ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Apache Spark」最新記事一覧

【最終回】古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第50回 Dockerプライベートレジストリにユーザー認証を付ける(活用編)
前回は、Dockerプライベートレジストリ(DPR)の構築手順をご紹介しました。今回は、実際にユーザー認証付きのDPRを使用してみましょう。(2017/10/16)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第49回 Dockerプライベートレジストリにユーザー認証を付ける(準備編)
インターネットを経由しないDockerプライベートレジストリに、ユーザー認証を用意することで、社内LANなどにDockerイメージ配信システムを構築できます。今回はこのユーザー認証付きのプライベートレジストリを用意する具体的な方法を解説します。(2017/10/6)

PR:「会員に長期に渡って安心・安全な利用環境を提供したい」 楽天カードがクラウド基盤にオラクルを選んだ理由
(2017/9/29)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第48回 Dockerプライベートレジストリにユーザー認証を付けるには(概要編)
前回までは、インターネットを経由せずに使えるDockerプライベートレジストリを紹介しました。今回は、ユーザー認証機能付きのDockerプライベートレジストリ(DPR)について紹介します。(2017/9/25)

“スマホで牛の管理”を実現する農業IoT:
発情期や疾病リスクを検知、「牛のウェアラブル」開発に立ちふさがった壁とは
IoTがさまざまな業界で活用されている。酪農や畜産業も、例外ではない。本稿では、IoTで牛の健康管理を実現したファームノートに、サービス開発秘話を聞いた。(2017/9/20)

日立、IoT向け機能を強化したイベント駆動型フレームワーク「HAF/EDC」の提供を開始
日立は、大量データを高速に分散処理するイベント駆動型フレームワーク「HAF/EDC」をIoT向けに強化。IoTに適したフレームワークを活用し、短期間でのシステム構築や仮説検証を支援する。(2017/8/31)

ITサービス開発競争を勝ち残るための必須要件:
PR:DevOps実践とDevOpsのカギとなるマイクロサービスを生かし切る秘訣とは?
X-Techに代表されるデジタルトランスフォーメーションのトレンドが進展し、業種・規模を問わず、多くの企業がソフトウェアの戦いを強いられている。この戦いを勝ち抜くための最大のポイントは、ニーズの変化に応える「スピード」。これを受けて、今あらためてDevOpsが注目されているが、その実践のカギとなるマイクロサービスアーキテクチャについては、まだ十分に理解が浸透しているとは言えない状況だ。では今あらためてDevOpsとは何か? マイクロサービスアークテクチャとは何か?――両者に深い知見を持つレッドハットに話を聞いた。(2017/8/30)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(8):
シンプルな分散メモリプーリングをRDMAで実現する技術が面白い
ミシガン大学の研究者チームが、Linuxカーネルに常駐するオープンソースプログラム「Infiniswap」を生み出した。Infiniswapの目標はノードが相互のメモリをスワップファイルとして使用し、各ノードで動作するアプリケーションで使用可能な実行メモリ容量を増やし、クラスタ全体でメモリリソースを効率的に利用することだ。(2017/8/29)

リアクティブプログラミング超入門(2):
Play、Akka、Akka Streams、Lagom、Apache Spark――Lightbend Reactive Platformとは何か
本連載では、リアクティブプログラミング(RP)の概要や、それに関連する技術、RPでアプリを作成するための手法について解説します。今回は、Lightbend Reactive Platformがどういったものなのか詳細に見ていきましょう。Playのセットアップも行います。(2017/8/28)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第47回 Dockerのプライベートレジストリを活用する(運用編)
Dockerプライベートレジストリが構築できたら、実際にプライベートレジストリを使って、Dockerイメージの登録、入手などを行ってみましょう。プライベートレジストリは、閉じたネットワーク環境でのDockerハブのようなDockerイメージ管理が可能になります。(2017/8/25)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(6):
GOAIはデータベース、アナリティクス、機械学習を全てGPUに統合しようとしている
GPUベースのソフトウェアを開発する新興ベンダー数社が、データベース、アナリティクス、機械学習を同一のGPUメモリで動かすことで、データ移動をしなくて済むような基盤を生み出すための活動「GOAI」を始めた。この取り組みについて取材した。(2017/8/14)

キーパーソンインタビュー
Hadoopの父、カッティング氏に聞く今後のビッグデータ活用法
「Hadoop」の生みの親の1人であるカッティング氏に、現在の活動、Hadoopの今後、サイバーセキュリティとビッグデータの関係について聞いた。(2017/8/14)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第46回 Dockerのプライベートレジストリを活用する(準備編)
インターネットを経由せずに、プライベートLAN内で、Dockerイメージをユーザーに配布したいといったニーズに対応するには、「プライベートレジストリ」を活用するのがおすすめです。実際にプライベートレジストリを立ち上げる方法をご紹介します。(2017/8/10)

「Google Cloud Next 2017」メルカリ事例【前編】
メルカリがデータ分析基盤に「Google BigQuery」を採用する理由
データ分析基盤に「Google Cloud Platform」(GCP)をはじめ、Googleのサービスを多数採用しているメルカリ。中でも積極的に活用しているのが「Google BigQuery」だ。BigQueryを中心としたGCP活用事例を紹介する。(2017/8/9)

2017年度の比較表を大公開
徹底比較:Amazon、Azure、Google、IBMの機械学習機能 現時点の勝者はいるか
クラウドベンダーの機械学習機能を巡る戦いが激しさを増している。本稿では主要クラウドベンダー4社が提供する機械学習機能の比較表を掲載する。最適なプラットフォームを決める際の参考にしてほしい。(2017/8/1)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第45回 「プライベートレジストリ」を知る――HPEが使っているDockerイメージ管理
ホステッドレジストリは、インターネット経由でクラウドサービスのように利用できますが、インターネットを経由せずに、プライベートLAN内で、Dockerイメージをユーザーに配布したいといったニーズもあります。そんなときに活用したいのが、プライベートLAN内でDockerイメージを配布する「社内プライベートレジストリ」です。(2017/7/28)

オンプレミスにOracle Cloudを構築:
Oracle、「Oracle Cloud at Customer」の機能を拡充 SaaSも利用可能に
Oracleが、Oracle Cloudを自社ネットワーク内に構築するサービス「Oracle Cloud at Customer」の機能を大幅に拡充。これまで準備中とされていたPaaSの全機能に加え、SaaSも利用できるようになった。(2017/7/21)

見直されるデータストレージの概念
ハイパーコンバージドインフラ登場でさらに曖昧になるサーバとストレージの境界
コンテナ、ハイパーコンバージドインフラ、ビッグデータなどの新たなテクノロジーは、コンピューティングプラットフォームとストレージプラットフォームの境界を曖昧にし、従来のITのサイロを崩壊させている。(2017/7/19)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第44回 Dockerfileを「Quay.io」で管理する
ホステッドレジストリを活用すると、Dockerイメージをアップして管理するだけでなく、Dockerfileをアップロードし、ホステッドレジストリでDockerイメージをビルドすることも可能です。今回はその方方を具体的に見ていきます。(2017/6/19)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第43回 Dockerイメージを「Quay.io」で管理する(セキュリティ編)
ホステッドレジストリには、アップロードしたDockerイメージのセキュリティ脆弱性をチェックする機能もあります。「Quay.io」を実際に操作しながら、セキュリティチェックの方法を確認します。(2017/6/12)

TCO試算のスペシャリストが明かす:
PR:「LinuxONEならサーバ導入/買い換え時のトータルコストは下げられる」その大きな4つの技術的理由
通常、サーバの導入/買い換えに当たっては、ハードウェアからソフトウェア、ネットワーク、ストレージ、さらには人件費まで含めて、非常に大きなトータルコストが発生し、IT管理者にとって悩みの種となっている。だが、メインフレームとオープンシステムのメリットを“いいとこどり”しているLinuxサーバ「LinuxONE」を活用することで、サーバ導入/買い換えに伴うトータルコストを大幅に削減できるという。その技術的根拠についてTCO試算のスペシャリストに聞いた。(2017/6/12)

SparkからCosmos DB内の全データモデルを直接操作可能に:
Azure Cosmos DB用の「Sparkコネクター」が刷新 マルチモデルに対応
Microsoftは、Azure上で稼働する分散NoSQLデータベース「Azure Cosmos DB」用の「Spark」コネクターが真のマルチモデルになったと告知。SparkからCosmos DBの全てのデータモデルを操作できるようになる。(2017/6/9)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第42回 Dockerイメージを「Quay.io」で管理する(準備編)
ホステッドレジストリは、一般に「Docker Hub」が有名ですが、今回はNASAやeBayも利用しているホステッドレジストリの「Quay.io」を使って、実際にDockerイメージを管理してみます。(2017/6/5)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第41回 「ホステッドレジストリ」を知る――NASAも使っているDockerイメージ管理
今回からは、Dockerイメージの管理サービスについて紹介していきます。NASAのジェット推進研究所でも利用されているDockerイメージの管理サービスを例に、具体的な操作方法も披露します。(2017/5/29)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
ゼタバイト時代の超高速処理を担う「メモリ主導型コンピューティング」とは?
データの増加スピードに、プロセッサの処理速度の向上が追い付かなくなりつつある。従来のコンピューティングに限界が見えてきた中、注目されるのが「メモリ手動型コンピューティング」だ。この革新的な研究の最前線を紹介する。(2017/5/26)

AI向けに最適化:
Cray、AI向けクラスタスパコンを発表
Crayは、アクセラレーテッドクラスタスーパーコンピュータ「Cray CS-Storm」シリーズを発表した。1ノード当たり187TOPS、ディープマシンラーニングアプリケーション向けの標準ラックの場合2618TOPSと高い演算性能を実現する。(2017/5/19)

Sparkのセキュリティ機能強化、MapR-DBとHBaseへ接続対応、Hiveの高速化など:
MapRの最新版「5.2.1」、Spark 2.1との連携を強化した「MapR Ecosystem Pack 3.0」がリリース
マップアール・テクノロジーズはビッグデータ解析に向けたデータ基盤の最新版「MapR 5.2.1」および「MapR Ecosystem Pack 3.0」をリリース。安定性、パフォーマンス、セキュリティ機能を強化した。(2017/5/16)

Microsoft Innovation Award 2017最終選考会:
人工筋肉やVR/AR、仮想ロボット、FoodTech……、先端技術から生まれるプロダクトとは
2017年3月22日に人工筋肉やVR/ARなどの先端技術を活用するスタートアップ企業の取り組みを表彰するイベント「Microsoft Innovation Award 2017」の最終選考会が開催された。どのような最新技術でどのようなプロダクトが生まれているのか紹介する。(2017/4/20)

行動につながる知見をいかに効率的に生み出すか?:
グローバルな事例で学ぶ、「IoTデータレイク基盤」としてのSDSの活用方法
Dell EMCは2017年4月4日、セミナー「デジタル・イノベーションを促進するアプローチとテクノロジー〜IoT編」を開催。その講演模様をレポートする。(2017/4/17)

低コスト・大容量キャッシュを実現
今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」
DIMMスロットに装着できるDDR4互換のフラッシュメモリ「Memory1」。この製品のメリットとは何か。ビッグデータ時代の今こそ、Memory1を再評価すべきかもしれない。(2017/4/11)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第40回 pipeworkでDockerコンテナの送信帯域幅制御を行う(構築編その3)
今回は、ソフトウェア定義型ネットワークを実現する「pipework」を使って、Dockerコンテナのネットワーク帯域幅を制御する具体的な手順をご紹介します。(2017/4/7)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第39回 DHCPとpipeworkでDockerコンテナに動的IPアドレスを付与する(構築編その2)
Open vSwitch(OVS)を構築したホストOS上で、ソフトウェア定義型ネットワークを実現する「pipework」を利用し、DHCPクライアントの機能を使って、Dockerコンテナに動的にIPアドレスを割り当てる手順を紹介します。(2017/3/31)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第38回 pipeworkでDockerコンテナに固定IPアドレスを付与する(構築編その1)
ソフトウェア定義型ネットワークを実現する「pipework」のコンテナを実際に使って、ホストOSとDockerコンテナを同一LANセグメントに所属させることで、マルチホストのコンテナ間通信を行う手順を解説します。(2017/3/28)

2017年のフラッシュストレージの行方【前編】
2017年は「NVMe over Fabrics」が本格始動、専門家が語るフラッシュの未来とは
大手ストレージメーカーのCTOは、「Non-Volatile Memory Express」(NVMe)SSDや「NVMe over Fabrics」(NVMe-oF)テクノロジーに注目している。果たして2017年フラッシュストレージはどうなるのだろうか。(2017/3/27)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第37回 Dockerでソフトウェア定義型ネットワーキングツール「pipework」を活用する
前回まで、3回に渡ってOpenStackでも利用されているソフトウェア定義型ネットワーキングを実現するOpen vSwitch(OVS)とovs-dockerを使ってホストOSとコンテナを同一LANセグメントに所属させ、マルチホストのコンテナ間通信を実現しました。今回は、Docker基盤で古くから利用されている「pipework」を使ったネットワーキングをご紹介します。(2017/3/17)

高度な機械学習アプリや分析アプリの構築、デプロイを支援:
マイクロソフト、「Linuxデータサイエンス仮想マシン」の最新コンポーネントを公開
マイクロソフトは、Azureクラウド上のカスタムVMイメージのLinux版「データサイエンス仮想マシン(DSVM)」の最新リリースを公開。新たなコンポーネントを幾つか追加した。(2017/3/14)

CTOたちが予測する“混迷”の2017年ストレージ市場(後編)
「Hadoopの時代は終わる」 ビッグデータ解析で主役が入れ替わる“ストレージ的”理由
最高技術責任者(CTO)たちが予測する2017年のエンタープライズストレージ市場。後編ではデータ分析とセキュリティにおけるストレージの影響に言及する。(2017/3/8)

300社超の調査で判明
データサイエンティストのスキル不足は大問題、「技術についていけない」の声も
多くの企業は、今日のビッグデータとデータサイエンスがもたらすチャンスを認識しているが、一方でそのエコシステムの複雑さに手を焼いている。(2017/3/6)

「HDFSより高効率」をうたう:
IBMとホートンワークスが提携を拡大、「HDP」でIBMのSDSを利用可能に
IBMとHadoopディストリビューターのホートンワークスが提携範囲を拡大。IBM Spectrum Scale搭載システムが「Hortonworks Data Platform(HDP)」の認定SDSとなり、HDPとIBMのSDSソリューションとの連携を強化させる。(2017/2/16)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第36回 Open vSwitchで作るDockerのネットワーク(OVSを管理する編)
「Open vSwitch」(OVS)を利用したDockerネットワークの特徴や構築方法について解説してきました。今回は、構築したネットワークを管理するためのコマンドやツールをご紹介します。(2017/2/15)

OSSと積極的に連携
R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リリース
Microsoftが、「Microsoft R Server」(旧称Revolution R)を公開した。HadoopやSparkなどとも連携する統合プラットフォームになっている。(2017/2/15)

GitHubで公開:
インテル、Spark対応の分散型ディープラーニングライブラリ「BigDL」をオープンソース化
インテルがデータサイエンティストのディープラーニング活用を支援する「Apache Spark」対応分散型ディープラーニングライブラリ「BigDL」をオープンソース化。GitHubで公開した。(2017/2/10)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第35回 Open vSwitchで作るDockerのネットワーク(OVSで構築する編)
Dockerでは、OpenStackなどクラウド基盤ソフトウェアでも広く採用されている「Open vSwitch」(OVS)を利用してネットワークを構築することができます。今回は、実際にOVSを利用したネットワークを構築してみましょう。(2017/2/8)

クラウド、IoTの他は?
乗り遅れると致命的、2017年の企業ITを左右する5つの主要技術を示す
クラウドコンピューティングはここ数年で大いに進化した。ただし先はまだ長い。今後はビッグデータやコンテナ、IoTといった技術が大きな役割を担うことになる。(2017/2/2)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第34回 Open vSwitchで作るDockerのネットワーク(OVSを知る編)
Dockerのネットワークを構成するには、さまざまな方法があります。今回からは、OpenStackなどクラウド基盤ソフトウェアでも広く採用されている「Open vSwitch」(OVS)を利用した方法を取り上げます。OVSの紹介から始めましょう。(2017/2/1)

「ビッグデータプロジェクト」の進め方(3):
ビッグデータ基盤の本番環境設計──本番環境におけるクラスタ構成を考察する
本連載は、「ビッグデータプロジェクトの“進め方”」を業務視点/ビジネス視点の両面から理解し、具体的に実践していくためのナレッジアーカイブです。今回は、ビッグデータ基盤の本番環境を設計するのに必要な項目を解説します。(2017/1/27)

新規価値の創出、収益やブランドの向上に直結するITサービスを作るために:
PR:企業のデジタルトランスフォーメーションを支えるSoEのインフラに欠かせない3つの要件とは
2016年の一大キーワードとなった「デジタルトランスフォーメーション」。変革を受け入れて成功を目指す企業は、新規価値の創出、収益やブランドの向上に直結するITサービスに着目し、次の成功例を目指して開発競争を激化させている。ITサービスを開発するために必要なインフラの要件とは何か。要件を満たすサーバには、どのようなものがあるのか。日本IBMのアンバサダーに聞いた。(2017/1/24)

オープンソースのイノベーションをデータ分析にいち早く取り込む――Think Bigがテラデータにもたらす変化とは
日本テラデータが、オープンソースソフトウェアの扱いにたけたThink Bigと協力して新たなビッグデータアナリティクスサービスを提供する。それぞれに強みを持つ両社の融合で生まれてくるものとは。(2017/1/12)

FinTech時代、銀行系システムはどうあるべきか(4):
銀行がFinTech時代を勝ち抜くために行うデータ活用の事例とアーキテクチャ、テクノロジー
本連載では、銀行系システムについて、その要件や歴史を整理しつつ、スマートフォンを使う銀行取引やブロックチェーンなど、新しい技術が及ぼす影響を考察していきます。今回は、銀行を取り巻く環境の変化を整理し、顧客理解をより深める「データ分析」について詳細に見ていきます。(2017/1/17)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第33回 Dockerコンテナ同士の通信方法、フラットなネットワークを作る(後編)
引き続き、「Swarmクラスタ」を使わずに複数の物理サーバで稼働するDockerコンテナ同士を通信させる方法について紹介します。前編ではコンテナ用のネットワーク「mynet1」を用いる方法を取り上げましたが、後編ではこれを使わない方法も取り上げてみたいと思います。(2016/12/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。