ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「匿名」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「匿名」に関する情報が集まったページです。

“自殺ゲーム”世界中でじわり拡散 ネットユーザーを脅迫・洗脳、「モモチャレンジ」要警戒
インターネット上で「モモチャレンジ」と呼ばれる“自殺ゲーム”が流行しつつある。匿名の“犯人”から送られてくる「チャレンジ」をこなしていくうち、内容がエスカレートしていき、最終的に自殺に至ってしまうというものだ。既にモモチャレンジとの関連が疑われる自殺が世界各国で確認されている。インド国内でも相次いで若者が命を絶ち、政府が注意を呼びかける事態に発展した。(ニューデリー 森浩)(2018/9/11)

「ブルーホエール」(青い鯨)に続き:
新たな“自殺ゲーム”世界中でじわり拡散 ネットユーザーを脅迫・洗脳、「モモチャレンジ」要警戒
 インターネット上で「モモチャレンジ」と呼ばれる“自殺ゲーム”が流行しつつある。匿名の“犯人”から送られてくる「チャレンジ」をこなしていくうち、内容がエスカレートしていき、最終的に自殺に至ってしまうというものだ。既にモモチャレンジとの関連が疑われる自殺が世界各国で確認されている。インド国内でも相次いで若者が命を絶ち、政府が注意を呼びかける事態に発展した。(ニューデリー 森浩)(2018/9/11)

「ヤフオク!」がヤマト運輸「ヤフネコ!パック」での匿名配送を提供開始 住所や名前を知らせずに商品を配送可能
より匿名配送が利用しやすくなりました。(2018/8/27)

「ヤフオク!」の匿名配送サービス拡大 ヤマトの宅急便でも利用可能に
ヤフーが「ヤフオク!」の匿名配送サービスを拡充。ヤマト運輸と連携し、割引価格で宅急便などが利用できる「ヤフネコパック!」でも、出品者と落札者が互いの住所を知らせることなく荷物を送れるようにした。(2018/8/27)

YouTube大量削除問題……ネット上の表現規制、どう考える? 村井純氏・町村泰貴氏に聞く
YouTube動画が大量に削除される騒ぎがあった。匿名掲示板での呼びかけをきっかけに、運営事業者が削除を行い、20万本以上の動画が閲覧できなくなったとみられる。多様な意見が飛び交うインターネット上の表現規制はどうあるべきか。村井純教授と町村泰貴教授に聞いた。(2018/8/13)

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」特報、YouTubeで公開 盗撮UPには「厳しく対処」「匿名でも特定」
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の特報がYouTubeで正式に公開された。この特報を映画館で盗撮した映像がネットで出回っているが、「盗撮した映画本編をアップロードすることは著作権侵害に当たる」と指摘。「厳しく対処する」としている。(2018/7/27)

「シン・エヴァ」特報の盗撮映像がネットに違法アップロード 東映など「厳しく対処」
「アップロード元は匿名でも特定が可能です」とも。(2018/7/26)

diff時のホワイトスペース無視も可能に:
ギットハブ・ジャパンがGitHub Enterpriseを2.14にバージョンアップ、より大規模な開発を効率化
ギットハブ・ジャパンは「GitHub Enterprise 2.14」を公開した。新たに「ユニファイドサーチ」「Checks API」「ホワイトスペースの無視」「複数レビュワーの必須化」「匿名でのGitアクセス」などの新機能を追加した。(2018/7/17)

デジタル化は必要だが:
ノーベル賞経済学者スティグリッツ氏が指摘、「規制が整備されればビットコインの需要はなくなる」
ノーベル経済学賞を受賞した経済学者ジョセフ・スティグリッツ氏は仮想通貨の匿名性や非中央集権的運営に対して批判的な見解を示した。(2018/7/10)

匿名質問サービス「Peing」、回答の閲覧を有料化できる機能を追加
匿名質問サービス「Peing-質問箱-」に、回答者が回答の閲覧を有料化できる機能が追加された。回答を見たい人は、サービス内ポイントを消費すると閲覧できる。(2018/6/25)

Hagexさん刺殺「低能先生」と呼ばれ恨み? 出頭直前、“犯行声明”とみられる投稿
はてな匿名ダイアリーに投稿された、容疑者のものとみられるエントリが話題になっています。(2018/6/25)

匿名化ソフト「Tor」使い児童ポルノ公開疑い 京都府警が初摘発
「ダークウェブ」内のサイトに児童ポルノ画像を投稿したとして、京都府警は5日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)容疑で、無職の男(59)を逮捕した。「児童ポルノ界で人気者になりたかった」などと容疑を認めているという。(2018/6/6)

開始1日で500通:
「それ、セクハラですよ」を匿名で通知 サービス開発の理由とは?
セクハラやパワハラなどのハラスメント行為を匿名で通知できるWebサービス「ソレハラ」がリリースされた。手軽に使えるサービスとして開発したのはなぜか。開発企業に聞いた。(2018/5/31)

「それはセクハラ」「パワハラになります」 匿名メールで相手に通知「ソレハラ」
セクハラやパワハラの被害者が、匿名の注意メールを加害者に送れるWebサービス「ソレハラ」を、ベンチャーのクアレレが提供している。組織内のハラスメントを軽度な段階で相手に認知させる狙いがあるという。(2018/5/30)

「ソレってパワハラじゃ?」と指摘のメールを代行 ハラスメント匿名通知サービス「ソレハラ」始動
本人が自覚できていないハラスメント行為を、被害者に代わって運営が指摘。(2018/6/1)

「Peing-質問箱-」に動画で回答できる機能 「収益化へ布石」
Twitterと連携する匿名質問サービス「Peing-質問箱-」に、動画・音声による回答機能が実装。寄せられた質問に対して、テキストだけでなく60秒以内の動画・音声で回答し、Twitter上に投稿できる。(2018/5/24)

「匿名は自殺者を産む」という絶望から生まれたやさしさ ネガティブな内容はAIが削除する質問サービスが深い
リリース後からアクティブユーザーは増え続けているとのこと。(2018/5/23)

コインチェック、「Monero」など匿名通貨の扱い停止
コインチェックは、「Monero」など匿名性が高い仮想通貨の取り扱いを6月18日に停止する。(2018/5/18)

医療の「知る権利」と「知らない権利」
Facebookの医療データ共有プロジェクト停止で争点となったプライバシー問題とは
匿名化した患者データをFacebookのユーザープロフィールと照合するという研究目的のプロジェクトに対し、一部の専門家からプライバシー問題を懸念する声が出ている。(2018/4/27)

Facebook、選挙介入対策で外部研究者らに匿名化したユーザーデータ提供へ
Facebookが、外部団体が実施する「ソーシャルメディアが選挙や民主主義に与える影響」についての研究に協力すると発表した。必要に応じて匿名化したユーザーデータを提供していく。(2018/4/10)

Twitter、嫌がらせ対策のための大規模研究で外部研究者らと協力
嫌がらせ対策に注力するTwitterが、外部研究者と協力して「ルールを明示すれば嫌がらせが減る」かどうかを匿名化したユーザーデータを使って検証する研究を立ち上げた。(2018/4/9)

「goo.gl」で始まるGoogleのURL短縮サービスが終了へ 既存のリンクは引き続き有効
匿名ユーザーなどは、4月13日から新しい短縮URLが作れなくなります。(2018/4/2)

匿名質問サービス「Peing-質問箱-」、Instagramとも連携可能に
これまでTwitterと連携して使えた匿名質問サービス「Peing-質問箱-」が、Instagramとも連携可能に。「特定のプラットフォームに依存するリスクを避け、各サービスに最適な形でコンテンツを配信する」という。(2018/3/9)

日本マクドナルド、採用の質問をTwitterで受け付け 匿名サービス「Peing-質問箱-」活用
日本マクドナルドが、Twitterと連携して使える匿名質問サービス「Peing-質問箱-」を活用し、店舗で働きたい人からの質問を受け付け。(2018/3/7)

DeepMind、約70万人分の診療データを米合衆国退役軍人省との提携で獲得
Alphabet傘下のDeepMindが、疾病の早期発見システム構築を目的に、米合衆国退役軍人省の約70万人分の診療データを入手した。すべて匿名化されたものとしている。(2018/2/27)

Appleの新キャンパス、透明すぎるガラスの壁にぶつかる従業員多数?
内外がガラス張りのAppleの新キャンパス「Apple Park」では、気付かずに壁やドアにぶつかる従業員がいるという。危険だからと付箋を貼っても「デザインを損なう」とはがされてしまうと匿名希望の従業員がBloombergに語った。(2018/2/17)

匿名質問サービス「Peing-質問箱」アプリ版配信開始
iOSおよびAndroidアプリで。(2018/2/8)

Twitterで匿名質問「Peing-質問箱-」、スマホアプリ公開
Twitterと連携して利用できる匿名質問サービス「Peing-質問箱-」のスマホアプリが公開された。(2018/2/8)

コインチェック盗難NEM、匿名コイン「DASH」で資金洗浄か ダークウェブで交換持ちかけも
コインチェックから約580億円分の仮想通貨「NEM」を持ち出した犯人は、匿名の仮想通貨「DASH」と匿名ネットワークで資金洗浄を企てているようだ。(2018/2/7)

甘いセキュリティ:
コインチェックの巨額流出、匿名通貨や安全性の問題点が噴出
外部の不正アクセスで仮想通貨取引所大手コインチェックから巨額の仮想通貨が流出した。セキュリティの甘さや財務の不透明性も浮上。仮想通貨取引所が抱える「問題点」がくっきりと浮かび上がっている。(2018/1/29)

「質問箱」、開設した4割以上が「質問ゼロ」
匿名質問サービス「Peing-質問箱-」で、質問を募集したユーザーのうち4割以上が質問0件だったと運営元が明らかにした。(2018/1/19)

「東京では“不登校は復帰するな”と指導せざるを得ない」匿名の記事に注目集まる 都に見解を聞いた
東京都に取材しました。(2018/1/21)

匿名質問「Peing」100万ユーザー突破 14万人以上が「自分で自分に質問」
「Peing-質問箱-」の登録ユーザー数が100万人を超えた。自分で自分に質問を送ったことがあるユーザーも14万人以上おり、うち約120人が、100問も自分に送っていたという。(2018/1/17)

Twitterの匿名質問サービス「Peing」、“自問自答”の質問が30万件 100件以上自問自答するユーザーも
累計の質問数は1400万件。(2018/1/17)

「Peing」中国語繁体字版リリース 英語版に続き
匿名質問サービス「Peing(質問箱)」の中国語繁体字版「提問箱」がリリース。香港、マカオ、台湾など、繁体字圏のユーザーに提供する。(2018/1/16)

Twitterで匿名質問「Peing」が海外展開 米国など40カ国以上で
匿名質問サービス「Peing(質問箱)」の英語版が公開。米国、英国など40カ国以上で提供が始まった。(2018/1/9)

韓国、仮想通貨取引に新たな規制 匿名取引アカウント禁止
韓国政府が、韓国での仮想通貨取引による投機に新たな規制を課す声明を発表した。(2017/12/28)

「k-匿名化」の課題を解決するアルゴリズム
個人情報保護法の改正で進むパーソナルデータ活用、より安全な匿名加工情報とは
改正個人情報保護法で新設された「匿名加工情報」制度は、個人識別性を持たない行動情報などの利活用を促す。前提となる「匿名加工」における、より安全な手法を解説する。(2018/1/11)

公開1カ月で2億PV Twitterで大流行の匿名質問サービス「Peing−質問箱」、Web企業のジラフが買収
開発したせせり氏は「本当に肩の荷が下りた気分」とツイートしています。(2017/12/21)

せせり氏「限界感じた」:
Twitterで人気の「Peing - 質問箱」、ベンチャー企業ジラフが買収
ベンチャー企業のジラフが、個人事業主のせせり氏が運営する匿名質問サービス「Peing - 質問箱」を買収すると発表。買収額は非公開。(2017/12/21)

Twitterで匿名質問「Peing」買収 公開わずか1カ月で
個人が開発した匿名質問サービス「Peing」が、リリースからわずか1カ月で買収された。(2017/12/21)

「1人で6時間で作った」 Twitterで匿名質問「Peing」人気、月間2億PV超えへ
Twitterユーザーが匿名で質問を受け付けられるサービス「Peing」が流行している。開発したのは26歳の個人開発者・せせりさん。わずか6時間で作ったという。(2017/12/11)

「ヤフオク!」で匿名配送スタート
「ヤフオク!」で「匿名配送」がスタート。出品者・購入者がお互いの住所や名前などを知らせずに商品を配送できる。(2017/11/29)

「ヤフオク!」で匿名配送スタート 住所や名前を知らせず商品を送れる
落札商品に満足できない場合の「商品満足サポート」も開始。(2017/11/28)

本音つぶやきサービス「Arrow」終了 「コンセプトが早すぎた」と副社長が本音
Green rompが、匿名で本音や愚痴をつぶやけるサービス「Arrow」(アロー)を終了したと発表。「突然の終了となり、大変申し訳ありません」とおわびし、Arrow2は「検討中」とした。(2017/11/21)

マストドンつまみ食い日記:
Tor、匿名、一文字、4096文字 変わり種インスタンスが続々
最近の改造インスタンスをまとめて紹介。(2017/10/1)

PC、スマホ、IoT向けにプラットフォームを提供、その狙いは?:
「日本発世界へ」にセキュリティ分野で挑戦するおじさんスタートアップ
「日本発世界へ」をセキュリティ分野で挑戦する、「日本のおじさんスタートアップ」が注目されている。Blue Planet-worksは、悪意あるソフトウェアからの防御だけでなく、認証による信頼基盤の構築、匿名化によるプライバシーの保護という3つの機能を実現する「AppGuard」を提供。日本から世界に向け展開していくという。(2017/9/28)

Instagram、コメントできる人を制限できる機能を追加 MAU8億人突破
InstagramのMAUが8億人を突破した。同社は、嫌がらせ対策として投稿にコメントできるユーザーを4段階で管理できる機能と、問題のありそうな人のライブ動画を匿名で報告する機能を追加した。(2017/9/27)

『ガラスの仮面』企画展に紫のバラ、実は匿名ファンから 10年前から続く物語の粋な再現
人気作品とファンとのステキな関係性。美内すずえ事務所に取材しました。(2017/9/4)

ねっと部:
「Live Dwango Reader」引き継ぐ有料RSSリーダー、有志が計画 需要あればサービス開始へ
惜しまれながら終了したRSSリーダー「Live Dwango Reader」の機能を引き継ぐ有料RSSリーダーを、匿名の開発者が計画している。(2017/9/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。