ニュース
» 2022年01月13日 18時30分 公開

BALMUDA Phoneにソフトウェア更新 一部周波数帯における「干渉ノイズ」問題に対応販売も再開

バルミューダとソフトバンクが販売する「BALMUDA Phone」が一時見合わせた件について、一部周波数帯における「干渉ノイズ」が許容値を超過する可能性があることが原因であることが分かった。この問題は、1月14日から配信されるソフトウェア更新を適用することで解消できる。

[井上翔,ITmedia]

 京セラは1月13日、同社が設計と製造を担当した「BALMUDA Phone」について、一部の周波数帯において干渉ノイズが許容値を超える場合がある問題が確認されたことを発表した。この問題はバルミューダが販売する「SIMフリーモデル(X01A)」とソフトバンクが販売する「ソフトバンクモデル(A101BA)」の両方で確認されており、共に1月14日から配信されるソフトウェア更新を適用することで解消される。

BALMUDA Phone BALMUDA Phone

 本件については、バルミューダとソフトバンクからもソフトウェア更新を促す告知が行われている。

端末の販売は1月14日から順次再開

 ソフトウェア更新による問題の解消を受けて、バルミューダとソフトバンクはBALMUDA Phoneの販売を1月14日から順次再開する。

 なお、既にBALMUDA Phoneを利用しているユーザーは、端末のソフトウェアを更新しないと「技術基準適合証明(技適)」の認証適合条件にそぐわない状態で端末を使い続けることになってしまう。14日以降、速やかにソフトウェア更新を適用しよう。

販売再開 バルミューダではWebとブランドショップ(BALMUDA The Store Aoyamaを含む)における販売を1月14日から再開する
販売再開 ソフトバンクでも1月14日から販売を再開する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年