光るスマホNothing Phone (2a) に「Special Edition」登場 国内版はFeliCa対応で5万5800円

» 2024年05月29日 21時00分 公開
[金子麟太郎ITmedia]

 英Nothing Technologyは「Nothing Phone (2a) Special Edition」を日本で6月中旬以降に発売する。メモリ/ストレージの容量は12GB/256GBのみで、価格は5万5800円(税込み、以下同)だ。既にロンドン直営店が販売している。

NothingPhone2a 「Nothing Phone (2a) Special Edition」。透明感はそのままに、3色を使いデザインしたモデルとなる

 Phone (2a) Special Editionは3月に登場したNothing Phone (2a)をベースとし、ロンドンのキングスクロスを拠点とするインダストリアル・デザイン・チームがレッド、イエロー、ブルーの3色を用いてデザインしたスマートフォン。

 Nothing製品でレッドはNothingの全オーディオ製品の右イヤホン、イエローは新製品のEar (a) 、ブルーはごく最近にインドでの限定発売が発表されたPhone (2a) Blueに使われていた色。この3色が1つの製品に配色されるのは今回が初めてだという。

 同社でデザインディレクターを担当するAdam Bates氏は「Phone (2a) Special Editionを発表できることを大変嬉しく思います。私たちがこれまでの製品に用いてきたレッド、イエロー、ブルーという三原色が持つ可能性を追求した初の製品です。そのデザインは、過去の偉大なデザイナーたちのオマージュでありながら、スマートフォンとしての新しい表現を生み出しています。Phone (2a) Special Editionは、単なる機能デバイスを超え、印象的なアート作品に昇華した存在です」とコメントした。

 なお、日本向けのモデルはモバイルFeliCaに対応する。いずれのモデルも数量限定で販売される。Special Editionの価格はPhone (2a)の12GB/256GBと同じで、値上げはない。

 通知や音量調整が視覚的に分かる「Glyphインタフェース」、5000万画素のアウトカメラ、MediaTekの「Dimensity 7200 Pro」(TSMCの4nmプロセス)、6.7型の有機ELディスプレイを搭載する。NothingまたはCMF by Nothingのオーディオ製品とペアリングすると、イヤフォンだけでChatGPTを起動し、利用できるようになる。

NothingPhone2a Nothing Phone (2a) Special Editionの特徴

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー