ニュース
» 2021年09月13日 11時40分 公開

KDDIなど73者、2021年も「バーチャル渋谷ハロウィーンフェス」を開催 アバターで誰でも参加可能

KDDIなど73者が、10月以降に「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021 〜 Fun For Good 〜」を開催する。2020年に続き2年連続の開催で、バーチャルステージや特別グッズの販売などを行い、自分自身のアバターを作成して楽しめる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会など73者で組成する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、10月以降に「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021 〜 Fun For Good 〜」を開催する。

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2021 〜 Fun For Good 〜

 2020年10月に実施した「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」は「#StayVirtual(ステイバーチャル)」をキーワードに、約40万人がイベントに参加。コロナ禍の密回避にも貢献したとして、高く評価されたという。

 本年はスポーツ、音楽、お笑いなどをバーチャルステージで実施し、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトを通じて販売した特別グッズの販売利益のすべてを渋谷区へ還元。「Fun For Good」をテーマに、バーチャル空間から渋谷の街づくりへ貢献する。

 さらにリアルとバーチャルの融合体験として、Pocket RDが提供する完全自動アバター生成システム「AVATARIUM(アバタリウム)」と連携。アプリ、au Style SHIBUYA MODI、GINZA 456 Created by KDDIなどの商業施設に設置したスキャナーから自分自身のオリジナルアバターを作成でき、バーチャルハロウィーンを特別な衣装を身に着けられる。

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト 「AVATARIUM」体験イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー