auのオンラインブランド「povo」の意味は? 現在の仕組みや生まれた理由も紹介モバイルIT用語辞典

» 2022年12月11日 10時00分 公開
[雪城あさぎITmedia]

 2021年3月にauが提供を始めたオンラインブランド「povo」。独自のオプション「トッピング」を組み合わせる仕組みの他、同年9月に「povo2.0」として月額料金を0円とするなど、独特な取り組みが特徴的なブランドだ。

 この「povo」という言葉は、「point of view」=「視点」と、ラテン語の「ab ovo」=「卵から/最初から」という意味を組み合わせた造語だ。新たな視点によるサービスの誕生や、成長を意味しているという。

povo povoのロゴ

 マスコットともいえるキャラクターは白い卵がモチーフで、トッピングの増加に応じてさまざまな姿へ変化する。

povo povoのマスコット

 2020年ごろから総務省が継続して取り組んできた、携帯電話料金の低減や手続きの簡素化などを目指す「アクション・プラン」により生まれたといえるpovo。2021年9月29日にpovo2.0の提供を始めて月額料金を0円とし、24時間だけのデータ容量無制限トッピングや大容量かつ長期間のデータ容量を追加するトッピングを提供している。「1.0」での基本料金は月額2728円(税込み)だった。

povo povoの概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月20日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー