IntelとAMDの値下げ競争がいよいよ激化?――Ultimate α+がいま登場するワケ古田雄介のアキバPickUP!(4/4 ページ)

» 2007年04月09日 11時00分 公開
[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

押し下げ45グラムの軽いタッチがゲーマーに人気

東プレ「Realforce 108UH(SA0100)」

 先週の木曜日から、東プレの108キーボード「Realforce 108UH」が発売されている。価格は2万円弱で、在庫は少数。エルザ製と同じく、「初期不良のクレームを受けたことがない」(TSUKUMO eX.)と、ショップに受けがいいシリーズだ。

 Realforce 108UHは、無接点静電容量方式を採用した日本語キーボードで、インタフェースはUSB。従来モデルの「Realforce 106UB」に、WindowsキーとApplicationキーを追加し、計108キーになっている。また、押し下げ特性が45グラムになったのも特徴だ。「同方式のキーボードは55グラム前後が普通です。45グラムならタッチ感がより軽くなり、楽にタイピングできます」(TSUKUMO eX.)という。

 高価なキーボードだが、文章を大量に入力するビジネスユーザーだけでなく、ゲーマーにも根強い人気があるという。TSUKUMO eX.は「3キーを同時押ししても、確実に入力できるのが受けていますね。安めのキーボードは入力ミスが起きやすいので、FPSでは命取りになるのです」と話した。

Windowsキーが追加され、VistaやXPでショートカットが普通に使える
製品名:東プレ「Realforce 108UH(SA0100)
入荷ショップ
パソコンショップ・アーク1万9740円
高速電脳1万9800円
T-ZONE.PC DIY SHOP1万9800円
TSUKUMO eX.1万9800円
BLESS秋葉原本店1万9800円
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー