ニュース
» 2009年11月24日 11時55分 公開

いろいろあってハイエンドグラボが激レア状態に古田雄介のアキバPickUp!(2/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

GeForce GT240が登場! ……ただし注目は品薄傾向のGTX 295/285に

クレバリー1号店に並んだGeForce GT240カード

 先週、NVIDIAの新GPU「GeForce GT240」を搭載したグラフィックスカードが、複数のメーカーから一斉に発売された。GeForce GT240はすでに発売されているGT220や210の上位となるGPUで、Direct X 10.1に対応している。標準仕様のカードはDDR3メモリを1Gバイト搭載するタイプと、512MバイトのGDDR5メモリを積むタイプがある。両タイプの価格差はなく、メーカーによって9000円弱から1万2000円強の価格差がある。在庫は潤沢だ。

 多くのショップで「目立った売れ行きはなく、徐々に浸透していけばいいかなという感じですね」(クレバリー1号店)とのコメントを得ており、注目度はそれほど高くない様子だった。フェイス秋葉原本店は「平均価格があと1000円安かったら、GeForce 9800シリーズと入れ替わるカタチでヒットしたかもしれません。DirectX 10.1に対応するなどの強みはありますが、現時点では割高に感じている人が多いように思います。7000円台のモデルなどが登場したら人気になるかも」と話していた。

 その一方で、GeForceのハイエンドGPUはにわかに注目度を上げている。前ぺージで紹介したTSUKUMO eX.のコメントにあるように「『じゃあ、同じデュアルGPUのGeForce GTX 295カードを買おう』というのも難しい状況」にあるためだ。

 ツートップ秋葉原本店は「Windows 7を1つのきっかけとして、GeForce GTX 285や295などのハイエンドグラフィックスカードを求めている人が増加しています。ゲームによってはGeForce系のほうが良いスコアを出すこともあるので、RadeonではなくGeForceのハイエンドを狙うというゲーマーは今も少なくないんですよ。しかし、それらのGPUは現在品薄で入手が難しい状況です。ウチにもGALAXYのGTX 285カードが少数入荷しましたが、これが年内最後の入荷になる可能性もあるくらいです」と語る。

 入荷しにくい理由についてはさまざまなウワサが流れているが、次のような回答が特に多かった。「夏から秋にかけて、GTX 285/295の需要がほとんどなく、各ベンダーからNVIDIAに受注がなかったそうです。それで生産ラインを減らしたところで需要が急増。工場での生産が追いつかず、元通りのペースで出荷できるのが遅くなっているらしいです」(某ショップ)とのこと。また、一部のメーカーから大量受注を受けたために、カード単品で出荷する数量が確保できない可能性があるといった趣旨の話も聞いた。どちらにしろ、チップ単位で生産が需要に追いついていない状況にあるようだ。

 とはいえ、「Radeon HD 5800/5900シリーズに比べれば、まだ入手しやすい状況です。アキバのショップを探し回れば複数のメーカーのモデルが見つかるでしょう。このまま需要が増えていけば厳しいですが、年明けくらいには解消しているといいなと思っています」(TSUKUMO eX.)と語った。

ツートップ秋葉原本店に入荷したGeForce GTX 285カード(写真=左)。T-ZONE.PC DIY SHOPに張り出されたグラフィックスカードの価格表にはGTX 285の再入荷を知らせる紙が付け足されていた。品薄の状況を物語っている(写真=中央)。TSUKUMO eX.に並ぶGeFroce GTX 295カード。GTX 285以上に流通量が少なくなっている(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.