ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファミリーマート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファミリーマート」に関する情報が集まったページです。

ファミマ入店音のアレンジ曲「もう一度ファミマに行きたかった」に反響 「B’zがいる」「もろB’z」「思った以上にB’z」
B'z好きにはたまらないファミリーマートの誕生です。(2018/9/18)

焼き鳥のCMでは効果大:
客単価は平均の2倍以上 ファミマが香取慎吾を引っ張り出して狙う“上顧客”とは?
ファミリーマートは2018年度下期に、タレントの香取慎吾さんを起用し、客単価が平均の2倍以上ある“上顧客”を狙う戦略を打ち出した。平均客単価が約500円なのに、倍以上使うお客とはいったいどんな人たちなのだろうか。(2018/9/18)

急成長の秘密を探る:
ドンキ創業者が自伝に記した「金銭欲と名誉欲」
ドンキの創業者はたった一代で巨大なチェーンを築いたが、その原動力はどこにあるのか。“きれいごと”抜きの感情を素直に吐露した自伝から読み解いていく。(2018/9/18)

香取慎吾、ファミマのCM撮影でハンバーグ15個を完食 「僕は結構食べる方なんで全然大丈夫」
さすが慎吾ちゃんやで。(2018/9/13)

CMの効果てきめん:
ファミマの焼き鳥が“香取慎吾効果”で中年女性の心を鷲づかみ
ファミマが8月に看板メニューである「炭火焼きとり」をリニューアルした。販促のために香取慎吾氏を起用したCMを流したところ、客層に大きな変化があったという。(2018/9/12)

冬の商品なのに夏にも売れる:
「なぜ売れるか分からない」 ドンキ化したファミマの人気商品に幹部が困惑
ドン・キホーテのノウハウを取り入れた共同実験店が6月にオープンした。店舗の売れ筋商品を分析したところ、ある商品が上位に食い込んだ。ファミマの幹部は「なぜ売れるのか分からない」と原因を分析しきれていない。(2018/9/12)

「本当に助かりました。感謝しています」台風21号で孤立した関西国際空港 現場に居た当事者に利用客やスタッフのようすを聞いた
現地のようすやスタッフの対応について聞きました。(2018/9/8)

「ヤフオク!」がヤマト運輸「ヤフネコ!パック」での匿名配送を提供開始 住所や名前を知らせずに商品を配送可能
より匿名配送が利用しやすくなりました。(2018/8/27)

京大の卒業証明書など、コンビニのマルチコピー機で発行可能に 19年1月から
NTT西日本の証明書発行サービスが京都大学に導入され、2019年1月7日から同大学の卒業証明書などがコンビニのマルチコピー機で発行できるようになる。(2018/8/27)

「ヤフオク!」の匿名配送サービス拡大 ヤマトの宅急便でも利用可能に
ヤフーが「ヤフオク!」の匿名配送サービスを拡充。ヤマト運輸と連携し、割引価格で宅急便などが利用できる「ヤフネコパック!」でも、出品者と落札者が互いの住所を知らせることなく荷物を送れるようにした。(2018/8/27)

競合には負けられない:
有明ノリとシャケの争奪戦 ファミマの担当者が語るおむすび刷新の舞台裏
コンビニ各社はおむすびの商品開発に力を入れている。味や風味の向上が注目されがちだが、原材料の調達を巡って各社はしのぎを削っている。ファミマの調達担当者におむすび開発の舞台裏を聞いた。(2018/8/27)

小売・流通アナリストの視点:
ウォルマートの日本撤退から東京一極集中を批判する
米ウォルマートが西友を売却し、日本から撤退するという報道が話題を呼んでいる。長年伸び悩んだ西友をよくここまで我慢していたというのが素直な感想だ。そもそも西友が衰退した理由とは……。(2018/8/22)

生地にも肉にもこだわった:
ファミマ、ふっくらジューシーな新作「中華まん」発売 大手3社が出そろう
ファミマが今シーズン向けに刷新した中華まん計8商品を発売。生地のふっくら感と、豚肉の食べ応えをアップした。大手3社の新商品が出そろった。(2018/8/20)

原点回帰か本格路線か:
真夏のコンビニ中華まん 熱き「ふんわり」VS「もっちり」バトル
今夏にコンビニ各社が相次ぎ中華まんを刷新して発売。食感が「ふんわり」か「もっちり」かがポイントで、ローソンは消費者調査を経て原点回帰のふんわり路線に。(2018/8/16)

海外渡航時のデータ通信 何がおトク?(レンタルWi-Fi・プリペイドSIM編)
夏休みで海外渡航が増えるこの時期、気になるのが海外での通信手段。とりわけSNSを使うならデータ通信をどうするかは悩みどころだ。そこでこの記事では、レンタルWi-Fiサービスや海外用プリペイドSIMを紹介する。(2018/8/11)

訪日客にきめ細かい「おもてなし」を:
コンビニおにぎり、ひそかに“バイリンガル”になった深いワケ
コンビニ各社が訪日客向けにおにぎりのパッケージのデザインを変更している。具材の英語表記やイメージ写真を付けて中身を想像しやすくした。(2018/8/9)

大手商社、7社とも最終増益 4〜6月期、4社最高益 資源高が追い風
大手商社7社の2018年4〜6月期連結決算が3日、出そろった。(2018/8/6)

書店とファミマが“合体” 積文館書店との一体型店舗、佐賀に
書店とファミマが合体した店舗が佐賀に。積文館書店との一体型店を8月2日に開店。コンビニエリアと書店エリアの間に仕切りはなく、レジも集約する。(2018/8/1)

モバイル決済サービスの使い方:
多彩な決済方法を持つ「LINE Pay」 実際に使って分かったメリットと不満点
専用のカードやバーコード/QRコードを使って決済ができる「LINE Pay」。メリットは、LINEを利用していれば、面倒な手続きなしにLINE Payのアカウントを取得できること。不満点は?(2018/7/31)

ビジネスモデルを徹底検証:
ドンキはなぜここまで成長できたのか、そして何を目指しているのか
ドン・キホーテの快進撃が止まらない。29期連続の増収増益を達成する見込みであり、コンビニやスーパーが競ってそのノウハウを学ぼうとしている。ドンキの強さの秘密はどこにあるのか。そして、どんな進化をしようとしているのか。(2018/7/31)

続々増える「モバイル決済」 どんなものがある?(バーコード編)
最近、スマートフォンや携帯電話を使う「モバイル決済」のサービスが急増している。「昔ながら」のおサイフケータイを使うものはもちろん、バーコードやQRコードを使ったものも多い。この記事では、バーコードやQRコードを使った「バーコード決済」の方法を紹介する。(2018/7/25)

フルワイヤレスイヤフォンがコンビニで買える
ファミリーマートが多摩電子のフルワイヤレスイヤフォン「TBS31」を販売している。(2018/7/25)

スピン経済の歩き方:
セブンが「100円生ビール」を中止した、2つの心当たり
セブン-イレブンの「100円生ビール」が中止になった。本部が中止の判断を下したことを受け、さまざまな憶測が飛び交っているが、筆者の窪田氏は2つの理由が大きいのではないかと見ている。どういうことかというと……。(2018/7/24)

ファミマ×ドンキの実験店好調、売上高1.5倍 コラボ拡大へ
両社は引き続き実験店での売れ筋や客層、需要などの追跡調査を行い、コラボ店の拡大を検討する。(2018/7/20)

続々増える「モバイル決済」 どんなものがある?(非接触編)
最近、スマートフォンや携帯電話を使う「モバイル決済」のサービスが急増している。「昔ながら」のおサイフケータイを使うものはもちろん、バーコードやQRコードを使ったものも多い。この記事では、おサイフケータイやNFCを使った「非接触決済」の方法を紹介する。(2018/7/20)

残るは900店舗:
奈良・和歌山・香川から「サークルK・サンクス」消滅 ファミマに転換完了
奈良県、和歌山県、香川県内のコンビニチェーン「サークルK」の全店舗が、ファミリーマートブランドに転換された。(2018/7/10)

セブン-イレブンの隣にセブン-イレブンができた!? ビックリ光景、その理由は
お客さんのための配慮でした。(2018/7/4)

軽装化の流れが“お直し業界”にまで:
“革靴離れ”が生んだスニーカー修理サービスは定着するか
「お気に入りのスニーカーを修理して長く使いませんか?」――そんな提案を靴・バッグなどの修理ショップを展開するリフォームスタジオが始める。革靴やブーツを修理して長く使うサービスは以前からあるが、スニーカー向けに同じようなサービスを提供する意図はどこにあるのだろうか。(2018/7/3)

台風の目になる?:
「ドンキ化」でコンビニ反撃 ファミマ改革、来店客回復に異業種タッグ
「ファミリーマート」が大胆な変貌をみせている。外観はファミマの略称で親しまれるおなじみのコンビニエンスストアだが、一歩足を踏み入れると、ディスカウント店「ドン・キホーテ」の店舗なのだ。新たな店舗像を探る共同実験に異業種同士がタッグを組んだ。来店客数が伸び悩み、成長神話に陰りが見えるコンビニ業界。ドンキ化したファミマは台風の目となるか。(2018/7/3)

各社で取り組みに差:
ユニーファミマが社員の服装を自由化、他のコンビニ大手は?
ユニー・ファミリーマートホールディングスが社員の服装をほぼ自由にすると発表した。小売業界全体でみても珍しい取り組みだが、いったいどのような効果を狙っているのだろうか。(2018/7/2)

24時間営業は止められる:
コンビニオーナー残酷物語 働き方改革のカギは「京都」にあり
「働き方改革」の時流に逆らうかのように「24時間営業」を止めないコンビニ。その裏では、オーナーに「過労死ライン」の労働を強いている実態がある。そんな中、24時間を止めても純利益を8%増やした京都のオーナーが、メディアの取材に初めて実名で応じた。(2018/7/2)

妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」登場 全国の妖怪を収集
ガンホーとレベルファイブは、6月27日に妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」を配信開始した。「Google Maps Platform」を採用し、従来の位置情報ゲームよりも立体的かつリアルなマップで楽しめる。(2018/6/27)

ガンホー、「妖怪ウォッチ ワールド」始動 スマホを持って出歩き見つけた妖怪と友だちになる位置情報ゲーム
Twitterでは「妖怪GO」がトレンド入り。(2018/6/27)

日本各地を歩いてバトル:
ガンホー新作は「妖怪ウォッチ」の位置情報ゲーム レベルファイブとタッグ
ガンホーとレベルファイブが、ゲームアプリ「妖怪ウォッチ ワールド」をリリース。位置情報を活用したARゲームで、おなじみの妖怪が画面上に出現する。バトルや育成などの遊び方が可能。(2018/6/27)

経済インサイド:
来店客伸び悩みの「ファミマ」 乾坤一擲の“ドンキ化”は起死回生の一手になるか
「ファミリーマート」の大胆な変貌に度肝を抜かれた人も多いだろう。外観はファミマの略称で親しまれるおなじみのコンビニエンスストアだが、一歩足を踏み入れると、ディスカウント店「ドン・キホーテ」の店舗なのだ。(2018/6/27)

台湾の事例に学ぶ、日本のキャッシュレス化に必要なもの
日本キャッシュレス化協会主催の「キャッシュレスが創る未来」セミナーが開催された。今回は「キャッシュレス化における日本の課題」という視点から、セミナーでのトピックを紹介したい。特に参考になるのが台湾の事例だ。(2018/6/27)

コンビニ+書店の一体型店舗 「ファミリーマート+サンミュージック彦根店」14日オープン 
「夜間から早朝に購入したい」「素早く購入したい」などのニーズに対応。(2018/6/13)

あいさつ「またお越しくださいませ」も廃止:
ファミマのバイト、“時代の流れ”で「茶髪OK」に
ファミリーマートがアルバイトスタッフの髪形に関する規則を緩和。従来は“黒髪限定”だったが、茶髪や金髪などでの勤務を認めているという。(2018/6/13)

定番商品3000点、書籍5000冊販売:
ファミマが「書店」と合体、滋賀に出店 深夜の“ついで買い”増やす
ファミリーマートと、滋賀県内で書店・レンタルショップを運営するサンミュージックが提携。書店・コンビニが一体化した新型店舗を滋賀県彦根市にオープンする。両社の強みを組み合わせて新たな提供価値を生み出す狙い。(2018/6/13)

食パンに練りこまれた秘密:
ファミマのサンドイッチ、パンの「耳」に目を付けたら売れた訳
ファミリーマートの食パンの耳を半端に残したサンドイッチが売れている。柔らかめの耳を少し残すことで香ばしさや食感を工夫し、地味な部分で消費者に驚きを与えた商品といえる。(2018/6/13)

今年もヤツが来た! ファミマ「チョコミントフラッペ」がパワーアップして再登場
2017年最大のヒット作がやってくる。(2018/6/6)

「チョコミン党」に告ぐ:
フラッペ、メロンパン、パンケーキ… …ファミマが“チョコミントスイーツ”連発
ファミリーマートがチョコミント味のスイーツを強化している。フラッペにパンケーキ、メロンパンやアイスで夏向けの清涼感を武器に売り込む。(2018/6/5)

チョコミン党に朗報! ファミマでチョコミント味のメロンパンとパンケーキ発売
チョコミン党がアップを始める。(2018/6/5)

ファミマのキチンとしたチキン:
ポテトじゃないのにチップス!? スナック風の鶏肉「ファミチップス」登場
ファミリーマートが「ファミチップス(タコス味)」を発売した。チップスとあるが実際は鶏肉を揚げた料理で、スナック感とギャップをあえて狙った。(2018/6/5)

「民泊新法」施行直前も届け出わずか724件:
「民泊2020年問題」勃発 揺らぐ「観光立国」ニッポン
民泊を合法的に整備するために制定された民泊新法(住宅宿泊事業法)が6月15日に施行される。だが、新法に基づいて各自治体に出された届け出件数は5月11日時点で724件しかない――。(2018/6/4)

これは本当にコンビニ?:
狙いは肉食系男子? 「ドンキ化」したファミマに行ってみた
ドンキのノウハウを注入したファミマの実験店舗がオープンした。商品の品ぞろえや陳列方法はこれまでのファミマからは想像もできないものだった。オープン当日の様子をルポ形式でお届けする。(2018/6/1)

「碇ゲンドウの中の人」が叫ぶ:
ファミマで「帝京平成大学のココがすごい!」 人気声優CMに秘められた大学戦略
ファミリーマート店内で流れる帝京平成大学の声優CMが話題だ。地方の高校生からだんだん志願者が出てくるようになっており、全国区での知名度アップを狙う。(2018/6/1)

ファミマとドンキが共同実験店舗を実施 ファミマの品ぞろえにドンキの演出ノウハウを付加
どんなお店になるのでしょうか。(2018/5/29)

ファミマとドンキが共同実験店舗 「リアルならではの体験を」
ファミリーマートとドン・キホーテが共同実験店舗をスタート。両社のノウハウを生かし、リアル店舗ならではの買い物の楽しさを追求するという。(2018/5/28)

あのペンギンは登場する?:
ファミマ、店舗を「ドンキ化」 「圧縮陳列」はコンビニでも?
ドンキの品ぞろえや売り場づくりなどを反映させた実験店舗をファミマが6月1日にオープンする。ユニー・ファミリーマートホールディングスは、ユニーの店舗を「ドンキ化」させて成果を出したことはあるが、「ドンキ化」したコンビニは成功するだろうか。(2018/5/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。