キーワードを探す
検索

「大和研究所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

レノボ・ジャパンのモバイルワークステーション「ThinkPad P」シリーズがラインアップを一新、性能や機能面で大きくパワーアップした。「ものづくり」の現場を支える頼もしい相棒としてだけでなく、働き方改革を支援するパワフルなPCとしてビジネスパーソンも注目の内容に仕上がっている。その魅力に迫る。

()

2002年にパーソナルコンピュータの開発生産事業から撤退し、NEC製のPCやマザーボードの保守サービスサポート事業に転換したNECパーソナルコンピュータ群馬事業所。同事業所はNECおよびLenovo製品のサポートサービスの戦略拠点として存在感を高め、グローバルマザー工場としての役割を担おうとしている。

()

Lenovoが「IFA 2016」で発表した新型2in1タブレットが日本にも投入される。Android版とWindows版を用意し、モバイル通信に対応するLTEモデルも取りそろえる。タッチキーボードとスタイラスを兼ねる「Halo Keyboard」は、日本市場投入にあたり日本語化されている。

()

2014年度導入を見込むThinkPadシリーズの新モデル3種が発表された。ハイパフォーマンスな8型タブやYogaボディの“新ワークスタイル対応デバイス”に加え、“キーボード命”なクラムシェルノートPCスタイルのX1 Carbonはなぜ大きく変わった「新キーボード」を採用したのか。

()

上級志向なユーザー向けのプレミアム極薄モバイル「ThinkPad X1 Carbon」が第2世代に生まれ変わった。薄型軽量デザインの特徴はそのままに、新提案のキーボード「Adaptiveキーボード」を採用。2560×1440解像度の高精細IPS液晶を採用する構成も選択できる。

()

レノボ・ジャパンが法人向けクライアント全5シリーズを発表。国内ではNEC レノボ・ジャパングループで、ワールドワイドではLenovoグループ全体で推進する「PC+」の法人市場向け戦略と“ThinkPadシリーズならでは”の点を改めて解説した。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る