PC USER Pro
連載
» 2018年10月05日 06時00分 公開

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows Virtual Desktop、Office 2019、そして…… 変化するMicrosoftの戦略 (2/2)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

Microsoft Azureで動くインスタンスの半分以上は「Linux」

 こうしたMicrosoftの昨今の戦略を反映した興味深いニュースはまだある。

 米ZDNetによれば、今や「Azure上で動作するインスタンスの半分以上がLinux」であるという。AzureにおけるLinuxのインスタンスシェアは、3年前に「全体の4分の1」、2017年に「40%」と上昇し続けており、Ignite 2018でのスコット・ガスリー氏による発表ではついに「半分をわずかに上回る水準」まで達した。

 同氏によれば、Linuxのシェアは毎月上昇しているとのこと。毎月Azureの顧客数が上昇していることを鑑みれば、Linuxの利用を目的にAzureを導入する新規ユーザーが増えていると考えていいだろう。

 「AzureといえばWindows」のような先入観があったといえばウソではないが、かつてのAzureはMicrosoftの顧客がクラウドに移行するための「パス(Path)」として機能していた。しかし、今日ではその限りではなく、さまざまなニーズを吸収する形で非Microsoftの顧客も取り込んでいるのだろう。

 実際、昨今は米Amazon.comへの対抗が理由で「AWS(Amazon Web Services)」ではなく、あえてMicrosoftと組む顧客もいるわけで、純粋に技術的な理由だけでなく、政治的な理由でAzureが避難地として機能している側面もあるのかもしれない。

 昨今のMicrosoftには、Windowsを必要とせず、IoTのセキュリティをハードウェア、OS、サービスの3つで守る仕組み「Azure Sphere」のようなセキュリティソリューションもある。「最終的にMicrosoftのサービスが利用されればいい」というのが基本スタンスのようだ。

ロボットにもWindowsを

 一方、Microsoftが9月28日(米国時間)に発表した「ROS for Windows」のように、Windowsをフロントエンドとしてロボット制御OS(Robot Operating System:ROS)の分野に参入していこうとする動きもみられる。

 同社は米ロボティクス関連団体の「ROS Industrial Consortium」に加盟した他、ROS開発者向けイベント「ROSCon 2018」では、「ROBOTIS Turtlebot 3」のロボットを使ったデモも披露した。

 このロボットは、Intelのプロセッサ(Coffee Lakeベース)を搭載したNUC上でWindows 10 IoT Enterpriseを動かし、「Windows ML」を組み合わせて機械学習によるロボットの自律動作を実現している。

 こうしたロボットは「Azure IoT Hub」によって制御が可能で、「よりリッチな制御環境や開発環境にはWindowsを活用してほしい」というアピールなのだろう。

ROS ROSへの進出を狙うMicrosoft
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう