レビュー
» 2013年10月08日 17時27分 公開

先手、AMD:AMDの最新GPU「Radeon R9/R7」シリーズ「280X/270X/260X」の性能を徹底検証 (2/3)

[石川ひさよし,ITmedia]

パフォーマンスは280XでおよそGTX 770と760の中間くらい

 ベンチマークでは、Intel Core i7-4770K(3.5GHz)とASUSTeK Z87-PROマザーボード、16GBのDDR3-1600メモリをベースとしたシステムを用い、3本のRadeon Rおよび、Radeon R9 280XのライバルとなるGeForce GTX 760(MSI N760GTX Twin Frozr 4S OC)とその上、770(MSI N770GTX Twin Frozr 4S OC)で比較を行った。

 なお、Radeon R9 280XのASUSTeK R9280X-DC2T-3GD5はOCモデルであるため、Radeon R9 280Xの定格クロックに合わせた仕様でも計測を行っている。そのほかの使用機材は下記の表を参考にしてほしい。

比較対象 Radeon R9 280X(OC) Radeon R9 270X Radeon R7 260X
CPU Core i7-4770K
定格クロック 3.5(3.9)GHz
メモリ(速度) 8GB×2、PC3-12800
メモリ 8GB×2、PC3-12800
マザーボード ASUSTeK Z87-Pro
チップセット Intel Z87
ビデオカード ASUSTeK R9280X-DC2T-3GD5 リファレンス リファレンス
ストレージ OCZ Technology Vector VTR1-25SAT3-128G
OS Windows 8 Pro(64bit)
電源 Seasonic SS-1000XP(80PLUS Platinum、1000W)

比較対象 GeForce GTX 770 GeForce GTX 760 Radeon R9 280X(定格)
CPU Core i7-4770K
定格クロック 3.5(3.9)GHz
メモリ(速度) 8GB×2、PC3-12800
メモリ 8GB×2、PC3-12800
マザーボード ASUSTeK Z87-Pro
チップセット Intel Z87
ビデオカード MSI N770GTX Twin Frozr 4S OC MSI N760GTX Twin Frozr 4S OC ASUSTeK R9280X-DC2T-3GD5(定格)
ストレージ OCZ Technology Vector VTR1-25SAT3-128G
OS Windows 8 Pro(64bit)
電源 Seasonic SS-1000XP(80PLUS Platinum、1000W)

 3DMark 11におけるRadeon R9 280Xのポジションは、GeForce GTX 760と770の中間に相当する。ただし、Performanceのスコアに関しては中間よりやや上で、Radeon R9 270XもGeForce GTX 760に肉薄することから、3DMark 11に関してはPerformanceプリセットにフォーカスして最適化を進めている印象を受ける。

3DMark11 Build 1.0.5(Overall)

 GraphicsスコアはOverallに準じた結果。Combinedスコアは、Entry、Performanceで、Radeon R9 280Xおよび270Xが天井に着いた状態のようでアテにならないが、R7 260XはEntryのみ天井に達した状態で、Performanceからは妥当な性能値に落ち着いている。Extremeで見ると、Radeon R9 280XはGeForce GTX 760と770の間でかなりGTX 770寄りの位置についている。

3DMark11 Build 1.0.5(Graphics)

3DMark11 Build 1.0.5(Combined)

 3DMarkも、低負荷なIce StormのPerformanceプリセットでは負荷テストにならず、同Extreme以降を見ていくと、低負荷な設定の場合でRadeon R9 280XがGeForce GTX 770に迫るスコア、高負荷なFire Strikeになると、GeForce GTX 770を上回るスコアを見せた。ここは評価できるところだろう。

 Radeon R9 270XもほぼGeForce GTX 760相当で、R7 260Xはそこから大きく下げたポジションとなっている。GraphicsスコアはOverallに準じた結果。Fire Strikeで計測できるCombinedスコアでは、Radeon R9 280XがGeForce GTX 770よりも高いスコアを示し、Radeon R9 270XもGeForce GTX 760相当と言ってよいスコアを出している。

3DMark v1.1.0(Overall)

3DMark v1.1.0(Graphics)

3DMark v1.1.0(Physics)

3DMark v1.1.0(Combined)

 Unigine HeavenとValleyによるテッセレーション性能では、低解像度でGeForce GTX勢に大差を付けられている格好だが、高解像度になるにつれ差を詰める性格のようだ。AMDがRadeon R9 280Xのライバルに掲げているGeForce GTX 760に対しては常にアドバンテージを持っている。ただし同じテッセレーションテストでも、TessMarkでのスコアは振るわなかった。Radeon R9 280XはライバルのGeForce GTX 760に対しても大きな差を付けられている。

Unigine Heaven Benchmark 4.0(Quality:Extreme)

Unigine Valley Benchmark 1.0(Quality:Extreme)

TessMark 0.3.0(Map:Set 4/2048×2048:2560×1440ドット)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう