ニュース
» 2009年05月08日 17時23分 公開

3.9Gの免許、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルも申請

3.9Gのモバイルインフラ導入を目指して、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルが総務省に免許の申請を行った。イー・モバイルと合わせて4社が申請したことになる。

[ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルは5月7日、3.9Gの移動通信システム導入に向けた免許を総務省に申請したことを明らかにした。同日には、イー・モバイルも免許を申請したことを発表しており、4キャリアが申請を済ませたことになる。

 3.9Gの移動通信システムについては、日本で携帯電話事業を展開するドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルが、LTEの採用を明らかにしている。NTTドコモが2010年秋の商用サービス開始を目指しており、KDDIは2012年のLTE導入を計画。ソフトバンクモバイルとイー・モバイルも、HSPA+やDC-HSDPAを経由して2012年前後のLTE導入を目指すとしている。

 申請した周波数帯は、KDDIとソフトバンクモバイルが1.5GHz帯、イー・モバイルが1.7GHzで、ドコモは非公表。通信方式については4キャリアともLTEとしており、ソフトバンクモバイルはHSPA+とDC-HSDPA、イー・モバイルはDC-HSDPAも利用する。

 3.9Gの免許については、総務省が

  • 1.5GHz帯(1475.9MHz〜1510.9MHz)の35MHzと、1.7GHz帯(1844.9MHz〜1854.9MHz)の10MHzを、新規参入・既存事業者を問わず最大4つの事業者に、10MHzまたは15MHz割り当てる
  • 認定の日から5年以内に、全国の総合通信局の管轄区域内で、3.9G移動通信システム等のカバー率が50パーセント以上になる計画を持っている事業者に割り当てを行う

 という方針を明らかにしており、4月3日から5月7日まで、申請を受け付けていた。

各キャリアの申請状況
通信キャリア 周波数帯と周波数幅 通信方式
NTTドコモ 非公表 LTE
KDDI 1.5GHz(周波数幅は非公表) LTE
ソフトバンクモバイル 1.5GHz(周波数幅10MHz) LTE、HSPA+、DC-HSDPA
イー・モバイル 1.7GHz(周波数幅10MHz) LTE、DC-HSDPA

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう