PC USER Pro

知っておきたいOffice 365とWindows 10のポリシー変更鈴木淳也の「Windowsフロントライン」(2/2 ページ)

» 2017年05月02日 16時30分 公開
前のページへ 1|2       

Windows 10のアップデートサイクルとサポート期間も変更へ

 米Microsoftは4月20日(現地時間)、Windows 10についても今後は3月と9月の年2回で大型アップデートを提供していくと発表した。

 これまでMicrosoftは公式に「1年間に1〜3回」とアナウンスしており、Creators Updateのような大型アップデートの提供サイクルを明確にしてこなかったが、前述したOffice同様、「企業ユーザーがアップデートを計画的に行うことを支援するため」に3月と9月の年2回体制に固定したわけだ。

 Creators Updateの提供が2017年4月に開始されており、これを実質的に3月分のアップデートとすると、次期大型アップデート「Redstone 3(RS3)」は9月分のアップデートとなる。

Creators Update 2017年4月11日に配信が開始されたWindows 10の大型アップデート「Creators Update」。バージョンは「1703」となる

 また、Windows 10のサポート期間も、従来はアップデートの提供開始から12カ月だったものが、18カ月へと延長された。

 常に最新状態に保つ必要がある一般向けリリース(Current Branch:CB)を除けば、企業向けのCBBにおけるサポート期間が半年間延長されることになり、場合によっては大型アップデートの適用を1回分スキップできる。つまり、大型アップデートの適用サイクルを年1回または2回のどちらにするかを、企業のIT管理者が選択可能になった点が今回のポリシー変更のメリットとなる。

 今後の懸念は、Microsoftがこのアップデート提供サイクルをどこまで維持できるかということだ。締め切りを設定し、そこに向けて盛り込むことが可能な機能を絞っていくことに関しては問題ないだろう。

 ただし、2016年8月に配信された「Anniversary Update」がそうだったように、予想しない事態で検証に手間取り、遅いユーザーでは配信開始から2カ月以上かかってアップデートの提供が行われるなど、必ずしも意図通りのタイミングで更新できない場合もある。

 そのための「年1回または2回」のアップデートサイクル選択制とも言えるが、この辺りに留意しつつ、最適な運用を検討してほしい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月29日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  3. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  4. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  5. MINISFORUM、Ryzen 9+Radeon RXを搭載したミニゲーミングデスクトップPC (2024年05月27日)
  6. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  7. ロジクール、新iPad Pro/iPad Air向けのトラックパッド付きキーボードケース (2024年05月28日)
  8. レノボ、Core Ultraを搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad P1 Gen 7」など3製品 (2024年05月28日)
  9. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  10. サンワ、左右にもスクロールできるサイドホイールを備えたワイヤレスマウス (2024年05月27日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー