速報
» 2021年12月15日 08時33分 公開

Google、「Android 12(Go Edition)」を2022年にリリース

Googleは「Android 12」のローエンド端末向けバージョン「Android 12(Go Edition)」を発表した。2022年中にリリースする計画だ。先代よりアプリ起動が30%速くなる他、Android 12の新機能も多数利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月14日(現地時間)、モバイルOS「Android 12」のローエンド端末向けバージョン「Android 12(Go Edition)」を2022年中にリリースすると発表した。具体的な日程や対象端末についてはまだ不明だ。

 go 1

 Go Editionは、2017年に発表した「Android Go」から始まったローエンド端末向けOS。プロセッサの性能の低さやメモリの少なさを考慮しつつ可能な範囲でAndroidの最新機能を使えるようにするものだ。

 Android 12(Go Edition)は、先代の「Android 11(Go Edition)」よりアプリの起動が30%速くなり、起動時に画面が空白になることが減る。


 その他、バッテリー持続時間が長くなり、Android 12の新機能、コンテンツの翻訳機能が追加され、「ニアバイシェア」でのデータ共有も簡単になる。新しい「プライバシーダッシュボード」も利用可能だ。

 go 2 プライバシー機能(プライバシーダッシュボードとカメラ利用時の右上のアイコン)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年