ソニー、Android搭載の最上位ウォークマン「NW-WM1ZM2」を3月25日発売 約40万円

» 2022年02月09日 15時17分 公開
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ソニーは、ウォークマンの新型「NW-WM1ZM2」(256GB)を3月25日に発売する。既に予約を受け付けている。ソニーストア価格は39万6000円(税込み、以下同)。

 本製品は、ソニーが長年培ってきたアナログとデジタルの高音質技術を結集した「Signature Series(シグネチャーシリーズ)」のフラグシップモデル。2016年発売の「NW-WM1Z」の後継に相当する。

walkman ウォークマンWM1シリーズ(Signature Series)「NW-WM1ZM2」
walkman NW-WM1ZM2の背面

 フルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載し、DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)、リニアPCM(最大384kHz/32bit)のハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源の再生に対応する。JEITA統一規格であるφ4.4mmのヘッドフォンバランス端子も搭載する。

 本体には、不純物の少ない厳選した素材を使用し、シャシーの抵抗を大幅に低減した他、全ての接合部に高音質ハンダを採用。加えて、オーディオブロックの電源のバイパスコンデンサー全てにFTCAP3(新開発高分子コンデンサー)を搭載するなど、電源強化による高音質化を果たしたという。

walkman NW-WM1ZM2の内部構造
walkman FTCAP3(新開発高分子コンデンサー)。据え置きオーディオ機での開発ノウハウを生かし、耐振動性を高めた他、新開発の大容量固体高分子コンデンサーが急激な電圧低下を防ぐことで、正確な信号出力を可能にする
walkman 4芯編み構造の太いケーブルを使用し、力強く滑らかな音質を実現したとのこと

 OSにはAndroidを採用し、Wi-Fi経由でAmazon MusicやApple Musicなどのストリーミングサービスを利用したり、Google Playストアからアプリをダウンロードしたりできる。

5.0型HD(720x1280ピクセル)液晶ではタッチ操作が行える。全てのPCM音源を11.2MHz相当のDSD信号に変換する「DSDリマスタリングエンジン」を新たに搭載している。

 この他、筐体に総削り出しアルミシャシーを採用した「NW-WM1AM2」(128GB)も同日発売予定。ソニーストア価格は15万9500円。

walkman ウォークマンWM1シリーズ「NW-WM1AM2」
walkman NW-WM1AM2の背面
walkman 環境に配慮したパッケージを採用
walkman NW-WM1ZM2/NW-WM1AM2専用レザーケース 「CKL-NWWM1M2」も発売予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. 「ポケモンGO」大幅アップデート より自分に近いスタイル変更、現実世界を反映したビジュアルなど (2024年04月16日)
  2. ソフトバンク版iPhone 15 Pro、Pixel 8 Proの一部容量が実質24円 1年で買い替える人向け「新トクするサポート(プレミアム)」の内訳とは (2024年04月17日)
  3. 縦折りスマートフォン6機種のスペックを比較する サイズ/カメラ/価格の違いは? (2024年04月17日)
  4. Back Marketの「リファービッシュ製品」が中古と違うワケ 売れ筋はiPhone 13、バッテリー“100%保証”の計画も (2024年04月17日)
  5. 「なめてんの?」前澤友作さん、Metaの“他責的声明”に激怒 著名人なりすまし広告問題で (2024年04月17日)
  6. HMDとハイネケン、透明で“退屈な”折りたたみ携帯を発表 (2024年04月17日)
  7. ソフトバンク、「新トクするサポート(プレミアム)」を4月18日に開始 対象機種は? 現行プログラムとの違いは? (2024年04月16日)
  8. ガストの「テーブル決済」をPayPayで試してみた 便利だけど思わぬワナも (2024年04月14日)
  9. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  10. スマホでブレの少ない写真を撮りたいなら持ってて損なし! 「CP+2024」で展示されていた便利アイテムをチェック (2024年04月16日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年