たないし、この位置に重要な情報が表示されることは少ないから、いいアイデアだ。

Rakuten BIG 背面を白くするとよく分かる。ここだけすごく粗いのだ

 この奥に隠されているインカメラは約3200万画素とかなりの高画素。目立たないのはいいけど、カメラの外側にディスプレイがかぶっている状態が画質に悪影響を与えないわけがないのであり、3200万画素を4画素混合して800万画素の写真としちゃってもよかったんじゃないかな。その方が結果として画質を上げられたんじゃないかなと思う。荒天だったため明るい場所で撮影することができず、画質的には不利だったのは確かなのだけど。

Rakuten BIG 悪天候のため暗くて条件は良くなかったが、ちょっと

 インカメラを使った背景をボカすポートレート機能も搭載。ただ精度は微妙で、ほんのちょっとしたことで服がボケたりちゃんとボケなかったりしたのが面白かったのでさらします。

Rakuten BIG ポートレートモードで撮影。上がなぜか服が背景扱いされちゃった例。下はうまく認識された例。どこでその差が出たのかちょっと謎
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう