ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Athlon II」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Athlon II」に関する情報が集まったページです。

月刊乗り鉄話題(2018年7月版):
「NOSTALGIC TRAIN」でバーチャルな乗り鉄を楽しもう これ、涙が出るほど懐かしい……
なぜこんなにも「懐かしい」のか……作者さんにインタビュー。こんな乗り鉄の楽しみ方もいかがでしょう。(2018/7/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
シングル最速グラフィックスカードやTDP 9ワットのCPUつきマザーが登場
6Gバイトメモリを搭載したRadeon HD 7970カードや、AMD C-60を搭載するmini-ITXマザーなど、各用途で最高クラスの性能を持つ新製品が複数登場。何に使うかはアイデア次第。(2012/9/3)

ほほう、これは楽しい:
新しいiPadとの相性はどう? 地デジ内蔵無線LANルータ「Wi-Fi TV」検証
iPadなどを手軽に地デジ化できる、実売1万円台の地デジチューナー内蔵無線LANルータが登場。無線接続で家中どこでも、お風呂テレビ・寝ながらテレビも自由自在な「Wi-Fi TV」の使い勝手をチェックした。(2012/4/19)

日本でもついに発売:
「未来のサービスを現実へ」――日本サムスン、テーブル型PC「SUR40」発表会
日本サムスンは、マイクロソフトのSurface 2.0に対応したテーブル型PC「SUR40」を発表した。赤外線で位置を検知するタッチパネルを採用し、52点の多点認識を実現した。(2012/3/2)

5分で分かった気になるアキバ事情:
“新世代”に切り替わる兆しが多かった1月のアキバ
Radeon HD 7000シリーズのハイエンドGPUが登場した1月。CPUでも、Phenom IIが急速に姿を消し、C2ステップのSandy Bridge-Eが出回るなど、新旧交代の動きが目立った。(2012/2/1)

2011年のアキバ(後編):
「予想できなかった」アキバの1年を振り返る
大震災以降は街全体を揺るがすような事態は訪れなかったが、タイ洪水の影響に代表される大きな変動はあった。ベテラン店員は「こんなの予想できるわけがないですよ」とつぶやく。(2011/12/30)

高密度と優れたコストパフォーマンス:
PR:最大16コアのAMD Opteron 6200シリーズを搭載したデルの最新のサーバが登場
AMD Opteronプロセッサを搭載するデルの「PowerEdge」サーバの新モデルが発表された。新CPUの特長を最大限に生かしたPowerEdgeサーバは、ユーザーに優れたパフォーマンスとコストメリットを提供するという。日本AMDとデルの担当者がその魅力に迫る。(2011/12/12)

MicrosoftとSamsung、テーブル型PC「Surface」の新モデルを年内発売
Microsoftのタッチパネル付きハイテクテーブル「Surface」の新モデルはSamsung製で、価格はオープン。23カ国(日本は含まず)で年内に発売する。(2011/11/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
「小さいは正義」――標準より6センチ短いGTX 560 Tiカードが話題に
同じ性能なら、かさばるものよりコンパクトなもの。そうしたニーズをうけて、エルザから長さ17センチのGeForce GTX 560 Tiカードが登場した。mini-ITXマザーと同じ長さだ。(2011/10/11)

5分で分かった気になるアキバ事情:
“限界突破”を連発した9月のアキバ
9月のアキバは、DDR3の値下がりが加速する中で1枚8Gバイトのメモリが出回ったり、統合プロセッサ「Llano」でTDP 100ワットを大幅に切る低消費電力モデルが登場したりと、従来の限界を越える目玉パーツがみられた。(2011/10/6)

レノボ、法人向けの20型ワイド液晶一体型PC「ThinkCentre M71z All-In-One」
レノボ・ジャパンは、ビジネス向けとなる20型ワイド液晶一体型デスクトップPC「ThinkCentre M71z All-In-One」など2製品を発表した。(2011/9/27)

イマドキのイタモノ:
3コアのFusion APUってどうなのさ? 「A6-3500」で確かめる
Fusion APUのAシリーズにトリプルコアモデルが登場した。コストパフォーマンスを高めるための3つのコアの“立ち位置”をAシリーズで比較する。(2011/9/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
「ブレイク直前! を連発している感じ」――TDP 65ワットの「Llano」が登場
GPUとCPUを統合したAMDのLlanoは、多くのショップからブレイク候補に推されるものの、「ラインアップが充実すれば」「知名度が高まれば」など最後の一押し待ちといった状況が続いている。そこに、TDPが従来品より大幅に下がった新モデルが投入された。はたして・・・…!?(2011/9/12)

AMD、Fusion APUトリプルコア「A6-3500」を日本でも
AMDは、9月9日にデスクトップPC向けLlano/Lynxシリーズ「A6-3500」の日本向け出荷を開始した。また、CPU購入者対象のキャンペーンも始まる。(2011/9/9)

“Sabine”のコストパフォーマンスは?:
もはや“3万9900円のノートPC”でもここまで使える時代――「HP Pavilion g6-1100AU」に驚く
ついこの前までNetbookでワイワイ騒いでいたかと思ったが、気が付けば、もっと“使える”ノートPCまで驚くほど安くなっていた。その代表格ともいえる1台をレビューする。(2011/8/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これでAMDが巻き返すかも」――評判上々の「Llano」がデビュー!
「面白いけど微妙」「微妙だけど個人的に好き」など、アキバでは“ちょっと抜けているけどいい奴”キャラで語られることが多い(ような気がする)AMDだが、先週登場したGPU内蔵CPU「Llano」の評価は今までと違うようだ。(2011/7/4)

イマドキのイタモノ:
自作PCユーザーが使える“デスクトップ版Llano”はどこまで遊べる?
Zacate、Ontario、SabineとノートPC向けが先行したAMDのFusion APU。ようやく自作PCユーザーが使えるLlanoがやってきた。待たされただけのことはあったのかなかったのか!(2011/6/30)

5分で分かった気になるアキバ事情:
AMDとHDDが“次のステージ”を予感させた6月のアキバ
最大容量の3TバイトHDDが1万円割れした6月、AMD陣営は「AMD 990」マザーを投入し、「A75」マザーを発表した。自作PCの選択肢が1つ先の時間軸に移るような動きがいくつかあり、今後のトレンドを予感させている。(2011/6/30)

eMachines、実売約6万円の20型ワイド液晶付きスリムデスクトップ「EL1870」など4製品
日本エイサーは、2011年夏モデルとなるeMachinesブランドモデルのデスクトップPC計4製品を発表した。(2011/6/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
「AMDの盛り上がりに期待してますよ……夏の終わりに」――AMD 990FX搭載マザーが登場!
AMDの次世代CPU「Bulldozer」に対応する新チップセット「AMD 990FX」を搭載したマザーボードが登場したアキバ。ただし、肝心のCPUは姿を見せる気配がなく、多くの店員さんが首を長くしていた。(2011/6/6)

価格は4万円台:
クレバリー、省スペース・省電力志向のミニスリムPC
クレバリーは、Mini-ITXケースを採用したデスクトップPC 2モデルを発売した。(2011/6/1)

2011年PC夏モデル:
セパレート型はフルモデルチェンジ、日本HPの2011年PC夏モデル
日本HPがセパレート型PCのデザインを一新。BTOオプションに最新GPUを追加するなど、ハイエンドユーザーに対応したラインアップとなっている。(2011/6/1)

2011年PC夏モデル:
ディスプレイを傾けてタッチ操作できる「HP TouchSmart 610 PC」など、日本HPの2011年PC夏モデル
日本HPが液晶一体型PCのラインアップを一新。液晶ディスプレイが最大30度傾斜する“ピタゴラスイング”機構を備えたタッチ対応モデルが登場した。(2011/6/1)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年5月9日〜5月15日):
Intel Z68マザー登場で、“自作PCリプレース”需要増の傾向も
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年5月第4週版】(2011/5/31)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年5月9日〜5月15日):
Intel Z68マザーが好調、登場早々人気に
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年5月第3週版】(2011/5/24)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
Athlon II搭載PCはチキンカレー何杯分?
この連載で、中国PCの販売価格を「生活感覚」で体感するために「チャーハン何杯分」で示したことがある。となれば、インドなら当然“カレー”でしょう!(2011/5/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年4月25日〜5月8日):
「999円」のUSBワンセグチューナーがランクイン
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年5月第1、第2週版】(2011/5/17)

