連載
» 2011年11月02日 09時00分 公開

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8(まだ仮称)」:「Windows 8 Developer Preview」を仮想環境に導入する (4/4)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

ここまできたら、ホストOSと仮想OSでファイルもやり取りしておきたい

 以上が、VirtualBoxを使ったWindows 8 DPのセットアップ方法だ。ついでにこの勢いに乗じて「VirtualBox Guest Additions」と呼ばれるツールもセットアップする。これは、仮想マシンとホストOSでファイルをやりとりするインタフェースを用意したり、仮想マシン上で適切なドライバを追加インストールするツールキット的なものだ。以前のバージョン(ver.4.1.2)では、Windows 8 DPにインストールできなかったという報告もあるが(インストールを拒否される)、現行のver.4.1.4では不完全ながらインストールできるようだ。

VirtualBox Guest Additionsのインストールは、実行中の仮想マシンから「デバイス」→「Guest Additionsのインストール」で行う。または、仮想CD/DVDドライブにGuest AdditionsのISOファイルをマウントさせて、その中の実行ファイル(VBoxWindowsAdditions.exe)を呼び出せばいい(写真=左)。なお、Guest AdditionsのISOファイル(VBoxGuestAdditions.iso)は、VirtualBoxをインストールしたホストマシンのディレクトリの中にある(写真=右)

インストール自体はほぼフルオートなので、「Next」ボタンを押すだけでいい(写真=左)。なお、本来であればGuest Additionsのインストールでグラフィックスドライバが追加され、解像度の変更画面でワイド画面の選択が可能になるはずだが、現バージョンではそのような変化はなかった。だが、仮想マシンでデフォルトの解像度(SVGA:800×600ドット)では、Metroスタイルのアプリが起動できないため、XGA(1024×768ドット)以上に変更しておく。解像度の変更方法は、Windows 8 DPのスタート画面で「Desktop」を選択し、背景でマウスを右クリックして表示されるメニューから「Screen Resolution」を選ぶ

 ここまでの手順で、Windows 8を最低限利用する環境が整ったはずだ。次回は、Windows 8 DPを直にインストールするときの注意事項、そしてWindows 8の新機能である「Windows To Go」と呼ばれるOSをUSBスティックに保存して持ち運ぶ方法を紹介しよう。Windows 8そのものの操作方法や設定方法についても、今後の連載で紹介していく予定だ。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう