レビュー
» 2021年11月30日 11時11分 公開

軽くて高コスパ、「AQUOS zero6」と「AQUOS sense6」はどちらが買い? 使用感を徹底比較した(1/4 ページ)

シャープの最新ミッドレンジスマートフォン「AQUOS zero6」と「AQUOS sense6」が発売された。プロセッサやメモリは異なるものの、どちらも高精細な有機ELディスプレイを搭載し、アウトカメラの基本スペックも共通している。使い勝手はどう違うのか? コスパが高いのはどちら?

[村元正剛,ITmedia]

 シャープの最新ミッドレンジスマートフォン「AQUOS zero6」と「AQUOS sense6」が発売された。これまで、「zero」シリーズはミドルハイで、「sense」シリーズは幅広いユーザーを対象とするスタンダードモデルという位置付けだったが、実はスペックの差はさほど大きくはない。プロセッサやメモリは異なるものの、どちらも高精細な有機ELディスプレイを搭載し、アウトカメラの基本スペックも共通している。使い勝手はどう違うのか? コスパが高いのはどちら? 2モデルを使い比べてみた。

AQUOS zero6とAQUOS sense6 シャープの「AQUOS sense6」(左)と「AQUOS zero6」(右)

両モデルの基本スペックと価格の違いは?

 まずは、両モデルの基本的なスペックを比べておこう。

AQUOS zero6とAQUOS sense6 AQUOS zero6とAQUOS sense6のスペック比較

 AQUOS zero6の方がプロセッサの性能が高く、メインメモリはゲームを楽しんだり、マルチタスク操作をしたりするのにも十分な8GBを確保している。AQUOS sense6は、zero6と比べると控えめだが、普段使いに十分な仕様といえる。カメラはzero6と同等で、バッテリーはzero6よりも多い。

 AQUOS zero6はau、ソフトバンク、楽天モバイルが取り扱い、2021年11月30日時点でSIMロックフリー版(オープンマーケット向けモデル)は発表されていない。AQUOS sense6はNTTドコモ、au、楽天モバイルが取り扱う他、SIMロックフリー版も発売されている。なお、通信キャリアが発売するモデルにもSIMロックはかけられていない。ただし、5Gの対応周波数やeSIMなど、キャリアによって仕様が異なる部分があるので注意は必要だ。

 2021年11月30日時点の各モデルの価格は下記の通り。両モデルを取り扱うauと楽天モバイルの価格を見ると、AQUOS zero6はAQUOS sense6よりも3万円ほど高い。

AQUOS zero6

  • au:7万1585円(「スマホトクするプログラム」適用時:3万9905円)
  • ソフトバンク:7万4880円(「新トクするサポート」適用時:3万7440円)
  • 楽天モバイル:6万9800円

AQUOS sense6

  • ドコモ:5万7024円(「いつでもカエドキプログラム」適用時:3万9864円)
  • au:4万470円(「スマホトクするプログラム」適用時:3万2430円)
  • 楽天モバイル:3万9800円
  • SIMロックフリー版:4万5320円

zero6は驚くほど軽いが、sense6もほどよく軽い

 AQUOS zero6の最大の特徴は軽さだ。シャープによると、画面サイズが6型以上で4000mAh以上のバッテリーを搭載した、防水・防塵対応の5Gスマホでは世界最軽量を実現しているという。筆者もそうだったが、初めて触れた人は「本当に実機なのか? 」「モックアップ(デザイン模型)ではないのか?」と疑いたくなるほどの軽さだ。

AQUOS zero6とAQUOS sense6 AQUOS zero6は約6.4型の大画面を搭載しているが、2本の指でつまんで持てるほどに軽い

 この軽さを実現するために、フレームと背面パネルには樹脂素材が用いられている。フレームはメタル、背面はガラスに見えるような塗装が施されているが、手にするとチープ感は否めず、指紋が付着しやすいのも気になった。

AQUOS zero6とAQUOS sense6 AQUOS zero6の背面パネルは一見美しいが、いかにもプラスチックという質感
AQUOS zero6とAQUOS sense6 フレームはメタリックな塗装が施されている

 一方、AQUOS sense6は、従来モデルと同様にアルミニウムを用いている。画面サイズが小さい分、zero6よりも一回り小さいが、10gほど重い。とはいえ、6.1型ディスプレイを搭載しながら156gは、十分すぎるほど軽い。むしろ、手にした時に安定したホールド感が得られ、こちらを好む人もいるだろう。

AQUOS zero6とAQUOS sense6 約6.1型のAQUOS sense6は持ちやすいサイズ感だ

 物理キーや外部接続端子などの配置は共通する部分が多く、右側面にボリュームキー、アシストキー、電源キーを配置。左側面にSIM/microSDスロットを備えている。差分はイヤフォンジャックとスピーカーにある。AQUOS zero6は上部にイヤフォンジャックを搭載し、スピーカーはフロントパネル上部と底部に備える。AQUOS sense6はイヤフォンジャックを底部に搭載し、スピーカーは底部に1基だけを備えるモノラルスピーカーだ。

AQUOS zero6とAQUOS sense6 上がAQUOS sense6、下がAQUOS zero6。右側面に搭載する3つのキーは同じだが、搭載位置は異なる
AQUOS zero6とAQUOS sense6 どちらも左側面の上の方にSIMスロットを搭載。microSD(最大1TB)も装着可能
AQUOS zero6とAQUOS sense6 AQUOS zero6の上部にはイヤフォンジャックを搭載
AQUOS zero6とAQUOS sense6 底部にはUSB Type-Cポートを搭載し、AQUOS sense6はここにイヤフォンジャックも備える
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年