食品・外食

食の安全性が揺らぎ、外食チェーンの業績は不振。今後この業界はどうなるのか? 食品業界や外食産業についての記事を集めました

新着記事一覧

news012.jpg

旧ソ連で生まれたハエが、世界を救うかもしれない――。このような話を聞いても「はあ? バカじゃないの?」と思われたかもしれないが、日本でひそかに選別交配を続けたことで、飼料と肥料を大量生産できる話があるのだ。どういった話かというと……。(2018/12/05)

news025.jpg

大手回転すしチェーンではたくさんのすしがレーン上を回転している。くら寿司では「廃棄率3%」を達成している。廃棄を減らす鍵である需要予想システムとは?(2018/12/05)

news098.jpg

串カツ田中HDが、こども向けメニューを拡充すると発表。お酒のような見た目を楽しめる「こどもサワー」、具なしの「お子様うどん」の2商品。健康に良いメニューの食べ合わせを解説するファミリー向けのビラも全席に配置する。(2018/12/04)

news043.jpg

「あの飲食店は立地が悪い」とよく言われるが、そもそも「良い立地」と「悪い立地」は何が違うのだろうか。知ってるようで意外と知らない飲食店の立地戦略を読み解いてみよう。(2018/12/04)

news039.jpg

かつて2300店超を誇った「小僧寿し」だが、近年は回転すしや持ち帰りすしチェーンの猛追で苦戦していた。同じ持ち帰りのチェーンが踏みとどまってるのになぜ小僧寿しだけ苦戦しているのか。(2018/12/04)

news022.jpg

鳥貴族は焼き鳥の店内串打ちにこだわっている。これは手間のかかる作業で、やめれば同社の営業利益率は3〜4%改善するといわれる。こだわる理由について担当者に聞いた(2018/12/03)

news046.jpg

1日に5万本もの高級「生」食パンを売る「乃が美」。2013年に創業してからわずか5年で100店舗以上にまで成長した。創業時のエピソードや知られざる同社の戦略を創業者の自著から読み解く(2018/11/30)

news012.jpg

日本のサブウェイが苦戦している。2014年、日本国内で480店展開していたが、その後閉店が相次ぎ、11月には304店舗まで縮小している。海外ではマクドナルドよりも店舗数が多いのに、なぜ日本で伸び悩んでいるのか。(2018/11/29)

news091.jpg

J.D. パワー ジャパンはこのほど、「2018年ホテル宿泊客満足度調査」の結果を発表した。宿泊客に満足度を聞いたところ……。(2018/11/28)

news051.jpg

母親は気軽にカレーライス、祖母はあっさりとざるそば、そして子供は旗が立つお子様ランチ――。昭和の時代、いつもよりおめかしをしてデパートにやってきた家族連れが、好みの料理を楽しんだ大食堂。関西は阪急百貨店がその草分けといわれ、全国的には姿を消しつつある現在も大丸京都店に雰囲気を味わえるレストランが残る。(2018/11/22)

news123.jpg

幸楽苑が今年度の大みそか・元日を休みにする。従業員の士気と接客の品質を高める狙い。AIを使った評価制度なども導入する。(2018/11/21)

news108.jpg

髪に良い食材を使った「ペヤングスカルプDやきそば」が12月3日に発売される。ワカメ、サケのエキス、ビワ葉パウダーなどを使用。風味は「ヌルヌル塩味」。(2018/11/21)

news019.jpg

宿泊予約サイトを運営する「一休」の取扱高が、伸びに伸びている。2007年〜11年にかけては伸び悩んでいたのに、なぜ再成長したのか。その秘密について、同社の榊社長に聞いたところ……。(2018/11/21)

news036.jpg

高級すし店「銀座 久兵衛」がホテルオークラともめている。背景にあるのは高級すし店とホテル業界の競争激化による地位低下だ。転落しようとしている両者が抱く焦りとは。(2018/11/20)

news038.jpg

平日の昼間にさまざまな人が訪れる「スナックひきだし」。2017年6月に営業を始めてから、口コミやSNSを通じて延べ500人が来店した。みんなここで何をしているのか。「ママ」を務める木下紫乃さんに話を聞いた。(2018/11/19)

news087.jpg

串カツ田中が、喫煙者のドリンク1杯を無料で2倍サイズにするサービスを始める。サービス名は「ノンスモーキングチャレンジ」で、11月21日に開始予定。6月から全国の店舗を全面禁煙化しており、足が遠のいた喫煙者が一定数いるため、新サービスによって再獲得を図る。(2018/11/15)

