ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アニメ制作」最新記事一覧

10月放送予定だったアニメ「されど罪人は竜と踊る」、急きょ6カ月放送延期に 「ポプテピ」の3カ月延期を超える
4月までおあずけに。(2017/9/22)

ブレードランナー“空白の30年間”が映像に 2022年は「カウボーイビバップ」渡辺信一郎がアニメ化!
9月26日公開予定。(2017/9/15)

各社のコンプライアンスが検討の鍵
個人向けDropboxとどこが違う? 進化した「Dropbox Business」を徹底解説
Dropbox Businessは、さまざまな管理機能や拡張機能を備えた企業向けファイル共有サービスだ。導入に向けたメリットとリスクについて解説する。(2017/9/11)

VR技術、映像制作活発に ソニー「新しい娯楽」
仮想現実技術を使った映像コンテンツをつくる動きが活発化している。(2017/9/7)

バンダイビジュアル、ガルパン制作のアニメ制作会社「アクタス」を買収 アクタスの企画力で優良IPの創出目指す
アクタスは現在放送中のアニメ「プリンセス・プリンシパル」などを手掛けています。(2017/9/4)

「東京アニメセンター」がリニューアルオープンへ 移転先は東京・市ヶ谷のDNPプラザ
7月19日に閉館していました。(2017/8/25)

「君の名は。」好調の裏で:
アニメ制作会社の平均売上高、10年間で4割減収
帝国データバンクがアニメ制作企業の経営実態調査を発表。2016年はアニメのヒットが続いたが、1社当たりの平均売上高は10年間で4割減収しているという。(2017/8/24)

100円均一の定規を研ぎまくったら包丁になるのか? 金属製定規で野菜を切ってみた
いい切れ味。(2017/9/2)

アニメ「刀剣乱舞」の演出家、Twitterで「不適切な発言」 「泥酔状態だった」と制作会社が謝罪
アニメ「刀剣乱舞」の演出家がTwitterで「不適切な発言」をし、制作会社が謝罪した。「泥酔状態だった」という。(2017/8/21)

アニメ「3月のライオン」、第2シリーズが10月14日放送スタート! 夏祭り仕様のキービジュアルかわいいいい!
ニャーたちもいるよ。(2017/8/21)

製造ITニュース:
「声」を集めて使う基盤を開発、新たなビジネスモデル創出へ
東芝デジタルソリューションズは、東芝コミュニケーションAI「RECAIUS」の音声合成技術を活用し、「声」を収集、蓄積、提供するプラットフォーム「コエステーション」(β版)を開発した。(2017/8/16)

「ウテナ」「ピンドラ」などの幾原邦彦監督最新作が制作始動 MAPPA公式サイトでスタッフを募集開始
マジで?(2017/8/15)

アニメ25周年を記念:
「幽白」蔵馬のトリートメント バンダイが発売のワケ
バンダイが、1990年代に人気を博した漫画「幽遊白書」の人気キャラクター・蔵馬をモチーフにしたアウトバストリートメントの予約受付を開始した。テレビアニメ化25周年などが開発の理由という。【訂正】(2017/8/2)

「Flash終了」までの20年とはなんだったのか? ネット文化からアニメへ至るFlashの歴史を振り返る
「おもしろフラッシュ倉庫」とかいろいろあったなぁ(遠い目)。(2017/8/1)

エヴァ庵野監督“10年間の歩み”描く「おおきなカブ(株)」、YouTubeで公開
「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督が率いる映像会社・カラーの10周年記念アニメ「よい子のれきしアニメ おおきなカブ(株)」がYouTubeで公開。(2017/7/31)

アニメ「ジョーカー・ゲーム」関東再放送のメインスポンサーが新潟市!? ガチオタ副市長とProduction I.Gが史上初の取り組み
「この番組は新潟市とご覧のスポンサーでお送りします」(2017/8/20)

「君の名は。」BD&DVD発売記念 本編OPのビデオコンテがYouTubeで期間限定公開
貴重な映像。(2017/7/26)

アニメーターの増尾昭一さんが逝去、57歳 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」特技監督などで活躍
「王立宇宙軍」「ふしぎの海のナディア 」「無責任艦長タイラー」などを手掛けました。(2017/7/26)

「懐かしい!」「宝塚みたい」 山本美月の「少女革命ウテナ」コスプレに反響、過去には“メーテル”も
ピンクの髪も似合ってる。(2017/7/24)

アラサーだけどかわいいぞ! 2.5次元アイドル「大森杏子」がアニメ化クラファン開始
頑張れ杏子。(2017/7/22)

クドと過ごす夏休み 「クドわふたー」劇場アニメ化プロジェクトが始動、クラウドファンディングで3000万円を調達
わふー!(2017/7/21)

Box、Dropbox、kiteworksなど
ビジネス向けファイル同期・共有ツール11製品を徹底比較(前編)
企業向けファイル同期・共有(EFSS)製品は、従業員間のファイル共有、共同作業、ファイル編集を支援し、ワークフローを円滑にする。モバイルニーズに対応した11個のEFSS製品を紹介する。(2017/7/14)

エヴァ庵野監督が新アニメ会社 ドワンゴと設立 「人材が眠る」福岡拠点に
庵野秀明監督が社長を務めるカラーが、ドワンゴらとアニメ制作会社「プロジェクトスタジオQ」を設立。福岡市を拠点に活動し、人材育成に取り組む。(2017/7/13)

三重県志摩市の“非公認”萌えキャラ「碧志摩メグ」のアニメPV第1弾が公開 三重県出身声優の小松未可子を起用
非公認ながら、志摩市のPRはバッチリ。(2017/7/13)

「ジブリという魔法」を手放し……“元ジブリ”制作陣の映画「メアリと魔女の花」公開
「ジブリの継承者? ジブリがやってきたことは決して継承できるものではありません。しかし、ジブリでもできなかったことをやりたい」(2017/7/13)

テレビアニメの実現に一歩前進! 伝説のOVA「メガゾーン23」完全新作のための支援プロジェクトが目標達成
PV制作のための目標金額1000万円を達成しました。(2017/7/9)

「蟲師特別編」など制作:
アニメスタジオのアートランドが私的整理を模索
「蟲師特別編」などで知られるアニメーションスタジオ・アートランドが債務整理を始めた。老舗スタジオから2010年に会社分割で新設も、16年12月時点で債務超過に。負債は2億9884万円。(2017/7/7)

アニメ会社アートランドが債務整理へ 「超時空要塞マクロス」「銀河英雄伝説」「蟲師」などの名作を手掛ける
なんとか復活してほしいものです。※追記・訂正あり(2017/7/7)

「おれは見ない」と宮崎駿氏 “ジブリの呪縛”から解放……「メアリと魔女の花」
米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後初めて手がけた「メアリと魔女の花」が全国公開される。「宮崎(駿)監督なら絶対に反対した企画です」と笑う米林監督に話を聞いた。(2017/7/3)

カラー、ドワンゴ、⿇⽣塾が新会社「プロジェクトスタジオQ」を設立 地方のアニメ・CG業界若手育成に本腰
Qは「九州」のQ? ※追記・訂正あり(2017/6/30)

押井守、後藤隆幸、黄瀬和哉がI.Gストア渋谷オープン1周年記念のサイン会 xxxHOLiC侑子と攻殻新劇場版素子のコラボ色紙も 
なんて豪華な顔ぶれなんだ……!(2017/6/24)

ガイナックス、「カラーへ1億円の支払い命令」報道受け謝罪
心配と迷惑を掛けたと謝罪しています。(2017/6/23)

「諸悪の根源は製作委員会」ってホント? アニメ制作における委員会の役割を制作会社と日本動画協会に聞いた
製作委員会ってそもそも何をする組織なの。(2017/6/18)

「オタク向けにしたくない」――“萌え”とは違うものを ギリシャ時代の彫刻を意識し「ONE PIECE」公式フィギュア制作
ルクセンブルクにあるオフィスを訪ねた。(2017/6/15)

「総額30億円」 サイバーエージェントとCygamesが「アニメファンド」組成
サイバーエージェントがCygamesとアニメ領域へ投資する「CA-Cygamesアニメファンド」の組成を発表。6月中に組成し、「AbemaTV」のアニメコンテンツ拡充やゲーム化を目指す。(2017/6/8)

開発者は「家に3年ひきこもっていた」 仮想世界で人と集まる「cluster.」正式オープン 狙いは
外出せずに人と会える「cluster.」が正式オープン。家に3年間ひきこもっていたという加藤CEOは前向きにこう言う。「ひきこもりを、加速させます」。(2017/5/31)

アニメ「のんのんびより」、新作アニメの制作が決定したのん!
ほんと……喜ばせてくれる……。(2017/5/23)

宮崎駿“最後の長編アニメ”の制作スタッフ、ジブリが募集 「作るに値する題材を見出した」
「昔からの大切な仲間を何人も亡くし、自分自身の終焉に関してより深く考える日々が続きました」と、長編アニメ制作の理由も。(2017/5/19)

映像業界で人材不足:
FlashアニメのDLEが赤字転落 希望退職を実施
Flashアニメ制作事業などを展開するDLEが赤字に転落する。(2017/5/15)

休みなしで働いても手取り6万8000円…… アニメーターのリアルな実情を描いた漫画「アニメタ!」に反響
作者・花村ヤソさんのツイートがきっかけで話題に。(2017/5/6)

「科学が進歩すると、それはそれで疲れる」――2026年描く「劇場版 ソードアート・オンライン」伊藤監督の“未来観”
人工知能(AI)がデータを分析し、個人の好みに合ったスイーツをおすすめする――そんなシーンが登場する「劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-」。技術がさらに発達していくとしたら……同映画の伊藤監督に、未来のテクノロジーへの考え方を聞いた。(2017/5/15)

「エンジニアに無理と怒られた」――熱烈“攻殻”ファンが思い込めた「1/8タチコマ」開発の舞台裏
アニメ「攻殻機動隊」の「タチコマ」を、Cerevoが1/8サイズで再現。音声認識機能を備えるなど、市販ロボットと比べると「やり過ぎた」という高機能な製品だ。そんなタチコマには、社内でも上位に入るほど“攻殻ファン”の開発者の思いが込められている。(2017/5/9)

警視庁のピーポくん、誕生30年で筋肉ムキムキに
テーマソング「ピーポくんのうた」には新たにダンスも加わった。(2017/4/25)

ねっと部:
アニメ「けものフレンズ」制作スタッフのトークショー開催 たつき監督も出演
わーい!(2017/4/19)

アカウント管理の日々から解放
社外とも簡単データ共有、「東映アニメーション」のアニメ制作を下支えするツールとは
数々の人気アニメーションや映像作品を手掛ける東映アニメーションは、ファイルサーバの運用管理やバックアップに課題を抱えていた。その課題をどのように解決したのだろうか。(2017/4/12)

「攻殻機動隊」実写版の次は新アニメ 神山健治さん、荒牧伸志さんの“ダブル監督”が制作
テレビアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治監督と、アニメ映画「アップルシード」の荒牧伸志監督が、2人体制で監督を務める。(2017/4/7)

「エウレカセブン」劇場版第1作、2017年秋に公開 「ニルヴァーシュ」の新設定画も明らかに
米国イベント「アニメボストン2017」で発表されました。(2017/4/3)

「ロックマン」新作アニメ、2018年以降に放送 脚本は「ベイマックス」のクリエイター集団
ビジュアルも公開されています。(2017/4/3)

「ロックマン」新アニメ制作スタート 2018年以降に放送へ
アニメ専門チャンネル「カートゥーン・ネットワーク」で、2018年以降に放送予定。(2017/4/3)

放送が落ちるのは「悪い状態」に慣れてしまっているから 女性アニメーターに聞くアニメ業界の今
女性アニメーターの小谷杏子さんにお話を聞きました。(2017/3/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。