ニュース
» 2021年05月24日 16時45分 公開

第11世代Core i7搭載のIntel NUCが登場も供給不足を嘆く声古田雄介のアキバPick UP!(1/4 ページ)

第11世代Core iシリーズを搭載するIntel NUCにCore i7モデルが加わった。各ショップで新製品の目玉とみなされているが、同時にもっと潤沢にものがあればいいのに、との言葉もよく聞いた。

[古田雄介,ITmedia]

 先週、開発コード名「Panther Canyon」こと、第11世代Core搭載のIntel製小型ベアボーン「NUC」シリーズから、Core i7搭載モデル「NUC11PAHi7」が登場した。価格は7万4000円弱(税込み、以下同)だ。

Intel「NUC11PAHi7」

「仕方がないんだけれど、機会損失が続いていますね……」

 NUC11PAHi7は2.5インチとM.2のSSDが1基ず、さらに2枚のDDR4 SO-DIMMが組み込める超小型ベアボーンで、CPUは4コア8スレッドの「Core i7-1165G7」を採用する。内蔵GPUは「Iris Xe Graphics」で、mini DP(1.4)とHDMI(2.0a)を各1基、Thunderbolt 3端子を2基備え、最大で4画面出力が行える。

Iris NUC Iris Xeのロゴも目立つ

 入荷したショップの評価は概ね高い。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「Iris Xeが強力ですからね。2020年からのリモートワーク需要まではいかないまでも、小型ベアボーン需要はまずまずありますから、ハイスペックなモデルを待っていた人は多いと思います」という。

 第11世代NUCは2020年2月に茶箱の「NUC11TNHi3」を皮切りに、4月にはCore i5/i3搭載のリテールパッケージモデルが登場した。続いて、次週にはCore i7-1165G7とGeForce RTX 2060を内蔵したゲーミングNUC「Intel NUC 11 Enthusiast Kit」が売り出されたが、標準ラインのCore i7モデルは初めてとなる。

NUC11TNHi3 2020年2月に登場したCore i3搭載の「NUC11TNHi3」
第11世代NUC 2020年4月に登場したリテールパッケージの第11世代NUC

 待望のモデルともいえそうだが、複雑な表情を浮かべるショップが多い。あるショップは「半導体不足の影響もあってか、今期のNUCは供給がずっと少ないままです。ラインアップが一気に出回らずに小出しになっているのも、そういった事情が少なからず関わっているんじゃないかと思います」という。

 また、別のショップは「少数入荷だと、法人さんが同じ仕様のモデルをまとめ買いするという買い方ができません。そういう需要はASRockのDeskMiniシリーズなどに流れていますね。個人でも、ゲーミングモデルと違って指名買いされるほどの熱があるわけではないため、『在庫がなければ別のでいいや』となる。仕方ないんですけど、機会損失がずっと続いていますね……」と話していた。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう