ニュース
» 2007年09月03日 13時00分 公開

2007年PC秋冬モデル:人気のUMPCがワンセグ/Vista搭載で店頭に登場――「FMV-BIBLO LOOX U」

今秋から晴れて店頭モデルに追加された「FMV-BIBLO LOOX U」。OSをVistaに変更するとともに、ワンセグ機能を搭載し、カラバリ展開も行う。

[前橋豪,ITmedia]
店頭向けに2色で展開されるFMV-BIBLO LOOX U50X/V

 富士通は9月3日、コンバーチブル型ボディを採用する超小型ノートPC「FMV-BIBLO LOOX U50X/V」を発表した。店頭向け製品のカラーバリエーションとして、セルリアンブルーのモデル「FMVLU50XVC」とダイアモンドブラックのモデル「FMVLU50XVB」が用意され、いずれも9月6日の発売予定だ。価格はオープン、実売価格は15万円前後と予想される。

 モデルチェンジの特徴は、プリンストールOSがWindows XP Professional(SP2)からWindows Vista Home Premiumに変更された点と、ワンセグチューナーを内蔵した点だ。本体サイズは標準バッテリー搭載時で171(幅)×133(奥行き)×26.5〜32(高さ)ミリと従来通りだが、ワンセグチューナーの内蔵によって重量は約599グラムと約19グラム増となった。56個のキーを備えたQWERTY配列のキーボードやヒンジ部のクリックボタンとスティックポイントによるユーザーインタフェースに変更はない。

 基本スペックは従来機を継承している。IntelのUMPC向けプラットフォーム「Intel Ultra Mobile Platform 2007」に準拠し、CPUはIntel A110(800MHz)を、チップセットはグラフィックス機能統合型のIntel 945GU Expressを引き続き搭載する。ディスプレイ部も同様で、LEDバックライトを搭載したタッチパネル式5.6インチワイド液晶(1024×600ドット)だ。1.8インチタイプのHDDについては、従来の30Gバイトから40Gバイトに増強された。

ワンセグのアンテナは右側面に収納されており、視聴時はアンテナを引き出して使う(写真=左)。液晶ディスプレイは1024×600ドット表示の5.6インチワイドパネル(写真=中央)。キーボードの配列やキーボードライトは従来通り(写真=右)

 ネットワーク機能は100BASE-TXの有線LANとIEEE802.11a/g/bの無線LANを装備。有線LANとアナログRGB出力を接続する変換ケーブルが付属する。バッテリー駆動時間は、標準バッテリー(7.2ボルト 2600mAh)で約3.8時間、別売のバッテリーパックL(7.2ボルト 5200mAh)で約7.7時間。バッテリーパックL装着時は、重量が約704グラム、奥行きが154ミリとなる。

 なお、直販モデルではWeb限定カラーとして、新色のラズベリーや既存のレザーホワイトが選べるほか、ラズベリーカラーでBluetoothを内蔵したモデルも用意される。そのほか、カラーはレザーホワイトのみになるが、Windows XP Professional(SP2)搭載のモデルも継続販売される。

店頭標準カラーのセルリアンブルー

店頭標準カラーのダイアモンドブラック

直販専用のラズベリー

直販専用のレザーブラック

FMV-BIBLO LOOX U店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
FMV-BIBLO LOOX U U50X/V(2色展開) 1スピンドル マイナーチェンジ A110(800MHz) 1024MB 40GB Home Premium 15万円前後
FMV-BIBLOの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
FMV-BIBLO LOOX U U50X/V(2色展開) 5.6インチワイド 1024×600 Intel 945GU チップセット内蔵 ワンセグ 約599グラム

関連キーワード

FMV | BIBLO | LOOX | ワンセグ | Windows Vista | 富士通 | UMPC


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう