ニュース
» 2021年05月06日 13時00分 公開

「arrows NX9 F-52A」がOSバージョンアップ Android 11に

NTTドコモのミドルレンジ5Gスマートフォン「arrows NX9」がAndroid 11にバージョンアップする。同OSの新機能を利用できるようになる他、セキュリティパッチが2021年3月版に更新される。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは5月6日、FCNT(旧富士通コネクテッドテクノロジーズ)製スマートフォン「arrows NX9 F-52A」のOSバージョンアップサービスを開始した。バージョンアップ後のOSは「Android 11」となる。

Android 11になったF-52A Android 11にバージョンアップしたarrows NX9 F-52A

バージョンアップの概要

 今回のバージョンアップでは、Android 11に実装された主に以下の新機能を利用できるようになる。ただし、一部はアプリ側の対応も必要となる。

  • メッセージングアプリの会話に関する通知を優先表示する機能をサポート
  • 「バブル」表示のサポート
  • スクリーンショット機能の拡充(撮影直後に編集可能に)
  • 画面録画のサポート(別のアプリを使わずに画面録画が可能に)
  • 電源オプションの機能拡充(スマートデバイスの制御や「Google Pay」のNFCペイ/パスの表示が可能に)
  • 端末の権限許可の拡充(権限の「今回(1回)のみ」付与に対応、長期間使っていないアプリの権限削除など)

 合わせて、セキュリティパッチが「2021年3月」のものに更新される。

権限 プライバシーへの配慮から、Android 11にバージョンアップすると権限許可に関する機能が拡充される。長期間利用していないアプリにおける権限の自動削除や、起動ごとに権限の許可/拒否を求める設定が可能だ

 その他、今回のバージョンアップに伴い、以下の仕様変更が行われる。

  • カメラアプリで4K動画を撮影時する場合のデータ保存先を「本体メモリ(内蔵ストレージ)」に固定(microSDに保存したい場合はコピーまたは移動で対応)
  • 設定画面における一部項目の名称を変更
  • 電源オプションから「機内モード」「画面の保存(スクリーンショット)」を削除
  • 「災害用キット」関連アプリの仕様変更(詳細は後述)
  • 「スグ電」の仕様変更(発信ランキング機能の削除、発信モーション利用時の発信先制限)
  • 「迷惑電話ストップサービス」の仕様変更(通話履歴からの検索機能を削除)

 また、バージョンアップに伴い、以下の設定が初期化される。バージョンアップの完了後、再度設定し直す必要がある。

  • 「Dolby Atmos」の設定
  • 画面の明るさ(手動設定時:自動設定のオン/オフは引き継がれる)

「災害用キット」関連アプリの仕様変更

 Android 11へのバージョンアップに伴い、災害用キットアプリと、同アプリと関連するアプリや機能に以下の変更が行われる。これはAndroid 10からバージョンアップするドコモスマートフォンに共通するものだ(参考記事)。

  • バージョンアップ前に受信した「エリアメール」の受信履歴の削除(※1)
  • エリアメールの「やさしい日本語表示」「翻訳・アプリ連携機能」の削除(※2)
  • 「災害用伝言板」の安否確認時、「災害用音声お届けサービス」のメッセージ送信時の宛先設定の仕様変更(発信/着信履歴の参照が不可能に)
  • 災害用音声お届けサービスの「到達確認」の非対応化

(※1)受信履歴を手元に残したい場合は、OSバージョンアップ前に画面キャプチャーで画像として保存できる
(※2)受信したメッセージ本文をコピーして、翻訳アプリ/サイトに貼り付け(ペースト)することで代替可能

バージョンアップ方法

 OSバージョンアップは本体単体で行う。インターネットに接続した状態で端末設定から「システム」→「詳細設定」→「システムアップデート」と進み、更新を確認するとバージョンアップが始まる。バージョンアップに関する通知が表示されている場合は、それをタップしても良い。

 バージョンアップデータの容量は約1.02GBとなる。一時ファイルを展開するために、内蔵ストレージのユーザー領域に500MB以上の空き容量を確保しておく必要がある。

 モバイル通信(5G/LTE)でダウンロードする場合は、spモードを契約しているドコモ回線が必要となる。この場合のデータ(パケット)通信料金は無料だが、海外では実行できない。海外でバージョンアップを行う場合は、ドコモnanoUIMカード(ドコモのnanoSIMカード)を挿入した状態でWi-Fi(無線LAN)を経由してインターネットに接続しよう。

 バージョンアップの所要時間は約23分だが、端末の状況によってはさらに時間がかかる場合もある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう