縦折りスマホ「motorola razr 40 Ultra」7月21日発売 3.6型の大きなアウトディスプレイ搭載 15万5800円

» 2023年07月06日 14時03分 公開
[田中聡ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 モトローラ・モビリティ・ジャパンが7月6日、折りたたみスマートフォンの新モデル「motorola razr 40 Ultra」を発表。7月21日に発売し、MOTO STOREでの価格は15万5800円(税込み)。他に、IIJやAmazonでも取り扱う。カラーはインフィニットブラックの1色で展開する。

motorola razr 40 Ultra 縦折りのスマートフォン「motorola razr 40 Ultra」

 縦向きに折りたたむmotorola razr 40 Ultraは、3.6型(1056×1066ピクセル)で144Hz駆動のアウトディスプレイを搭載しており、閉じた状態でもブラウザやスマホ決済などのアプリを使ったり、コンテンツを楽しんだりできる。メインディスプレイは165Hz駆動の6.9型(1080×2640ピクセル)有機ELを搭載。本体を自由な角度で開き、自立させることができるので、動画の視聴や撮影がしやすくなる。

motorola razr 40 Ultra 開いた状態の表側(左)と裏側(右)
motorola razr 40 Ultra ディスプレイは好みの角度に固定できる
motorola razr 40 Ultra アウトディスプレイに表示したアプリやコンテンツ。時刻の確認や音楽操作はもちろん、スマホ決済、メッセージ送信、ナビゲーションなども利用できる

 プロセッサはSnapdragon 8 Gen1、メインメモリは8GB、内蔵ストレージは256GBを備える。外部メモリスロットは搭載していない。3800mAhのバッテリーを内蔵しており、30Wの急速充電、5Wのワイヤレス充電(Qi)にも対応している。Dolby Atmos対応のステレオスピーカーも備えている。

 アウトカメラは1200万画素メインカメラと1300万画素超広角カメラの2つで構成される。3200万画素のインカメラは、素早くピントを合わせられるデュアルピクセルPDAFに対応している。

 本体のサイズは開いた状態が約73.95(幅)×170.83(高さ)×6.99(奥行き)mm、閉じた状態が約73.95(幅)×88.42(高さ)×15.1(奥行き)mm、重量は約188g。IP52の防滴・防塵(じん)に対応している。なお、おサイフケータイには対応していない。生体認証は顔認証に加え、側面の指紋センサーを利用した指紋認証が利用できる。

 SIMはnanoSIM+eSIMのデュアルSIMに対応している。対応バンドは4GがLTE B1、B2、B3、B4、B5、B7、B8、B12、B13、B17、B18、B19、B20、B25、B26、B28、B32、B34、B38、B39、B40、B41、B42、B43、B48、B66、5Gがn1、n3、n5、n7、n8、n20、n28、n38、n41、n66、n77、n78、n79。

 motorola razr 40 Ultraの購入者特典として、「ディスプレイ破損1回無料サポート」が付帯する。落下や衝撃などの外的要因によってディスプレイが破損、故障した場合、保証期間中に1回、ディスプレイ部品を無料で交換する。保証期間は製品購入から1年間。なお、自然故障はや水ぬれなどは保証適用外となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー