ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファミリーマート」最新記事一覧

関連キーワード

ホラー水族館が今年もやってくる…… 夜間のサンシャイン水族館を歩く、五味弘文プロデュースの恐怖イベント再び
夜の水族館へようこそ。(2017/8/9)

少年がアイスショーケースに入り込み大暴れする動画が炎上拡散 沖縄ファミマは「警察に相談中」
イタズラでは済まない暴挙です。(2017/8/3)

期間限定「ハラミタレ」を投入し強化:
ファミマ「炭火焼きとり」、発売1カ月で累計3000万本突破
ファミリーマートの「炭火焼きとり」が発売約1カ月で累計販売数3000万本を突破。期間限定で「ハラミタレ」を投入し、ラインアップを強化する。(2017/8/2)

たけのこの里の新味「クッキー&グリーンティー」ファミリーマートなどで限定発売
たけのこ派の逆襲が始まった?(2017/8/2)

リポビタンDの「ドラゴンボール」限定デザインボトルが発売 限定グッズが付属するコラボフェアも
初のアニメコラボパッケージです。(2017/7/31)

先行投資への不安:
LINE「スマホの次」模索 AI強化も先行投資に不安
LINEはインターネットへの「入り口」をスマホ以外に展開し、業容の拡大を目指している。(2017/7/18)

計画を1カ月上回るペース:
サークルK・サンクス、ファミマに転換済み店舗が2000店に
2016年9月に始まった「サークルK・サンクス」から「ファミリーマート」へのブランド転換が、当初の計画よりも早いペースで進んでいるという。(2017/7/13)

トップ10にコンビニ3社ランクイン:
アジアの小売業者ランキング、1位はイオングループ
英ユーロモニターがアジア主要14カ国の小売業者のランキングを発表。1位はイオングループ。トップ10にはセブン-イレブンジャパン、ファミリーマート、ローソンの3社も入った。中国、インドネシア、韓国はモバイルコマースが成長。(2017/7/13)

サークルKサンクスで8月からTポイントカードが使えるように 楽天スーパーポイントは終了へ
ファミマ同様、Tポイントサービスが利用できるコンビニに。(2017/7/6)

「楽天ポイント」は終了:
サークルK・サンクス、8月から「Tポイント」に対応
サークルK・サンクスが8月1日から「Tポイント」に対応する。ファミリーマートへのブランド転換に向け、ポイントサービスを統合する狙い。「楽天スーパーポイント」は17年9月末でサービスを終了する。(2017/7/5)

サークルK・サンクスに「Tポイント」導入 「楽天スーパーポイント」から乗り換え
「サークルK・サンクス」に8月から「Tポイント」を導入。「楽天スーパーポイント」は、9月末にサービスを終了する。(2017/7/5)

ノウハウ取り入れて収益拡大へ:
ユニー・ファミマ、総菜に注力 カネ美食品を子会社化
ユニー・ファミマHDが、カネ美食品を子会社化することが決定。顧客のニーズが高まりつつある総菜分野でさらなる収益を得る狙い。(2017/6/29)

取締役会で付議後に決定:
カネ美食品の株価が急騰 ファミマが子会社化を検討で
ユニー・ファミマHDがカネ美食品の子会社化の方針を検討していると報じられると、カネ美食品の株価が急騰した。(2017/6/29)

パラオの海から深海まで 水中写真家・中村征夫さんの写真展「永遠の海」 8月に銀座松屋で開催
有人潜水調査船「しんかい6500」から撮影した写真も展示。(2017/6/28)

小売・流通アナリストの視点:
GMS大量スクラップ時代の風に乗るドン・キホーテ
総合スーパー(GMS)の店舗再生に定評があるドン・キホーテに対し、ユニー・ファミリーマートが業務提携の検討を始めた。なぜドン・キホーテは注目されているのか。その強さの源泉に迫った。(2017/6/28)

新発売のコラボ商品をPR:
ファミマ店員がダイエットに挑戦 RIZAPとのコラボ企画
ファミリーマートが、ストアスタッフ11人の食生活にRIZAPとのコラボ商品とファミマのオリジナル商品を組み合わせたメニューを導入し、体形の改善に臨む企画を始める。(2017/6/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
コンビニが「焼き鳥」強化、何が起きようとしているのか
ファミリーマートが焼き鳥の本格的な販売に乗り出した。ローソンも2016年から焼き鳥を強化しているが、今後、コンビニ各社は総菜類の品ぞろえをさらに拡充していく可能性が高い。一方、国内でもじわじわと「UberEATS」や「楽びん」といったデリバリーサービスの普及が進んでいる。近い将来、デリバリーを軸に、コンビニなどの小売店と外食産業の垣根が消滅する可能性も出てきている。(2017/6/21)

「Clova」活用:
LINEとファミマが提携 AIで「次世代コンビニ」実現
LINEとファミリーマート、伊藤忠商事が提携。AIを活用した次世代コンビニで協力する。(2017/6/15)

Google Cloud Next Tokyo 17:
「アマゾンは本当に怖い」とファミリーマートの澤田社長、Google Cloudをフル活用へ
Googleは2017年6月14日、「Google Cloud Next Tokyo 17」を開幕。ファミリーマートがGoogleのコンサルティングおよびクラウドサービスを包括的に活用していくことを明らかにした。また、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)がGoogle Cloudのパートナーとなったことも発表された。(2017/6/15)

コンビニの棚から追いやられ:
明治「カール」東日本で販売終了の要因は
なぜカールは東日本で販売終了に追い込まれたのか──。(2017/6/14)

半年めどに具体化へ:
ユニー・ファミマとドンキ、業務提携の検討を開始
ユニー・ファミマHDとドンキホーテHDが業務提携の検討を開始する。(2017/6/14)

誘致合戦も活発に?:
AKB48選抜総選挙、沖縄開催の“本当”の理由
今週末に沖縄で「AKB48選抜総選挙」が開催される。同イベントは毎年大きな経済効果を生み出していて、今や地方の企業や自治体にとっても喉から手が出るほどのものになった。これまでは姉妹グループがある都市で開かれていたが、現状その条件に該当しない沖縄は“異例”。その舞台裏に迫った。(2017/6/14)

ユニー・ファミリーマートHDとドンキホーテHDが業務提携の検討開始 強みを生かして相互補完効果に期待
検討事項は、小売事業での出店開発、商品の共同開発・仕入れ、物流の合理化、海外市場での協働など。(2017/6/13)

ファミマとドンキ、業務提携を検討 店舗を相互利用、商品開発など協業へ
半年内をめどに提携内容を具体化し、契約締結を目指して協議を進める。(2017/6/13)

スナック戦争に負けた「カール」 その要因は
なぜカールは販売終了に追い込まれたのか――。(2017/6/13)

セブン-イレブン、最後の空白エリアとなる沖縄県への出店を決定
これで全国の都道府県に。(2017/6/10)

セブン沖縄上陸 2019年に1号店
17年中をめどに、100%子会社の現地法人を設立し、円滑な店舗運営を目指す。(2017/6/9)

2014年のテスト販売から3年:
カルビー、「Jagabee」の姉妹商品「おさつビー」を発売
カルビーが、「Jagabee」の姉妹商品であるサツマイモスティックの「おさつビー」を、6月12日からコンビニで先行販売する。14年のテスト販売から3年、「食感や素材の味を引き出す商品に仕上げた」という。(2017/6/8)

明日から使えるITトリビア:
若者はみんな使っている? 謎のワード「ギガが減る」とは
あなたのスマホ、“ギガ”減っていませんか?(2017/6/8)

サンクスの「焼きとり」がリニューアルして復活! 6月27日からファミマでも展開
あの看板商品「焼きとり」が帰ってくるぞー!!(2017/6/6)

伸びる中食市場を狙え:
始まるか? コンビニ大手の「焼き鳥戦争」
ファミリーマートが、新商品の「焼き鳥」と看板商品の「ファミチキ」を積極的に売り出す施策を発表。背景にあるのは中食市場の成長。コンビニ各社の激しい商品開発競争の中、焼き鳥も新たな戦場となるか。(2017/6/5)

上半身がファミチキの公式擬人化キャラ「ファミチキ先輩」誕生 圧倒的狂気デザインを前に君は食欲を保てるか
29歳独身、ファミマバイト歴11年。見た目とは裏腹にリアルな設定。(2017/6/5)

「ベジタブルおっとっとアイス コンソメ味」という合成獣みたいなアイスがファミリーマートに登場
「アイスクリームとおっとっと、どこに行った?」「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」(2017/5/31)

知られているのは「公共料金支払い」:
意外と知らないコンビニ店頭サービス、1位は?
便利なコンビニ店頭サービス、まだ知られていないものは?――マイボイスコム調べ。(2017/5/29)

ユニー、6月から食品266品目を平均7%値下げ 3年ぶり
ユニーはナショナルブランドの食料品266品目について、6月1日から平均7%値下げ。(2017/5/22)

ファミチキ載せたどんぶり弁当、ファミマから初登場 その名も「黒幕引き丼」
ファミチキ、丼になるってよ。(2017/5/19)

“いま”が分かるビジネス塾:
「無人コンビニ」の普及がもたらす経済的インパクト
米Amazon.comが3月にオープンする予定だった無人コンビニ「Amazon Go」のプロジェクトが遅延している。無人コンビニは技術的難易度が高く、トラブルが多発することは容易に想像できるが、本格的に普及した場合の影響は大きい。無人コンビニは社会や経済に対してどのような影響を与える可能性があるのか。(2017/5/18)

人手不足がイノベーションを促す:
海外より国内にリソース投入=ユニー・ファミマ社長
ユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長は、2020年度までの中期計画期間中、海外よりも国内にリソースを投入する方針を示した。(2017/5/10)

宅配便サービス「はこBOON」、一時休止 ヤフオク!では6月中旬から停止
「はこBOON mini」はこれまで通り継続。(2017/5/9)

宅配便サービス「はこBOON」一時休止 ヤマトとの契約終了で、再開めど立たず
ネットオークション向け宅配便サービスが一時休止する。(2017/5/9)

ヤマト運輸に配送を委託:
配送サービス「はこBOON」一時休止 再開めど未定
配送サービス「はこBOON」が一時休止。伊藤忠商事、ヤフー、ファミリーマート、ファミマ・ドット・コムが連携し、ヤマト運輸に配送を委託していた。再開のめどは未定。(2017/5/9)

ファミマプリントが一時サーバーダウン 原因は「けものフレンズ」ブロマイドへのアクセス集中、同商品は販売延期に
のけものはいないが入場制限は必要だった。(2017/4/26)

“いま”が分かるビジネス塾:
なぜセブンは海外のコンビニを買うのか
セブン-イレブンがこれまで聖域としてきたFC加盟店のロイヤリティ引き下げに踏み切った。同じタイミングで過去最大規模となる海外のコンビニのM&A(合併・買収)実施についても明らかにしている。飽和市場で苦しくなると言われながらも、何とか成長を維持してきたコンビニ業界だが、一連の決定は成長神話もいよいよ限界に達しつつあることを如実に表している。(2017/4/26)

「静岡県最後のコンビニです」 静岡県民の希望を一身に背負ったサークルKが話題に
静岡県民の筆者「!!!!???」(2017/4/26)

人手不足が直撃:
人件費上昇にもがくコンビニ、「無休」の成長モデルに壁
24時間・365日、いつでも・どこでも」という独特のビジネスモデルで成長してきた日本のコンビニエンスストア業界が曲がり角を迎えている。(2017/4/25)

「Yahoo!地図」アプリ刷新で「Yahoo!MAP」に 近くの「カフェ」「コンビニ」などジャンル別検索
「カフェ」「コンビニ」などのジャンルから店舗情報・位置を探せる検索機能や、ヤフーが配信するグルメ記事などが読める機能を追加する。(2017/4/24)

バス客向け商品充実:
バスタ新宿のファミマ、フロア3倍に 前倒しで本営業へ
ファミリーマートは、バスターミナル「バスタ新宿」内の直営店舗を移転・増床し、4月28日に本営業を始める。(2017/4/21)

“いま”が分かるビジネス塾:
セブンの「ロイヤリティ引き下げ」が意味するもの
セブン−イレブンが、これまで「聖域」としてきたフランチャイズ(FC)加盟店のロイヤリティ引き下げを表明。コンビニにとって核心部分であるロイヤリティの見直しを実施しなければならないほど、セブンは追い込まれつつあるのかもしれない。(2017/4/19)

コンビニ大手5社、全商品に電子タグ レジ・棚卸し業務を効率化
経産省は「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定。2025年までに、コンビニ大手5社の全商品、年間約1000億個に電子タグを取り付けるという。(2017/4/18)

経産省、コンビニのセルフレジ化を推進 大手5社の全店舗へ2025年までに導入
人手不足など、小売業のさまざまな課題の克服を目指す施策。(2017/4/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。