世界が驚く! 360度開くディスプレイで2in1となった新生“Z”──「LaVie Hybrid ZERO」2015年PC/タブレット春モデル

» 2015年01月20日 10時00分 公開
[ITmedia]

2015 CESでも「これはモックか!」と世界が驚いた

 NECパーソナルコンピュータは、1月20日に新モデル「LaVie Hybrid ZERO」シリーズを発表した。IGZO技術を導入した13.3型ディスプレイを搭載する軽量薄型のLaVie Zの後継だ。

 登場するのは、2in1タイプの「HZ750/AA」「HZ650/AA」と従来と同じクラムシェルスタイルの「HZ550/AA」だ。HZ650/AAは、カラーバリエーションでムーンシルバーとストームブラックを用意する。出荷開始は、2月5日の予定で、価格はオープン。税別の実売予想価格は、HZ750/AAは20万4800円、HZ650/AAは18万4800円、HZ550/AAが16万9800円の見込みだ。

LaVie Hybrid ZERO LZ750/AA

HZ650/AAはムーンシルバーとストームブラックのカラーバリエーションを用意する

 いずれのモデルも、CPUに第5世代Coreプロセッサー・ファミリーを採用するほか、サウンド関連ではヤマハの音場補正技術「AudioEngine」を導入した。また、無線LANでは、IEEE802.11acに対応する。OSは64ビット版 Windows 8.1 Updateを導入する。

 HZ750/AAとHZ650/AAは、ディスプレイが360度開いてクラムシェルスタイルのノートPCとスレートスタイルのタブレットとして利用できる2in1 PCとして登場した。本体サイズは、319(幅)×217(奥行き)×16.9(厚さ)ミリで、重さは926グラムだ。ディスプレイ解像度はHZ750/AAが2560×1440ピクセル、HZ650/AAが1920×1080ピクセル。

 CPUは、HZ750/AAがCore i7-5500(2.4GHz/最大3GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ4Mバイト、TDP15ワット)、HZ650/AAがCore i5-5200U(2.2GHz/最大2.7GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュメモリ3Mバイト、TDP15ワット)を搭載する。システムメモリは、HZ750/AAがLPDDR3の8Gバイト(4Gバイトのデュアルチャネル構成)、HZ650/AAは4Gバイトだ。この状態で、バッテリー駆動時間はHZ750/AAが約9時間、HZ650/AAが約11.6時間になる。

 これ以外の構成は、HZ750/AAとHZ650/AAで共通する。データストレージは、容量128GバイトのHDD(Serial ATA接続)で、本体搭載のインタフェースは3基のUSB 3.0とHDMI出力、SDメモリーカードスロット、ヘッドセット端子などを備える。無線接続では、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0が利用できる。

 HZ550/AAは、クラムシェルスタイルのモデルだ。本体サイズは319(幅)×212(奥行き)×16.9(厚さ)で、重さは779グラムだ。ディスプレイの解像度は2560×1440ピクセル。ディスプレイ表面にはノングレア加工を施している。CPUは、Core i5-5200Uを搭載してシステムメモリは4Gバイト。この状態でバッテリー駆動時間は約5.9時間になる。そのほか、データストレージや本体搭載インタフェース、無線接続などの仕様はHZ750/AA、HZ650/AAと共通する。

LaVie Hybrid ZERO LZ550/AA

 軽量化のために、ボディパネルではマグネシウムリチウム合金を採用した。加工方法では、トップケースでダイカストを、ボトムケースでプレスを行ったほか、天面では「鍛造」という金属の塊を変形する方法を採用し、成型が難しいマグネシウムリチウム合金でも細かい形状を可能にした。

 タッチパネルでも新方式の「Film-Film-Film」構造を取り入れて軽量化を図ったほか、薄くするためにタッチパネルと液晶パネルを直接貼り合わせるダイレクトボンディングも採用している。また、ボディと一体化した液晶ディスプレイとすることで、液晶ディスプレイの金属フレームを省いてここでも軽量化を図っている。

 キーボードでも独自設計のキーボードを直接ボディに組み込み、かつ、70本のネジで固定することで、タイプしてもたわまない強度も実現している。なお、キーボードのピッチは18ミリ、ストロークは1.2ミリを確保している。

LaVie Noteシリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
LaVie Hybrid ZERO HZ750/AA(1色) 2in1 新シリーズ Core i7-5500U(2.4GHz/最大3GHz) 8GB (LPDDR3) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8.1 update 20万4800円前後
HZ650/AA(2色) 2in1 新シリーズ Core i5-5200U(2.2GGHz/最大2.7GHz) 4GB (LPDDR3) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8.1 update 18万4800円前後
HZ550/AA(1色) クラムシェルノート LaVie Z後継、新世代CPU、軽量薄型化 Core i5-5200U(2.2GGHz/最大2.7GHz) 4GB (LPDDR3) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8.1 update 16万9800円前後
LaVie Note シリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 バッテリー動作時間 光学ドライブ/無線LAN GPU TV/オフィス 重量
LaVie Hybrid ZERO HZ750/AA(1色) 13.3型ワイド(IGZO/タッチパネル) 2560×1440 約9.0時間 CPU統合 (HD 5500) ─ / Office Home and Business Premium + Office 365 約926グラム
HZ650/AA(2色) 13.3型ワイド(IGZO/タッチパネル) 1920×1080 約11.6時間 CPU統合 (HD 5500) ─ / Office Home and Business Premium + Office 365 約926グラム
HZ550/AA(1色) 13.3型ワイド(IGZO) 2560×1440 約5.9時間 CPU統合 (HD 5500) ─ / Office Home and Business Premium + Office 365 約779グラム

NEC Direct(NECダイレクト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月14日 更新
  1. これを待ってた! ロープロ版GeForce RTX 4060搭載カードがASUSから登場! (2024年04月13日)
  2. 自宅の「スマートロック」にありがちな誤解 家から締め出されないために心掛けている実践的な5つのこと (2024年04月12日)
  3. 8コア16スレッドのRyzen 9 7940HS×Radeon 780M搭載! 片手で握れるミニデスクトップPC「GEEKOM A7」の“強さ”をチェック! (2024年04月10日)
  4. 「SwitchBot ハブ2」と「ハブミニ(Matter対応)」のMatter機能がアップデート 多くの同社製デバイスがホームアプリで操作可能に (2024年04月13日)
  5. ロジクールの“ちょい上”パンタグラフ式キーボード「Signature Slim K950」を試す (2024年04月11日)
  6. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  7. Amazonのタイムセールが「スマイル SALE」に変更 4月19日からゴールデンウィークセール開催 (2024年04月13日)
  8. “みんゴル”開発元がQuest向け新作VRゴルフゲームを5月発売 原宿で一足先に体験してきた (2024年04月12日)
  9. Googleが生成AI向け独自CPU「Google Axion」プロセッサを発表/Intel N100を採用した超小型コンピューティングモジュール「LattePanda Mu」 (2024年04月14日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー