ニュース
» 2022年01月11日 11時56分 公開

ドコモ、XR空間でアバターを作成/管理できるツールを開発

NTTドコモはXR空間でアバターを作成し、ユーザーのアカウントに紐づけて管理できる「ドコモ・アバターポータル」を開発。作成したアバターは複数のサービスで共通して利用でき、サービスに最適なアバターを選べる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、1月11日にXR空間でアバターを作成/管理できる「ドコモ・アバターポータル」の開発について発表した。

NTTドコモ 「ドコモ・アバターポータル」のイメージ

 本サービスでは顔写真1枚から本人に似たリアルな3Dアバターを生成でき、身長、体型、髪型や服装を選択可能。自身の顔写真のアバターを利用したくない場合は、複数のプリセットアバターからも選ぶことができる。

NTTドコモ アバター作成イメージ
NTTドコモ プリセットアバター

 作成したアバターはdアカウント、ビジネスdアカウント、DOORアカウント、docomo Open House'22で事前登録したアカウント(1月11日時点)へひも付けて管理。アカウントをキーにして呼び出すため、サービスに応じた適切なアバターを連携する各種サービスで利用できる。OIDC(OpenID Connect)に対応し、連携可能なアカウントは柔軟に追加可能だ。

 同社は今後、外部のXRサービスと連携して多くのサービスでアバターが使える環境提供に向けた技術検証を進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年