調査リポート
» 2021年10月28日 19時02分 公開

最も利用するのは「iPhoneのヘルスケアアプリ」 MMDが医療/ヘルスケアアプリを調査

MMD研究所は、10月28日に「ヘルスケアアプリと医療DXに関する調査」の結果を発表。医療/ヘルスケアアプリ利用経験者のうち、約4割が新型コロナウイルス流行期にアプリを利用開始したと回答した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、10月28日に「ヘルスケアアプリと医療DXに関する調査」の結果を発表した。スマートフォンを所有する18歳〜69歳の男女5984人へ予備調査を行い、医療/ヘルスケアアプリの利用経験者541人へ本調査を行ったものとなる。

 予備調査で健康管理やダイエットなどのヘルスケアサービスや、オンライン診療などの医療サービスを利用できるアプリを知っているか聞いたところ、認知は75.2%に。年代別で見ると、「現在利用している」は20代(957人)が最も多く32.1%、次に10代(186人)が29.6%、30代(1082人)が26.3%で、「全く知らない」は30代が最も多く28.2%、次に40代(1352人)が26.7%、60代(1174人)が24.6%となった。

MMD研究所 医療/ヘルスケアアプリの認知や利用状況(年代別)

 医療/ヘルスケアアプリを利用しない理由(複数回答)は「利用するきっかけがなかったから」が最も多く29.2%、次に「健康データを記録するのが面倒だから」が28.8%、「利用するメリットがないと思ったから」が18.0%。利用したい機能(複数回答)は「健康管理(バイタルサイン)」が最も多く47.6%、次に「ダイエット/美容」が30.3%、「メンタル(ストレス)ケア」が24.7%となっている。

MMD研究所 医療/ヘルスケアアプリで利用してみたい機能

 医療のデジタル化で求める機能や利用してみたいサービス(複数回答)は「普段貯めた健康データを受診時に活用」が最も多く50.7%、次に「受診/健診結果をデータ化し、比較/分析」が50.5%、「オンラインまたはAI問診/診療」が48.6%となった。

MMD研究所 医療のデジタル化で利用してみたい機能や求めるサービス

 医療/ヘルスケアアプリの利用開始時期は「2017年以前」が16.5%、「2020年1月〜6月」が11.3%、「2020年7月〜12月」が10.9%で、新型コロナウイルス流行期を含む「2020年1月〜6月」以降に利用開始した人は約4割となった。利用する目的(複数回答)は「データを使って健康管理したいため」が最も多く39.4%、次に「健康管理のモチベーションを高めるため」が34.4%、「ダイエットのため」が29.2%となった。

MMD研究所 医療/ヘルスケアアプリを利用し始めた時期
MMD研究所 医療/ヘルスケアアプリを利用する目的や理由

 最も利用するヘルスケアアプリについて「多機能のヘルスケアアプリを利用している」と回答した人は84.1%、「単一機能のアプリのみ利用している」と回答した人は15.9%。多機能のヘルスケアアプリを利用している455人へ最も利用するアプリを聞いたところ「iPhoneのヘルスケアアプリ」が25.7%、「dヘルスケア」が18.7%、「FiNC」が11.2%となった。

MMD研究所 最も利用するヘルスケアアプリ

 dヘルスケア、auウェルネス、HELPO、LINEヘルスケア、LINEドクターを最も利用すると回答した115人へ、オンライン診療の受診や相談について複数回答で聞いたところ「オンライン診療を受けたことがある」が26.1%、「オンライン健康医療相談をしたことがある」が17.4%、「受診したり相談したことはない」が60.0%となった。

MMD研究所 オンライン診療やオンライン健康医療相談を受けたことがあるか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー