ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「どうぶつの森」最新記事一覧

任天堂「どうぶつの森」「ファイアーエムブレム」のスマホ版2017年3月までのリリースに延期
当初は2016年秋リリースと発表されていました。(2016/9/8)

スマホ版「どうぶつの森」「ファイアーエムブレム」、今秋リリース
任天堂が「どうぶつの森」「ファイアーエムブレム」のスマホアプリ版を今秋リリースすると発表した。(2016/4/27)

LINEにしずえさんが降り立つ 「どうぶつの森」スタンプが登場
「任天堂」としては初のLINEスタンプ発売(2015/9/24)

任天堂「ニンテンドーWi-Fiコネクション」サービス終了へ ネット対戦や"おでかけ"など利用不可に
「おいでよ どうぶつの森」が孤立のおそれ。(2014/2/27)

「その焼きたてクッキーをもらえませんか?」 窓をトントンしておねだりするリスが気絶しそうなくらいかわいい
どこのどうぶつの森ですか?(2014/2/6)

TGS2013:
日本ゲーム大賞は「とびだせ どうぶつの森」 「パズドラ」に経済産業大臣賞
パズドラは「特別賞」「経済産業大臣賞」のダブル受賞となった。(2013/9/20)

日々是遊戯:
【閲覧注意】「どうぶつの森」の“むらびと”、スマブラに続いてスカイリムにも参戦 笑顔で斧を振るう
※ただしMODです(当たり前だ)(2013/7/10)

しずえさん泣かないでえええええ! 「どうぶつの森」を中古で買ったら切ないことになった
秘書キャラクターが、自分を前のプレイヤーだと勘違いして説得してくる悲劇。(2013/6/17)

任天堂が壊れたぁ!:
スマブラ新キャラ“どうぶつの森のむらびと”と“Wii Fitトレーナー”にネット民騒然 シュールすぎると話題に
戦闘ぶりが狂気。(2013/6/12)

かわいすぎるので閲覧注意! 「とびだせ どうぶつの森」の人気者「しずえ」さんがねんどろいどに
とてとてと走ってくる音が聞こえてくるようです。(2013/5/14)

「どうぶつの森」「トモコレ」スクリーンショットをTwitter/Tumblrに 任天堂公式「画像投稿ツール」
ニンテンドー3DSで撮影したスクリーンショットをSNSに投稿できる任天堂公式ツールが公開された。(2013/4/19)

「とびだせ どうぶつの森」更新データ、近日配信 一部問題を修正
3DS「とびだせ どうぶつの森」更新データが近日配信。問題の修正などが行われるという。(2013/3/6)

週間ゲームソフト販売ランキング:
3DS「とびだせ どうぶつの森」、クリスマス商戦で返り咲き
売れすぎ!(2012/12/27)

週間ゲームソフト販売ランキング:
今週も「とび森」……じゃない! 「スパロボ」だ!
「とびだせ どうぶつの森」の品薄・売り切れ状態はまだまだ続きそうです。ダウンロード版をオススメします。(2012/12/6)

「とびだせ どうぶつの森」品薄続く 半導体の供給追いつかず
「とびだせ どうぶつの森」が全国で品薄になっている理由は、「ROMカードに使用している半導体供給が追いついていないため」。品薄はしばらく続く見通だ。(2012/12/3)

日々是遊戯:
【おいでよ恐怖の森】「とびだせ どうぶつの森」で“恐怖の部屋”がひそかに流行中らしい
スローライフとは何だったのか。(2012/11/30)

品薄・品切れ:
3DS「とびだせ どうぶつの森」売れすぎ御免で任天堂・岩田社長が説明
岩田社長が直接語る「生産に関するお知らせ」動画を公開。(2012/11/30)

まどマギから仮面ライダーまで 「どうぶつの森」職人が作った衣装のクオリティーが高すぎる
QRコードで配布している人も多数。(2012/11/15)

「妻がどうぶつの森から帰ってきません……」 Yahoo!知恵袋に回答続々
売れ行き好調の「とびだせ どうぶつの森」、裏ではこんな質問も。(2012/11/14)

「とびだせ どうぶつの森」売り切れ続出で岩田社長が説明 ダウンロード20万本以上に
ニンテンドー3DS用ソフト「とびだせ どうぶつの森」が全国で品切れが相次ぎ、任天堂の岩田社長がTwitterで出荷予定について直接説明する異例の事態に。(2012/11/12)

「いでよ どうぶつの森」「電脳戦機バーチャン」――Twitterのハッシュタグ「名作ゲームから一文字抜くと趣が変わる」が人気
スケール感のギャップが魅力。(2012/10/30)

「とびだせ どうぶつの森」Direct 新要素を中心に紹介
11月8日発売のニンテンドー3DS専用ソフト「とびだせ どうぶつの森」に関する新情報をインターネット中継で発表。これまでの「どうぶつの森」シリーズにはなかった新たな要素を中心に紹介する。配信は10月5日20時0分〜。(2012/10/4)

3DS LLにかわいい「とびだせ どうぶつの森」バージョン
ソフトと本体がセットになった「とびだせ どうぶつの森パック」として期間限定発売。(2012/10/3)

ニンテンドー3DSカンファレンス 2011:
3DSに「モンハン4」「どうぶつの森」「トモダチコレクション」――任天堂が負けられない戦いに挑むタイトルたち
年末から2012年にかけての3DSのラインアップで任天堂の本気を見た。ニンテンドー3DSに「モンスターハンター4(仮題)」も!(2011/9/13)

「おいでよ どうぶつの森」500万本突破 DSソフトで3本目
ニンテンドーDS用ソフト「おいでよ どうぶつの森」の累計販売本数が500万本を突破した。(2009/2/13)

「街へいこうよ どうぶつの森」レビュー:
まったりゆったりスローライフ たまには街におでかけしましょ
「どうぶつの森」シリーズ最新作「街へいこうよ どうぶつの森」が、Wiiで登場した。その名の通り、今回は街におでかけすることができる。行動範囲だけでなく、いろいろとチューンアップされている本作ではあるが、基本部分は全くと言っていいほど変わらない。「どうぶつの森」はずっと「どうぶつの森」のままなのだ。(2008/12/17)

特別な時間を過ごしたいなら――「街へいこうよどうぶつの森」
「どうぶつの森」に“街”ができた。街のお店へ行ってお買い物をしたり、ほかの村のどうぶつたちの出会ったり……新たな体験が待っている。(2008/10/21)

「Nintendo's E3 Media Briefing」で紹介されたタイトルのスクリーンショットが到着
7月15日に開催された「Nintendo's E3 Media Briefing」で紹介された「Wii Sports Resort」「Wii Music」「Animal Crossing:City Folk」のスクリーンショットが到着したのでご紹介しよう。(2008/7/16)

おいでよ原宿の街――「おいでよ どうぶつの森 ミュージアム」本日オープン
ラップネットが主催する「おいでよ どうぶつの森」の世界をリアルベースで体感するイベントが本日から東京都渋谷区のLAPNET SHIPで開催されている。ちょっとのぞいてみた。(2006/5/23)

「おいでよ どうぶつの森 ミュージアム」を原宿で開催
ラップネットは、ニンテンドーDS用ソフト「おいでよ どうぶつの森」の世界をリアルベースで体感するイベントを、5月23日(火)〜6月4日(日)の期間中、東京都渋谷区のLAPNET SHIPで開催する。(2006/5/18)

「おいでよ どうぶつの森」映画化決定――イメージ映像公開
(2006/5/17)

Game Developers Conference 2006:
レボリューションでの開発を表明――ポケットの中のフランチャイズ? 「おいでよ どうぶつの森」のケーススタディ
現地時間の23日、米国サンノゼで開催されているGDC 2006において、任天堂の江口勝也氏によるセッションが行われ、据え置き機だったゲームをいかにしてワイヤレス対応の携帯ゲーム向けに再構築していったのかが語られ、今後のレボリューションへの展開を語った。(2006/3/25)

ニンテンドーDS Touch! Generations新作ソフト記者発表会:
ニンテンドーDS本体は500万台を突破――ソフトは4本がミリオンセラー
任天堂は12月26日に発表会を開催し、ニンテンドーDS本体が500万台を達成するとともに、「nintendogs」、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」、「やわらかあたま塾」、「おいでよ どうぶつの森」の4本がともに100万本を越えたと発表した。(2005/12/26)

「おいでよ どうぶつの森」レビュー:
任天堂が僕たちにくれた、せまくて広い最高の遊び場
どうぶつたちが住む村の中で、自由気ままな生活を楽しめる人気シリーズ「どうぶつの森」の最新作がニンテンドーDSに登場。その名も「おいでよ どうぶつの森」。満を持して提供されたニンテンドーWi-Fiコネクションで、遊びの幅はぐんと広がった。さあ、楽しいどうぶつたちと一緒にスローライフを始めよう。(2005/12/14)

村長さんから“マリオ”シリーズの家具がもらえる――「おいでよ どうぶつの森」
(2005/12/8)

「すれちがい通信」、「ニンテンドーWi-Fiコネクション」に対応――「おいでよ どうぶつの森」
任天堂は、同社の人気シリーズ「どうぶつの森」の最新作として、ニンテンドーDS用ソフト「おいでよ どうぶつの森」を、2005年11月23日に発売予定であると発表した。価格は4800円(税込)。(2005/10/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。