ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アニメ制作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アニメ制作」に関する情報が集まったページです。

「なるたる」など手掛けたアニメスタジオ「九魔」関連会社が破産 2017年末の九魔代表急逝に伴い
九魔もなくなっていたのか……。(2018/6/13)

プロダクションアイムズが経営破綻 「ハイスクール・フリート」「いなり、こんこん、恋いろは。」など手掛ける
一部関係者に代理人からの通知が届き始めたことで話題になっていました。(2018/6/11)

「破産を念頭に」:
アニメ制作会社「プロダクションアイムズ」が債務整理 「はいふり」など手掛ける
東京商工リサーチによると、アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」などを制作したアニメーション制作会社プロダクションアイムズ(東京都練馬区)が6月7日付けで債務整理を開始した。(2018/6/11)

「はいふり」制作・プロダクションアイムズが債務整理 「破産手続き念頭に」
「ハイスクール・フリート」(はいふり)などで知られるアニメ制作会社・プロダクションアイムズが、弁護士に一任する形で債務整理を始めた。「破産手続きを念頭に置いた法的整理を視野に入れて対応する」という。(2018/6/11)

「天城越え」の作曲家がまさかの楽曲提供:
「アイドルマスター」シリーズ初の「ガチすぎる演歌」はいかにして生まれたか
日本コロムビアの柏谷智浩音楽プロデューサーに聞きました。(2018/6/15)

山谷剛史のミライチャイナ:
上場果たした「ビリビリ動画」とは? 「日本アニメは中国で人気」の実際
NASDAQにIPOを果たした中国の動画サイト「ビリビリ」は、ニコニコ動画のようなコメント“弾幕”機能など、日本製アニメなどとの親和性の高さで日本でも知られている。その中国での人気はどうなのか? 現地に詳しい山谷氏のリポート。(2018/5/25)

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」などのCG/VFXスタッフ募集 カラー
「エヴァンゲリオン」シリーズなどで知られる庵野秀明監督が代表を務めるアニメ制作スタジオのカラーが、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を含む制作スタッフを募集している。(2018/5/24)

世界のユーザー1.5億人に配信:
中国「ビリビリ動画」運営元が日本でアニメ制作へ
中国Bilibiliが日本でアニメ制作事業を始める。日本法人のビリビリが、東京・人形町に制作スタジオを立ち上げ済み。人材募集も始めており、年間3本のペースで制作を行う計画という。(2018/5/22)

楽しみすぎるだろおお! アニメ「BanG Dream!」2nd、3rdシーズン一気にくるぞ
2019年放送、アニメ制作はサンジゲン、ミニアニメ「ガルパ☆ピコ」も発表。(2018/5/13)

フランスの学生が制作した「ヒロアカ」ファンムービーが超作画 色彩、撮影まで一人で担当
コマ送りしたくなる。(2018/5/12)

「海賊版という認識なかった」 Anitubeに毎月広告費1300万円を支払っていた代理店が取材に応じた
Anitubeの運営者が起訴されていたことも分かりました。(2018/5/9)

NTTぷららとIGポートが業務提携 VRコンテンツなどの制作で連携へ
オリジナルアニメやスマートフォン向けアニメのコンテンツも制作。(2018/5/7)

NTTぷらら、「攻殻機動隊」プロダクション・アイジーの親会社と資本業務提携
NTTぷららが、プロダクション・アイジーなどを傘下に持つIGポートと資本業務提携を結んだ。オリジナルアニメの企画や制作、配信などに向け連携する。(2018/5/7)

万策尽きなかったああああ! アニメ「SHIROBAKO」劇場版が制作開始
成長した宮森あおいたちが帰ってくる。(2018/4/28)

「製作委員会方式」やめました アニメ製作変え、教育現場を動かす気鋭の学科長
従来のアニメ製作とは違った手法を取ることで「公開する前に、アニメ製作にかかった費用は回収できてしまう」という映像監督がいる。「製作委員会方式」をやめることでアニメの新たなビジネスを見いだした、糸曽賢志さんに話を聞いた。(2018/4/10)

アニメ制作会社が企画・開発:
「ポプテピピック」の“クソみくじ”巨大になって東京ビッグサイトに降臨 神風動画の新アプリ
アニメ「ポプテピピック」の制作で知られる神風動画が動画再生フォーマット「タテヨコ」を発表。スマホの向きを変えると映像が切り替わるアプリなどで、広告や特典配布などにも使えるとアピールした。(2018/4/4)

アニプレックス、“イラスト立体化”のLive2Dと業務資本提携 長編アニメ制作へ
アニプレックスとLive2Dが業務資本提携を結んだ。2次元イラストを立体的に動かせるLive2Dの映像技術を生かし、長編アニメーション映画を制作する。(2018/3/28)

映像制作技術「Live2D」育てる:
アニプレックスとLive2Dが資本・業務提携 “新しい表現”駆使して長編アニメ制作
アニプレックスとLive2Dが資本・業務提携を結んだ。アニプレックスがLive2Dの株式の過半数を取得し、映像技術「Live2D」の開発を支援する。両社のノウハウを生かした長編アニメーション映画の制作も進める。(2018/3/28)

アニメーター向け動画・原画チェックアプリが登場 プロじゃなくてもパラパラマンガ感覚で遊べそう
たのしい。(2018/3/27)

アニメ制作現場「脱ブラック」へ 経産省、描画ソフトに共通規格で作業負担軽減
アニメ業界の劣悪な労働環境を改善するため、経済産業省が描画ソフトに共通規格を導入した。責任者の“感性”に左右されやすい非効率的なアニメ制作の現場はブラック化しており、アニメーターの作業負担の軽減が大きな課題となっている。(2018/3/27)

「スカイリム」などでModを作るクリエイター「ひげよし」「tktk」氏対談 Modはいかにして作られるのか?
今やPC用ゲームには欠かせない「Mod」の世界を、Modクリエイター2人が語ります。(2018/3/24)

「日本の製作委員会方式は岐路」 Production I.Gとボンズのトップが明かす「Netflixとの業務提携の真意」
「新しい作品を生み出せる」企画の魅力とは?(2018/3/25)

ザック(CV.岡本信彦)の安心感よ! アニメ「殺戮の天使」が7月から放送開始
ザックのキャスティング見ただけで脳内では勝利BGMが鳴る。(2018/3/20)

デーモン閣下、Eテレアニメ「ねこねこ日本史」に激似オリジナルキャラ登場で激怒 NHK「事実関係調査中」
原作マンガには登場しないオリジナルキャラクターでした。(2018/3/16)

「塩川超え」の学生は生まれるか:
「FGO」運営のディライトワークスが、大阪成蹊大学と提携するワケ
大ヒットスマホゲーム「Fate/Grand Order」の開発会社が大阪成蹊大学と提携し、ゲーム業界でプロとして通用する人材を育成する。両者の狙いとは?(2018/3/13)

日本のアニメ産業“ブラック化”で衰退の危機! 経産省が“生産革命”へ
経済産業省がアニメ産業の生産性革命に乗り出した。デジタル化に遅れた日本の制作工程をIT化するため、描画ソフトの共通規格を設ける。アニメ制作の現場は“ブラック化”しており、アニメーターの待遇改善が大きな課題となっているからだ。(2018/3/7)

描画ソフトに共通規格:
日本のアニメ産業“ブラック化”で衰退の危機 経産省が生産性革命を推進
経済産業省がアニメ産業の生産性革命に乗り出した。海外に比べ、デジタル化に遅れた日本の制作工程をIT化するため、描画ソフトの共通規格を設ける。(2018/3/7)

「妥協は死」が社訓 「ポプテピ」で話題のCGアニメスタジオ・神風動画の社員はなぜ徹夜をしないのか
死屍累々なスタジオかと思いきや……?(2018/3/11)

「ゾイド」12年ぶりの新シリーズ始動! 「ゾイドワイルド」2018年夏にアニメ化決定
うおー!(2018/2/27)

「けものフレンズ」公式、パズルゲームめぐりコメント「権利は全て正式に許諾」
ゲーム内で使われている素材について疑問視する声がありました。(2018/2/24)

「けものフレンズ」今度は新作ゲーム巡り騒動に アニメ素材使用に福原P「看過できません」
発表直後は「たつき絵だ!」と喜ぶ声もあったのですが……。(2018/2/5)

タツノコプロ、フルデジタルのアニメ制作マニュアル公開 「限界を迎えつつあるワークフロー改善の足がかりに」
タツノコプロは、フルデジタルのアニメ制作方法・ワークフローを解説する社内用マニュアルを無償公開した。「デジタルに関心のあるクリエイターや業界関係者の参考になれば」としている。(2018/2/5)

アニメの吹き替えは増えてる? ドイツの声優事情を探ってきた
ドイツのアニメファンイベントで現地の声優さんを取材してきました。(2018/2/3)

アニメ会社のタツノコプロ、フルデジタル作画のワークフローを無償公開 限界を迎えつつある現状改善に一石
めちゃくちゃ詳しく書かれてる。(2018/2/2)

エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」がTVアニメに
TBSテレビ系列で放送されているアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」に、エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」が登場するようだ。(2018/2/2)

Universalが世界に配給:
任天堂、「スーパーマリオ」アニメ映画製作へ=経営方針説明会
任天堂は、米Illumination Entertainmentと共同で、「スーパーマリオ」アニメ映画の企画開発を開始する。(2018/2/1)

NHKアニメ「ピアノの森」キャスト・スタッフ発表 主演カイ役に斉藤壮馬、アニメ制作はガイナックススタジオ
放送が待ちきれない。(2018/1/31)

NetflixがProduction I.G、ボンズと業務提携 アニメを共同制作、190カ国に配信
NetflixがProduction I.G、ボンズと業務提携を結び、アニメを共同制作すると発表した。(2018/1/31)

NetflixがProduction I.G、ボンズと包括的業務提携 アニメを共同制作、世界配信へ
どんな作品が生まれるか楽しみですね。(2018/1/31)

伊賀流忍者萌えキャラ「伊賀嵐マイ」のアニメ化が決定 イベント開催に向けクラウドファンディングで支援を募集
元SKE48の竹内舞さんが主題歌を担当します。(2018/1/27)

「何かが始まるっ?!」 たつき監督、????な新作カットでファンの期待を爆発させる
期待していいですか!?(2018/1/13)

アニメ製作用仮想通貨「トワイライトコイン」発行へ ファンがクリエイターを直接支援
アニメ製作に特化した仮想通貨「トワイライトコイン」発行計画を、アニメ監督のヤマカン氏が発表した。アニメファンにコインを買ってもらって製作資金を調達し、クリエイターに還元したり、作品を盛り上げる狙いだ。(2018/1/5)

なぜ「けものフレンズ」は2017年の“覇権アニメ”になったのか
2017年のアニメを振り返るうえで欠かせない1作が「けものフレンズ」だ。放送前は話題にほとんど上らなかった深夜アニメが、なぜインターネット上を席巻する“覇権アニメ”にまでなったのか。(2018/1/5)

特集「Connect 2018」:
好きなキャラクターが身近に? ロボットの可能性とは――ユカイ工学・青木CEO
コミュニケーションロボット「Bocco」や、しっぽの付いたクッション型セラピーロボット「Qoobo」などを開発、提供している企業ユカイ工学。2018年はロボットの活用が進むのか。青木CEOは、ロボットの可能性について、どのように考えているのかを聞いてみた。(2018/1/4)

アニメ監督の山本寛さん、独自の仮想通貨で資金調達する“ICO”による「新アニメ制作方式」検討
スタジオの名にちなみ、“トワイライトコイン”という名前に。(2017/12/30)

「けもフレ」「中国」「Netflix」……:
2017年のアニメ業界を6つの“事件”で振り返る
アニメ業界にとって“激動の1年”だった2017年。アニメ業界はどう変化しているのか? アニメーション評論家の藤津亮太さんに聞く。(2017/12/28)

「けものフレンズ」2期、たつき監督の続投はなし 福原Pが報告 「力及ばず大変申し訳ございません」
決定はやはり覆りませんでした。(2017/12/27)

「けもフレ」2期、たつき監督所属の「ヤオヨロズ」が“降板”決定 福原取締役が報告
アニメ制作会社ヤオヨロズの福原慶匡取締役が、「けものフレンズ」2期制作から外れることが最終決定したと報告。(2017/12/27)

新仮想通貨「オタクコイン」発行を検討 コンテンツ業界で利用できる共通通貨として構想
オタクコインを通じて、アニメ制作に直接参加・支援できる仕組みも検討されています。(2017/12/27)

“オタク業界”向け仮想通貨「オタクコイン」発行検討 Tokyo Otaku Mode
オタク系コンテンツ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」のICOに向けた検討を、Tokyo Otaku Modeが始めた。(2017/12/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。