ニュース
» 2011年12月10日 08時23分 公開

冬ボを狙った歳末セールが花盛り!――“本気”の限定特価があふれるアキバ週末アキバ特価リポート(2/2 ページ)

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2       

あの分離型タワーケースが半額に!――展示ケースの放出特価も見逃せない

TSUKUMO eX. 5階の展示処分ケース

 新品の特価とともに、展示機の処分特価にも注目しておきたい。特に狙うべきはPCケースだ。PCケースは店内で場所をとるため、新たなモデルが登場するたびに、旧作が処分品にあがりやすい。また、店頭展示される時点で定番モデルや話題作だった可能性が高く、全体的に粒ぞろいになる傾向がある。

 先のTSUKUMO eX.の5階には、展示処分扱いのPCケースがズラリと並んでいた。なかでも注目は、Cubitekの分離型ATXケース「Magic Cube」だ。光学ドライブとHDDケース、マザーケースの3部品に分離した変わり種モデルで、2011年4月に約3万円で登場した。展示処分価格は1万4800円。

 同店は「30台限定の実験的なモデルでしたが、少し新しすぎたところはありますね。箱と付属品がそろっていて、メーカー保証もつくので、興味がある人には是非使ってもらいたいです」と話していた。

 そのほかにも、Abeeのタワーケース「AS Enclosure 700」が2万9800円(通常4万2980円)、チタンカラーが目を引くオウルテックのATXケース「OWL-PCA380」が6980円(通常1万2800円)と、大幅に値引きされた製品が所狭しと並んでいる。

Cubitek「Magic Cube」(写真=左)。Abee「AS Enclosure 700」(写真=右)

 フェイス秋葉原本館にも同様のケースが多数並んでいた。「目玉モデルはすぐに売れてしまいますが、代わる代わる追加しているので、何かしら響く製品もあると思いますよ」という。取材時に目立っていたのは、シルバーストーンの煙突構造ケース「SST-RV02B-W」。通常1万8970円から、1万3970円にダウンしていた。

 そのほかのショップでも、PCケースの展示処分品は目に付きやすいので、歳末セールと一緒に是非チェックしてみよう!

フェイス秋葉原本店の展示処分品コーナー(写真=左)。シルバーストーン「SST-RV02B-W」(写真=右)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.