ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

「3.9G」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「3.9G」に関する情報が集まったページです。

「Surface Laptop 3」登場 15型モデルには初のAMDプロセッサ
MicrosoftのSurfaceブランドのラップトップ(クラムシェルノートPC)が第3世代に。13.5型と15型の2サイズ構成で、15型モデルには、Surfaceとしては初めてAMDプロセッサが搭載される。【追記】(2019/10/3)

新たな「Surface Pro」登場 Intelベースの「7」とArmベースの「X」
Microsoftが新たな「Surface Pro」を発表。従来通りにIntelプロセッサを搭載する「Surface Pro 7」に加え、Qualcommと共同開発した独自のArmベースプロセッサを搭載する「Surface Pro X」も登場する。(2019/10/3)

Tech Basics/Keyword:
第5世代移動通信システム「5G」とは
すでに韓国や米国でサービスが開始されている第5世代移動通信システム(5G)が、いよいよ日本でも2020年春に正式サービスが開始される予定だ。5Gとはどういったサービスなのか、既存の4G/LTEとはどういった点で異なっているのか、今後どのような影響が生じるのかを解説する。(2019/8/8)

計11モデル投入:
Intelがモバイル向け「第10世代Coreプロセッサ(Ice Lake)」のラインアップを発表
「第10世代Coreプロセッサ」のモバイル向けラインアップが発表された。予定通り、2019年年末には搭載するモバイルPCも登場する見通しだ。(2019/8/1)

展開は長丁場になる:
5Gに過度な期待は禁物、全国普及は2025年以降に
IDC Japanは2019年6月20日に東京都で記者説明会を開催し、国内の5G市場予測について説明した。登壇したアナリストは、「5G(第5世代移動通信)は、すぐに現実のものにはならない。インフラの全国普及はおおむね2025年くらいになると予測している」と述べた。(2019/6/24)

Mobile Weekly Top10:
「5G」免許割り当て 夏にはプレサービスへ/シャープが折り曲げられる有機ELディスプレイを開発
4月10日、総務省が「5G」用の周波数帯域(電波)の割り当てを決定し、認定証を交付しました。いよいよ、日本でも本格的な5Gの波が来ることになりますが、それを生かすサービスはしばらく出てこないものと思われます。(2019/4/17)

IoT観測所(28):
SIGFOXやLoRaに完全競合する“NB-IoT”こと「LTE Cat.NB1」
今回は、NB-IoT(Narrow Band-IoT)として仕様策定が進められた「LTE Cat.NB1」を紹介する。LTE Cat.NB1よりも先に、MTC/M2M向けとして規格化された「Cat.0」にも触れたい。(2016/12/22)

星6つ! ニチレイフーズ「選べるおかず 五目きんぴら」をレビュー!
今回選んだのはニチレイフーズの「選べるおかず 五目きんぴら」(213円/税込、店頭価格)です。(2016/10/14)

ナッツや小魚じゃ物足りない! そんな時におすすめの間食
間食を食べたいけど罪悪感が……という方へ。それなら罪悪感のない間食を選びましょう。糖質が低いけれど、食べ応えのあるモノがあったのです。(2016/8/11)

星6つ! 花王「ヘルシア緑茶 350mlスリムボトル」をレビュー!
今回選んだのは花王の「ヘルシア緑茶 350mlスリムボトル」(194円/税込、店頭価格)です。(2016/7/26)

星9つ! 森永乳業「カスタードバニラヨーグルト マダガスカルバニラ」をレビュー!
今回選んだのは森永乳業の「カスタードバニラヨーグルト マダガスカルバニラ」(179円/税別、店頭価格)です。(2016/6/16)

星6つ! イオン「トップバリュ カロリー30%カット 野菜マカロニサラダ」をレビュー!
今回選んだのはイオンの「トップバリュ カロリー30%カット 野菜マカロニサラダ」(105円/税込、店頭価格)だ。(2016/6/3)

星7つ! ヤマキ「割烹白だし仕立て減塩うどんだし」をレビュー!
今回選んだのはヤマキの「割烹白だし仕立て減塩うどんだし」(127円/税込、店頭価格)だ。(2016/5/3)

星7つ! キリン「アスタリフトウォーター」をレビュー!
今回選んだのはキリンビバレッジの「アスタリフトウォーター」(162円/税込、店頭価格)だ。(2016/4/27)

星6つ! 江崎グリコ「ココスマート ココナッツミルク」をレビュー!
今回選んだのは江崎グリコ(製造:古谷乳業)の「ココスマート ココナッツミルク」(170円/税別、希望小売価格)だ。(2016/4/25)

星8つ! 天乃屋「オリーブ仕立ての揚せんべい」をレビュー!
今回選んだのは天乃屋の「オリーブ仕立ての揚せんべい」(192円/税込、店頭価格)だ。(2016/3/25)

星7つ! 越後製菓「ほくほく豆の玄米ごはん」をレビュー!
今回選んだのは越後製菓の「ほくほく豆の玄米ごはん」(199円/税込、店頭価格)だ。(2015/12/17)

5分でわかる最新キーワード解説:
4Gの先にある世界、体感スループット100倍を目指す「5G」の行方
4G(LTE-Advanced)の次の移動通信規格として開発が進んでいる「5G」。最大10Gps、体感スループット100倍などの実現を目指す「5G」とはどんなものなのでしょうか。(2015/12/8)

星7つ! 遠藤製餡「ゼロカロリー チョコようかん」をレビュー!
今回選んだのは遠藤製餡の「ゼロカロリー チョコようかん」(173円/税込、店頭価格)だ。(2015/11/11)

星5つ! セブンイレブン「スプーンで食べる スパイス香る!タコライスサラダ」をレビュー!
今回選んだのはセブンイレブンの「スプーンで食べる スパイス香る!タコライスサラダ」(350円/税込み、店頭価格)だ。(2015/6/16)

星7つ! パスコ「ブランスティック チョコグラノーラ」をレビュー!
今回選んだのはパスコ(敷島製パン)の「ブランスティック チョコグラノーラ」(108円/税込み、店頭価格)だ。(2015/6/3)

星6つ! ヤクルト「ソフール プレーン」をレビュー!
今回選んだのはヤクルトの「ソフール プレーン」(98円/税込み、店頭価格)だ。(2015/5/25)

星3つ! 森永製菓「マクロビ派ブラウニー」をレビュー!
今回選んだのは森永製菓の「マクロビ派ブラウニー」だ。(2015/5/3)

NIWeek 2014現地リポート:
PR:5G時代に備える――“Software-Designed”で切り開く次世代通信技術
2020年の実用化に向けて開発が進む第5世代(5G)無線通信規格。だが、5Gは現時点では何も定義されておらず、技術開発は流動的であるといえる。それ故、通信技術の開発に欠かせない計測器にはこれまで以上に柔軟性が要求されるようになっている。そこでナショナルインスツルメンツ(NI)が提案するのが、“Software-Designed(ソフトウェア設計型)”のコンセプトだ。(2014/9/1)

日本から輸出されたコトバも:
Selfie、Tweep、Shelfie――モバイル分野の新しい英語をチェック
次々と新しいコトバが生まれるモバイル業界。日本でも自分撮りを意味するSelfie(セルフィー)が定着しつつある。では最初にSelfieが広まったと言われるSNSは何だろうか?(2014/8/22)

石野純也のMobile Eye(4月14日〜25日):
夏商戦で注目したい「キャリアアグリゲーション」と「VoLTE」
KDDIが下り最大150Mbpsを実現する「キャリアアグリゲーション(CA)」を今夏に開始するが、ドコモも決算会見で2014年度中に下り最大225MbpsのCA提供を発表。ドコモは今夏に「VoLTE」も提供する予定だ。今回はこれら通信サービスのトピックをまとめた。(2014/4/25)

安定した高速通信を実現――KDDIが他社に先がけ「キャリアアグリゲーション」導入へ
KDDIが、LTE-Advancedの技術の1つで、下り最大150Mbpsの通信が可能な「キャリアアグリゲーション」を、今夏をめどに導入する。同社は今後もLTEネットワークの取り組みを強化していく方針だ。(2014/4/21)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第1回:
格安SIMはなぜ安いのか? 契約期間はどうなっている?
通信事業者以外の会社が提供する「格安SIM」が注目を集めており、日常の中で「SIM」という単語を聞く機会も増えてきた。本連載では、格安SIMを初めて使う人に向けて、サービスや料金など運用のポイントから、SIMフリースマートフォン/タブレット、海外での活用方法までを解説する。(2014/1/24)

石川温のスマホ業界新聞:
「ティム・クックには直接会って感謝したい」――LTEの父・NTTドコモ尾上誠蔵氏がアップルに恩義を感じる理由
ドコモは11月21日、神奈川県のドコモR&Dセンターで「DOCOMO R&D Open House記者説明会」を開催。研究開発センター所長尾上氏に次世代移動通信「5G」などについて話を聞いた。(2013/11/29)

視点:
日系電機メーカーの中国との付き合い方
日系電機メーカーにとって中国市場は魅力的だが難しい市場である。中国で成功するためには共存共栄が選択肢のひとつである。その具体的な方策は。(2013/11/18)

「プリペに(あまり)やさしくない都市で使う」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「カナダ・バンクーバー2013年」編
今回は“住みやすい都市”の1つ、カナダ・バンクーバーへ訪れた。ただ……各事業者の店舗を回ってもプリペイド専用商品はまるでなし。プリペイド製品を望む海外渡航者にはちょいとやさしくない街なのだが、手段がないわけではない。それを実践してみた。(2013/6/28)

バラして見ずにはいられない:
「チップはQualcommだけじゃない」ことをARROWS X F-02Eの“中身”を分解して知る
2013年春モデルで登場したARROWS X F-02Eは、“Tegra 3”に“COSMOS”と、採用するパーツの独自性が色濃いユニークなモデルだ。その気になる中身を見てみよう。(2013/6/13)

人とくるまのテクノロジー展2013:
オール樹脂製自動車は実現できるのか、CFRPだけじゃない材料メーカーの取り組み
自動車の材料を金属から樹脂に置き換えれば大幅な軽量化が可能だ。炭素繊維強化樹脂(CFRP)が注目を集めているが、その他にも樹脂の採用拡大に向けたさまざまな取り組みが進んでいる。(2013/6/4)

Mobile World Congress 2013:
「HONEY BEE」の世界デビューはいつ? MWCで聞いた京セラの海外ビジネス(後編)
Sprint向けにタフネス仕様のAndroidスマホを開発した京セラ。国内ではPHSやDIGNOシリーズでおなじみのメーカーだが、海外ではどんなビジネスを展開しているのか、詳しい話を聞いた。(2013/3/19)

「WiMAXもプリペイドOK」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「アメリカ・シカゴ2013年」編
アメリカの各都市では2013年現在、4G──LTEやWiMAXサービスが、海外渡航者に便利な“プリペイド”でも普通に利用できるようになっている。今回はシカゴでWiMAXと、1日3ドルで利用できる3G SIMカードを購入してみた。(2013/1/31)

富士通+ドコモ+NEC共同開発の通信処理LSI:
富士通タブレット「ARROWS Tab」に載る、“国産”通信処理プロセッサ「COSMOS」とは
富士通のハイスペックタブレット「ARROWS Tab F-05E」は、国産の通信処理プロセッサ「COSMOS」が搭載される。COSMOSとは何か、その強みと狙いは何か。(2012/11/20)

神尾寿のMobile+Views:
条件がよければ固定網より速い!? ドコモのLTE 「Xi」100Mbpsサービスの実力
NTTドコモが、11月16日に対応するスマートフォンを発売するのに合わせて、一部地域で「Xi」の通信速度を下り最大100Mbps、上り最大37.5Mbpsに高速化する。そのスピードを、一足速く体験できたのでリポートする。(2012/11/15)

モバイルワーク温故知新:
高速3Gが牽引したモバイル大衆化時代の到来
モバイルワークは、かつて多くのユーザーにとって夢だった。そんな状況は3G通信の高速規格「HSPA」の登場で一変した。今回はようやくモバイル通信が実用期に入った時代にフォーカスし、当時の状況を振り返ってみよう。(2012/9/25)

KDDIとソフトバンクが「4G LTE」開始 KDDIはテザリング解禁「最強のスマホネットワークに」
KDDIとソフトバンクモバイルがLTEサービス「4G LTE」を9月21日にスタート。KDDIはテザリングにも対応する。(2012/9/14)

端末も、UIMカード(SIM)も、料金プランも「選べる」:
PR:「高速」も「低価格」も「広エリア」もすべてを望む人に──検証して分かった、「BIGLOBE LTE」はズバリ“ここ”が違う!
次世代のLTEサービスを、人よりオトクに使いたい──。それなら、端末も、UIMカード(SIM)も、料金プランも“選べる”サービスがお勧め。注目の新サービス「BIGLOBE LTE」のおいしいポイントをチェックする。(2012/9/3)

PR:バッテリーの持ちがいい! 充電も速い! 通信も速い! 「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」を実測テストでチェック
シャープの2012年夏のハイエンドモデル「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」は、Xi対応やおくだけ充電対応など、これまで以上の高性能を実現しつつ、消費電力を抑えるS-CG Silicon液晶システムを採用するなど、随所に工夫が凝らされたモデルだ。その実力を実測テストで検証する。(2012/6/29)

ドコモ、700MHzを使ったLTEサービスを2015年にスタート
ドコモは、新たに割り当てが決まった700MHz帯によるLTEサービスを、2015年1月から開始すると発表した。(2012/6/28)

総務省、700MHz帯の割当先を携帯3社に正式決定
ソフトバンクが獲得した900MHz帯と同様に“プラチナバンド”とされる700MHz帯がNTTドコモ、KDDI、イー・アクセスに割り当てられることになった。(2012/6/27)

NEC、「Aterm」シリーズのLTE対応ルータ試作機を展示
NECアクセステクニカがAtermシリーズのLTE対応ポータブルルータ試作機を公開した。(2012/6/14)

イー・モバLTEサービスの実力は?──「@nifty EMOBILE LTE定額にねんプラン」で試す
都心部では「意外に入るし、かなり速いぞ」とモバイルユーザーに驚かれているというイー・アクセスのLTEサービス。今回はニフティのLTE MVNOサービス「@nifty EMOBILE LTE定額にねんプラン」を用い、2012年4月末時点の実速度と料金プランを検証した。(2012/5/7)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
“トラフィック爆発”への対処を進める通信キャリアのネットワークの今
2011年から2012年にかけて、携帯電話キャリア各社で不具合が相次いだことからも分かるとおり、スマートフォンの急速な普及にともなうデータトラフィックの増加にどう対応していくかは喫緊の課題だ。各社の現状と今進めている対応を整理してみた。(2012/4/25)

対応スマホもラインアップ:
ソフトバンク、FDD-LTE方式の次世代通信サービスを2012年秋にスタート
ソフトバンクモバイルは、FDD-LTE方式の次世代高速通信サービスを2012年秋に開始すると発表した。既存のAXGPとともに、対応スマートフォンのラインアップを拡充し、月額5980円の定額プランも用意する。(2012/4/2)

Xiエリアで使えるSIMサービス+ルータ:
目指すは「好みのプランを自分で作る、通信のBTO」──日本通信「LTE対応カメレオンSIM」の狙いどころ
日本通信が、ドコモのLTE網を利用できるSIMサービスとポータブルルータを発表。SIMロックフリーの小型軽量LTEルータはもちろん、多様化するユーザーニーズに応じた「変化」に対応する、これまでなかったSIMカードサービスを導入する。(2012/3/27)

板野友美さんも応援:
下り最大75Mbps「EMOBILE LTE」開始──「速い、広い、安い。とにかく最高の“世界標準”LTEサービス」と千本会長
イー・アクセスがLTEサービス「EMOBILE LTE」を開始。都内家電量販店でサービス開始イベントにCMキャラクターであるAKB48の板野友美さんも訪れた。(2012/3/15)

Mobile IT Asia:
ドコモ、真の4Gサービス「LTE-Advanced」を2016年度以降に開始
東京ビッグサイトで開幕した「Mobile IT Asia」の基調講演で、ドコモ副社長の辻村氏が「LTE-Advanced」の開始時期に言及。2015年度末までに開発を終え、2016年度以降にサービスを開始したいと述べた。(2012/3/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。