レノボ、「ThinkPad Edge 11”」量販店モデルにAthlon II Neo搭載モデルを追加
レノボ・ジャパンは、「ThinkPad Edge 11”」量販店モデルにAMD製CPU搭載モデルを追加した。(2011/5/17)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年4月18日〜4月24日):
連休は“自作”しましょう、AMDシステムや“省電力系”のニーズも増加
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年4月第4週版】(2011/5/6)

PC販売ランキング(2011年4月18日〜4月24日):
GWにPC買うなら──NECと富士通が浮上、ノートPC人気に若干の変動
今回は大型連休直前の集計。PCの販売状況はランクインする顔ぶれこそ変わらないが、若干順位の入れ替えが起こっている。【2011年4月第4週版】(2011/5/2)

PC販売ランキング(2011年4月11日〜4月17日):
ランキングに大きな変動なし、“Sandy Bridge”モデルはやや伸び悩みの傾向か
4月も半ば、PC春モデルの販売ランキングは大きな変動がなくなり、TOP10圏内で細かく順位が入れ替わる程度になってきた。【2011年4月第3週版】(2011/4/22)

PC販売ランキング(2011年4月4日〜4月10日):
PC春モデルが早くも値下げ傾向、A4ノートPCの売れ筋は実売8万〜9万円台のモデル
PC春モデルがほぼ出そろい、順位の変動は少なくなっている。同時に、4月に入り多くの店舗で春モデルをかなり値下げして販売する動きが見られる。【2011年4月第2週版】(2011/4/15)

イマドキのイタモノ:
自作PCだから楽しめる“節電チューニング”入門
「みんなで節電!」という大義名分とは一切関係なく、自作PCユーザーは、節電チューニングの“ジワジワ感”でいつもと変わりなく楽しむのであった。(2011/4/14)

PC販売ランキング(2011年3月28日〜4月3日):
PC春モデル、ノートPCは「LaVie S」/デスクトップは「dynabook Qosmio D710」が人気
今回は2011年度1回目の集計。PC売れ筋の大まかな傾向に変化はないが、“Sandy Bridge”世代のモデルがじわじわ浮上するなど、若干の順位変動があった【2011年4月第1週版】(2011/4/8)

PC販売ランキング(2011年3月21日〜3月27日):
“Sandy Bridge”の新モデルも順調にランクイン──中でも人気は?
3月後半になり、売れ筋の大半は2011年の春モデルとなった。少し出遅れぎみだった“Sandy Bridge”世代の新モデルもじわじわ順位を上げている。【2011年3月第4週版】(2011/4/1)

PC販売ランキング(2011年3月14日〜3月20日):
ノートPCも“Sandy Bridge”モデルが初登場、現在の売れ筋は実売10万円前後のスタンダードPC
PCの販売状況は、新生活需要を担う春の新モデルが活況。ノートPCはTOP10圏内がすべて春モデルで占められた。【2011年3月第3週版】(2011/3/28)

PC販売ランキング(2011年2月28日〜3月13日):
PC春モデルの売れ筋争いにSandy Bridge/アップル製品も参戦、「MacBook Pro」がランクイン
3月に入り、PCの売れ筋は2011年PC春モデルへ順調に移行している。今回はノートPCの9割、デスクトップPCの8割が2011年発売の新モデルが占めた。【2011年3月第1週、2週版】(2011/3/22)

PC販売ランキング(2011年2月21日〜2月27日):
ようやくPC春モデルが売れてきた──ランキング一変、ノートPCは8割が新モデルに
春商戦を担うPC春モデルがランキングの上位を独占し、新旧モデルの売れ筋が逆転。ノートPCはランキングの8割を春の新モデルが占めた。【2011年2月第4週版】(2011/3/4)

PC販売ランキング(2011年2月14日〜2月20日):
春のPC新モデルがググッと浮上──現在の人気モデルは?
未定だったPC各メーカーによる新CPU搭載モデル発売日が晴れて決まり、心配された“インテルショック”は収束方向に向かいつつある。また、それ以外の新モデルもランキングの上位に浮上してきた。【2011年2月第3週版】(2011/2/25)

PC販売ランキング(2011年2月7日〜2月13日):
春のPC新モデル、ようやく少しずつランクイン──デスクトップPCで2モデル
2月も半ばにさしかかり、PCメーカー各社の2011年春モデルは“Sandy Bridge”以外の多くが発売された。ただ、売れ筋はまだ2010年秋冬モデルで占められている。【2011年2月第2週版】(2011/2/18)

エイサー、実売約4万円のAthlon II X2搭載スリムデスクトップ
日本エイサーは、eMachinesブランドモデルとなるスリム筐体採用デスクトップPC「EL1352-F22C」を発売する。(2011/2/18)

イマドキのイタモノ:
「Zacate」は“いい”mini-ITXマザーボードになれるのか
Fusionの省電力モデル“Zacate”ことAMD Eシリーズを搭載するマザーボードが市場に登場してきている。その多くはmini-ITXだが、その性能はどうなのか?(2011/2/18)

クレバリー、PhenomII X6搭載のキューブ型ゲーミングPCなど4製品
クレバリーは、キューブ型筐体を採用したゲーミングデスクトップPC「G-Maximum Cube」シリーズの新モデル計4製品を発表した。(2011/2/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
「ちょっとだけAMDのターン」――Phenom II X4&X6が価格改定
新生活準備シーズン中の販売再開が危ぶまれるP67/H67マザーに対して、AMDはPhenom II X4/X6の価格改定を実施した。これによってどんなトレンドが発生したのだろうか?(2011/2/14)

PC販売ランキング(2011年1月24日〜1月30日):
春の新機種、“1モデルだけ”ランクイン──新チップセット不具合による影響が心配
PC各社より春商戦向け新モデルが発売されているが、順位変動の状況は例年よりやや遅め。インテル新チップセットの不具合で発売未定・延期となったモデルも多くあり、今後の春商戦の動向にかなりの影響を及ぼしそうだ。【2011年1月第5週版】(2011/2/4)

PC販売ランキング(2011年1月17日〜1月23日):
PCは新旧モデルの入れ替え期、売れ筋傾向に変化は?
春のPC新モデルがいくつか発売され、そろそろ売れ筋の傾向が変化してくる時期になってきた。今回はどのモデルがトップだっただろうか。【2011年1月第3週版】(2011/1/28)

PC販売ランキング(2011年1月10日〜1月16日):
新モデル登場直前の値下げ効果か、現行モデルの上位機種に人気集まる
PC各メーカーより2011年春商戦向けの新モデルが発表され、発売日も近づいてきた。新モデル登場直前の今回は、現行モデルの上位機種が順位を上げる動きを見せた。【2011年1月第3週版】(2011/1/21)

PC販売ランキング(2011年1月3日〜1月9日):
PC春モデルもうすぐ登場──現モデルにじわじわ“値下げ”傾向、順位変動も
年明け早々、複数のメーカーより春商戦向けのPC新モデルが発表された。それに応じて現行モデルを値引き販売する店舗もあり、ノートPCの人気傾向に若干の変動が見られた。【2011年1月第2週版】(2011/1/14)

2011年PC春モデル:
CPU性能を強化したカラフルノートPC――「VAIO E」
15.5型/14型ワイド液晶を搭載する「VAIO E」の春モデルは、従来同様の多彩なカラーバリエーションをそろえつつ、CPU性能を強化した。(2011/1/12)

2011年PC春モデル:
Athlon II搭載の14型ベーシックノートPC――「FMV LIFEBOOK LH」
14型サイズの「FMV LIFEBOOK LH」は、求めやすい価格帯のベーシックノートPCとしてAMDプラットフォームを採用して展開する。(2011/1/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。