ニュース
» 2010年08月30日 23時07分 公開

ドコモ、おサイフケータイを活用したCRMを実現するASPサービスを提供

NTTドコモは、おサイフケータイを活用した会員証の発行や商品の購入履歴などの収集、最新情報や割引クーポンの配信などのCRMを実現するASPサービス「モバイルマーケティングASPサービス」を2011年1月に提供する。

[ITmedia]

 NTTドコモは8月30日、おサイフケータイを活用し、会員証の発行や商品の購入履歴などの収集、最新情報や割引クーポンの配信などのCRMを実現するASPサービス「モバイルマーケティングASPサービス」を、2011年1月20日に提供開始すると発表した。受付は10月1日から行う。

photo 利用イメージ

 モバイルマーケティングASPサービスは、主に小売業や飲食業などを営む企業や店舗が販売促進を行うための「おサイフケータイ会員証」「おサイフケータイクーポン」などの機能を1つのパッケージにして、ASPサービスとして提供するもの。おサイフケータイを使うことで、顧客の利用履歴などを効率的に把握することができ、会員属性に合わせたリアルタイムな情報配信、割引クーポンの配信などによる販売促進施策の実施、利用履歴などの分析による効果測定も可能だ。ASPサービスのため企業側でサーバなど専用システムを構築する必要がなく、導入期間の短縮や初期費用/運用費用の抑制が期待できるとしている。

 同サービスは8月31日から9月27日までの期間、ローソンがドコモプレミアクラブ会員向けの「おサイフケータイクーポン」として導入する。また9月22日には、イオンマーケティングがイオンカスタマーネット会員向けに「おサイフケータイ会員証」を一部店舗へ先行導入する。

 対応端末はドコモまたは他事業者のおサイフケータイ機能を搭載した携帯電話。利用料金は、基本料金が30店舗の場合で月額4万2000円から。初期費用は別途見積もりとなる。サービス料金は、おサイフケータイ会員証が6万3000円から、おサイフケータイクーポンが5万2500円から、トルカ抽選が3万1500円から。要望に応じてコンテンツ作成なども行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー