ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3スクリーン戦略」最新記事一覧

チームラボとのコラボ展示も:
TDKの80年と未来が分かる歴史館、秋田にオープン
TDKは、創業の地である秋田県にかほ市に「TDK歴史みらい館」を2016年10月7日にオープンすると発表した。同社の「磁性」を中心とした製品や技術の歴史と未来への取り組みを紹介するだけでなく、これからの社会を創る若い人々への学習支援を積極的に行う活動拠点としていくという。(2016/9/9)

連載:Visual Studio 2013対応フレームワーク「.NET 4.5.1」解説:
.NET Framework 4.5/4.5.1概観
.NET Framework 4.5.1の新機能を、4.5も含めて概説。Win 8.1時代のアプリがどうなるかについても考察する。(2013/10/18)

神尾寿のMobile+Views:
Windows Phone 7.5は「Microsoftっぽくない」――日本マイクロソフト 横井氏に聞く
Microsoft、そして日本マイクロソフトは、Windows Phone 7.5を採用する「Windows Phone IS12T」を世界に先駆けて日本市場に投入し、第3のスクリーンであるモバイルデバイス市場での覇権争いに再度挑戦する。その意気込みと狙いを聞いた。(2011/9/7)

基礎解説:.NET初心者のための.NET入門【2011年版】:
.NETとは何か?
2000年6月にマイクロソフトが「Microsoft .NET」を発表してから早くも11年。編集長目線で現時点の.NETを整理し直す。(2011/5/30)

「Windows 8」の“社外秘資料”がネットに流布
ネット上でリークされたMicrosoftの社外秘資料らしきスライドによると、Windows 8はタブレット型も対象としており、クラウドと連係するようだ。(2010/6/29)

先取り突撃! DMS2010:
クラウド活用が製造業のグローバル競争力を強化する
2010年6月23〜25日の3日間、東京ビッグサイトで「第21回 設計・製造ソリューション展」が開催される。開催に先立ち、@IT MONOist編集部では、出展を予定しているマイクロソフトに展示の見どころを聞いた。(2010/6/7)

Microsoft、モバイル版「Office 2010」を無料で提供開始
Windows Mobile版Office Mobileユーザーは、「Office Mobile 2010」に無料でアップグレードできる。(2010/5/13)

神尾寿のMobile+Views:
Windows Phone 7が“ゲーム市場”で有利な理由――Windows Phone 7の戦略を聞く(後編)
Windows Mobile 6のラインと併存しつつ、コンシューマー向けの新たな展開を目指すWindows Phone 7は、日本市場でどのような展開が考えられているのか。Androidなど、他のプラットフォームに対してどのような優位性を打ち出すのか。越川慎司氏に聞いた。(2010/5/7)

Microsoft、Windows MobileとWindows Phone 7の非互換性を認める
「3スクリーン+クラウド」戦略の下、より良い開発者体験とユーザー体験を提供するためには過去と決別する必要があったと説明している。(2010/3/5)

2010 International CES:
Apple対抗!? MS版「Slate」を披露──WindowsワールドをアピールするバルマーCEO
米MicrosoftのバルマーCEOが、CES開催前日の基調講演でマイクロソフト版「Slate PC」を披露。あわせて、同社の技術で今後このように変わる──とする“3つのテーマ”をアピールした。(2010/1/8)

Microsoftはコンシューマー市場の敗者か?
「ゲーム以外では、Microsoftはコンシューマー市場の敗者だ。MicrosoftはコンシューマーのDNAなど持ち合わせていない」――本当にそうだろうか。(2009/12/16)

「PDC09」リポート:
Windows 7のロケットスタートでMicrosoftはどこへ向かう?
“Azureが主役”だったPDC09だが、「クライアント・デイ」と呼ばれた2日目では、Windows 7とインターネット周辺サービス技術で着目すべき情報が紹介された。(2009/11/24)

Microsoft PDC Day3:
MSの“クラウド元年”を担う開発者が備えるべきこと
PDCは3日間の日程を終え、参加者は帰途についた。今回のテーマはもちろん、Windows Azureに代表されるように「クラウド」だが、Silverlight 4など、見逃すことができない製品やテクノロジーも含まれていた。3日間のPDCで分かったことを通して、2010年代のIT環境を占ってみた。(2009/11/20)

PC向け動画配信、市場はまだ「ない」? JASRACシンポで議論
動画のネット配信ビジネスのトライアルはさまざまに行われているが、国内ではこれといった成功例がない。コンテンツのネット配信ビジネスは今後どうなるのか――JASRACシンポでNHKオンデマンドの責任者や夏野剛氏などが議論した。(2009/11/20)

Microsoft PDC Day2:
“ウルトラセブンのテーマ”で始まるキーノート
2日目のキーノートのテーマ曲は「ウルトラセブン」。日本人にはウケていたが、アメリカ人にはWindows“7”にかけたシャレだと伝わっただろうか……?(2009/11/19)

Microsoft PDC Day1:
ホットな話題は、やはりAzure
Microsoftの開発者向けイベントPDCが開幕。初日注目を集めたのはやはりAzureであった。(2009/11/19)

マイクロソフト、Xbox 360、Windows、Windows phone向けゲーム作品のコンテストを開催
マイクロソフトが、Xbox 360、Windows、Windows phoneを対象としたゲーム作品のコンテストを開催。11月17日から作品の応募を受付けている。(2009/11/18)

神尾寿のMobile+Views:
iPhone好調は「追い風」――マイクロソフト 越川氏に聞く「Windows phoneの勝算」
iPhoneやAndroidケータイの登場で活気づくスマートフォン市場。マイクロソフトは今冬、生まれ変わった“Windows phone”を投入し、この市場でのシェア拡大を目指す。Windows phoneは、これまでのWindows Mobile端末とどこが違うのか、ほかのスマートフォンに対する優位性はどこにあるのか。マイクロソフト モバイルコミュニケーション本部長の越川慎司氏に聞いた。(2009/11/18)

Windows phoneでiPhone対抗本腰 アプリは「質で勝負」
「Windows Mobile端末を一般コンシューマーにも」――マイクロソフトがiPhone対抗に本腰。国内大手メーカーのゲームなど「数ではなく質で勝負」したアプリも配信する。(2009/11/12)

Weekly Memo:
「クラウドに100%コミットしている」――MicrosoftバルマーCEO 来日語録
米Microsoftのスティーブ・バルマーCEOが先週来日し、記者会見や講演で同社の戦略などについて語った。その中から印象に残った発言をピックアップしてみた。(2009/11/9)

「PC、電話、テレビ&クラウド」――バルマーCEOが示す未来像
テレビに話しかけるだけで、遠くの友人と簡単にコミュニケーションできる――バルマーCEOは、クラウド化が進んだ未来をこう展望する。(2009/11/5)

企業向けクラウドに自信――MicrosoftのバルマーCEOが会見
米Microsoftのスティーブ・バルマーCEOが来日した。記者会見の一問一答で、同社のクラウドコンピューティングに関する見解を語った。(2009/11/5)

Windows 7には大満足、MSのバルマーCEO
米Microsoftのスティーブ・バルマーCEOが来日し、Windows 7の動向や開発投資などについて語った。(2009/11/5)

広告でGoogle、Yahoo!に一歩リードか:
MS、ディスカバリーチャンネルの新番組広告を獲得
Xbox向けゲームにもなったドキュメンタリー番組「Deadliest Catch」の新シーズン開始に向けて、DiscoveryがMSNやXbox LIVE上に同番組の広告を大々的に展開する。(2009/4/14)

Google出身者が無料「ハウツー」動画共有サイトを立ち上げ
元Google社員らが、「寿司の作り方」や「折り紙の折り方」のハウツー動画サイトを立ち上げた。(2008/2/7)

“ソーシャルメディア”を目指すYahoo! 創業者が語る「Web2.0」
日米のYahoo!が「Web2.0」に舵を切った。「古臭くて恐竜のよう」と言われる旧来のYahoo!を脱却し、ユーザー主体の「ソーシャルメディア」を目指す。(2006/3/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。