news007.jpg

新橋駅から徒歩5分ほどのところにある「中銀カプセルタワービル」をご存じだろうか。立方体の箱がたくさん積まれていて、丸い窓が並んでいる。1972年に建てられたこのビルが、数年前からジワジワ人気が出ているのだ。その謎に迫ったところ……。(2018/11/14)

news083.jpg

串カツ田中が11月15日に、「ボジョレー・ヌーボー」が飲み放題になるイベントを開催する。税込価格は女性が1080円、男性が1620円。女性グループ客の獲得を図る狙い。(2018/11/12)

news132.jpg

スシローグローバルホールディングスは、海外出店を加速する。3年間で新たに3カ国以上に進出する計画。海外店舗比率を全体の1割に引き上げる。「スシロー」がグローバルブランドに成長するための足掛かりをつくる。(2018/11/08)

news090.jpg

米Starbucksのケビン・ジョンソンCEOが来日し、プレス向けにラウンドテーブルを開いた。日本市場のビジネス拡大を目指し、新規出店を引き続き加速することや、デジタル戦略の強化などを語った。(2018/11/08)

news043.jpg

日本貿易振興機構(ジェトロ)がまとめた「2018年度タイ国日本食レストラン店舗数調査」によると、タイの日本食レストラン店舗数は3004店舗と前年から230店舗増加した。新規出店が891店舗に対し、閉店数は661店舗。種類別では、すし店が454店舗と201店舗増加。料亭・総合和食・定食などを含む日本食店も749店舗と27店舗増えた。一方、居酒屋は246店舗と44店舗減少し、競争が激しいとみている。(2018/11/08)

news110.jpg

日本マクドナルドが「ハッピーセット」の玩具を再利用した店舗用トレーを約10万枚導入する。環境保護が狙いで、約127万個の玩具をリサイクルした。子どもに物の大切さを教える役割も果たしているという。(2018/11/07)

news036.jpg

子どものころソーダ味のアイスを食べて、舌が青色になった人も多いのでは。鏡を見てびっくりした経験があるかもしれないが、いまのアイスを食べても同じように青くなるのだろうか。ならないのである。なぜ青くならないのか気になって調べたところ、意外な事実が判明して……。(2018/11/06)

news026.jpg

大阪でスタートした高級食パン専門店が東京に進出してきている。一方、東京でも高級食パン専門店が次々とオープンしている。過熱する高級食パン戦争の行方は?(2018/11/06)

news097.jpg

いきなり!ステーキがギネス世界記録を達成した。チャレンジタイトルは「レストランにて24時間で販売されたビーフステーキ最多食数」で、1734食を提供した。客足を回復させるきっかけになるか(2018/11/05)

news039.jpg

外食大手が、平成30年8月中間決算を相次いで発表したが、牛丼大手の吉野家ホールディングス(HD)が中間期としては8年ぶりの赤字転落となるなど、軒並み業績が悪化した。決算説明会で各社のトップから共通して聞かれるのは人件費や原材料費の上昇だ。本来ならば、これらのコスト上昇分を吸収するために値上げしたいところ。だが、軽減税率の導入によるコンビニ弁当など中食との競争激化や消費者の低価格志向が続く中では容易ではない。「人件費高騰」「原材料高」「軽減税率」「消費者マインド」という4重苦のなかで、外食産業の苦境が続いている。(2018/11/05)

news090.jpg

飲食店における無断キャンセルの被害額は年間2000億円であることが経済産業省と業界団の調査で判明。両者はこれを受けて防止策を公表した。明確な基準で算定したキャンセル料の請求、IT活用、事前決済の導入などがカギになるという。(2018/11/02)

news038.jpg

カレー専門店チェーンを運営するゴーゴーカレーグループがM&Aに注力。2017年に金沢市の老舗インド料理店「ホットハウス」の事業を引き継いだのを皮切りに、全国の飲食店に対しても事業承継を呼び掛けていく。(2018/11/02)

news020.jpg

福岡県を中心に地元密着型の営業を続けてきた信用金庫が飲食業支援に乗り出す。具体的には、取引先の人材不足や後継者不足に対応する。将来的には“外食大国”福岡を救うことになるかもしれない。(2018/11/01)

news015.jpg

日本のホステル界で、ちょっとした異変が起きている。月額制のパスを購入すれば、全国のホステルに泊まることができるのだ。このサービスが広がれば、「旅をするような暮らし」「二拠点生活」を送る人が増えるかもしれない。(2018/10/31)

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -